こんにちは楽しみ太郎です!

今回は中国公船の主権侵害が続く尖閣諸島の守りをお伝えします。

それでは見ていきましょう。

 

目次

  • 中国公船の主権侵害が続く尖閣諸島
  • 漁民を誰が守るのか!?
  • 憲法改正を急いで、自衛隊明記で国土防衛!

 

 

中国公船の主権侵害が続く尖閣諸島

とにかく尖閣諸島の近海はひどい状況のようである!

日本政府が尖閣諸島(沖縄県石垣市)を国有化した平成24年以降、領海外側の接続水域などで中国の公船と漁船が接舷したり、公船の乗組員が漁船に移乗したりするケースが40件以上確認されていることが19日、政府関係者や海上保安庁への取材で分かった。漁業指導や取り締まりを行ったとみられる。尖閣周辺では日中漁業協定で中国漁船の操業が認められているが、漁船への指導などは管轄権の行使に当たり、主権侵害が常態化している恐れがある。日本政府は移乗を確認するなどした場合、中国側に抗議している。

海保によると、尖閣周辺の日本の排他的経済水域(EEZ)で、中国海警局の「海警」が搭載艇を降ろして中国漁船に横付けしたり、漁船側が海警に接舷したりしていた。搭載艇から数人の乗組員が漁船に移乗することもあったという。

海保が公表している接舷や移乗の件数は24年が12隻、25年8隻、26年4隻、27年1隻、28年7隻。29年分のデータについて海保は「関係省庁による判断の結果、公表していない。個別の事案には答えられない」と説明している。ただ、政府関係者によると、29年は9隻で接舷や移乗が確認されており、尖閣を国有化した24年以降で少なくとも41隻に上っている。

もはや尖閣諸島の周辺海域は中国の領海のような模様だ!

早くしないと本当に尖閣諸島は中国漁船を先頭に中国軍が上陸してしまう。

中国は日本の自衛隊が戦えないのを知っている!

だから、どんどんエスカレートする。

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク

漁民を誰が守るのか!?

この海域での日本の漁船は著しく操業を制限されているようだ。

なぜなら、石垣の漁民たちは、中国の海警や漁船がいつ暴力的になるか

おそれて、尖閣諸島の漁場に近づかないようになってきていると言う。

 

もはや、良好な尖閣諸島周辺の海は中国に取り上げられたようではないか?

これを守るのはまさしく国家であろう!

 

海上保安庁が必死になって警備にあたっているのは分かるが

もはやそれだけでは守り切れないのではないか?

確たる判断が求められている。

 

安倍総理を筆頭に、中国を刺激しないで・・・

などの考えは、中国には通じない!

なめられるだけである。

 

日本が、もう一段強く出ないといけないのではないか?

今のタイミングは絶好ではないのか?

アメリカとの貿易戦争に発展している今こそ反撃をすべきである。

 

憲法改正を急いで、自衛隊明記で国土防衛!

現状での憲法ではどうやっても対外国への武力での圧力は効かない。

早く自衛隊を憲法で認め、国防にすぐに対応できるようにするのが

国会議員の責任である。

 

 

安倍総理は、自民党総裁選で憲法改正を打ち出し、自衛隊を追記するように

憲法9条の改定に意欲を示している。

私は賛成の立場をとる。

 

もっと明確に9条を改定してほしいが、そうなれば

国民投票での支持がどうなるかと思う。

ここは、安倍総理の案で与党が一致して発議してほしい!

憲法改定が出来ることを日本人に示すことがまず第一である。

 

自衛隊の国軍はその後で行おう!

今は、自衛隊の変な位置づけはやめて、戦える組織として

憲法にきちんと明記することだ!

 

国会議員の皆さんは、国民の生命と財産を守ることが責務である。

この事を忘れないでほしい!

早く憲法改正を実施してほしい!

 

最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

関連ブログ:日々だより

関連ブログ:日々ぽかぽか通信

関連ブログ:健美食と共に

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事