スポンサーリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

今回はロシア海軍28隻が宗谷海峡を通過したことの意味は?をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

メニュー

  • ロシア海軍28隻が宗谷海峡を通過
  • 狙われる日本?
  • 国民の意識は?

 

 

ロシア海軍28隻が宗谷海峡を通過

防衛省は、今月1日から2日にかけて、ロシア海軍の艦艇28隻が北海道の宗谷岬の北東およそ210キロの海域を西に進み、その後、宗谷海峡を通過したと発表した。28隻の艦艇の通過は冷戦終結後、最多で異例のこと。

ロシア海軍が日本海やオホーツク海で行っている大規模な演習に関連する行動とみられる。

 

いよいよロシアも本格的に軍事行動に出てきた。

クリミアでの紛争も膠着状態だが、一定の力を誇示したままである。

次は、日本とターゲットを絞ってきたのではないだろうか?

北方領土問題を餌に安倍政権に揺さぶりをかけていまだに領土問題には

言及していない。日本も経済協力の話ばかりでそれ以上は進めていない様である。

ロシアはあくまで北方四島は返還の意志がないだろう。

自国の安全保障を考えるなら、あの島に米軍の基地が作られたら最悪だからだ。

だから、日本には交渉の余地があるように見せかけて経済発展をしようとしている。

そうすれば極東の地でのロシア人の生活が成り立つだけでなく、経済発展は

軍事力の強化になる事は中国が示しているところである。

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク

狙われる日本?

今日本は中国に狙われていると感じている人はどれだけいるのだろうか?

反日日本人は自ら望んで日本を中国に差し出して、自身の地位を確保しようと

しているように見えるが、それは絵にかいた餅だろう!

現在でも過去でも、中国人は自分たちの民族以外は粛清の対象である。

その目的を達成するためには手段を択ばないが、達成したら今度は

民族浄化が始まる。それが中国である。

それをどのように見ているのか、反日日本人はノー天気に喜んでいるようである。

本当にマゾヒストのようである。

同じようにロシアも日本を本気で狙いだしている。

ロシアは日本の経済力が欲しいのと地理的優位さが欲しい!

その為の北方四島である。

だから、どんな交渉しても返還するはずがない。

それよりも日本の金で経済発展を遂げ、軍事基地を

建設してアメリカ、中国をけん制したいのである。

太平洋に出る凍らない基地が喉から手が出るほど

ほしいのがロシアであろう。

国民の意識は?

さて当の日本人はどうだろうか?

「中国が尖閣諸島を攻めてきて乗っ取ったらどうするか?」と日本人に質問すると

・あんな所役に立たないからくれてやればよい

・断固として奪い返す

残念ながら上の答えがほとんどだと言う!

「では、中国が日本に攻めてきたらどうする」

・アメリカが守ってくれる

・遠くに逃げる

・戦う

殆どが上記の2項目で、戦う人は少数派だと言う

もはや日本は取られても同然!と言うより、取られているのである。

戦後アメリカのGHQの政策でWGIP(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム)

と言うのが発動され、日本人の手によって日本人を貶め国家意識を捨てさせた。

結果、自国を誇りに思うことを”悪”と思い込ませ戦争のすべては

日本人が悪かったとして洗脳された。

それが、学校教育の現場で行われた。

現在も行われているようである。

 

最近の戦後統治や、戦争突入時の研究が進み、日本は自衛のための

戦争をやったのが「太平洋戦争」とのことが定着しているが

あくまでも、学者や一部のジャーナリストの世界でである。

日本人はその尊厳を根底から日本人の手によって否定され

日本人としての支柱を失っている。

早急にこの日本人としての誇りを取り戻さないと、

いずれの国の植民地にされるだろう!

今、NHKで西郷隆盛のドラマをやっているが、この当時の日本人の気概を

現在の若者はどう感じているのだろう。

諸外国に日本が乗っ取られる、植民地にされるとの危機感はあるのだろうか?

一日でも早く、一人でも多く、日本人の尊厳を取り戻してほしい!

最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

関連ブログ:日々だより

関連ブログ:日々ぽかぽか通信

関連ブログ:健美食と共に

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事