こんにちは楽しみ太郎です!

今回は潜水艦「くろしお」が南シナ海での訓練参加をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

 

 

「くろしお」フィリピン付近で訓練参加!

日本の海上自衛隊は17日、報道資料を通じて「インド太平洋方面の派遣部隊とベトナム海軍の親善訪問部隊が13日、南シナ海で対潜水艦戦を想定した訓練を実施した」と明らかにした。海上自衛隊は訓練に参加した戦力をインド太平洋方面の派遣部隊である準空母「かが」(排水量1万9000トン)・「いなづま」・「すずつき」とベトナム海軍親善訪問部隊である潜水艦「くろしお」(2750トン)に区分した。海上自衛隊は先月21日、「かが」など3隻が8月末から二カ月間、インド太平洋地域の国々と合同訓練を実施すると発表したが、「くろしお」の動きは公開されていなかった。

海上自衛隊が極秘扱いした「くろしお」の動きが公開されたのは朝日新聞の報道を通じてだった。同紙は複数の政府関係者の言葉を引用して、「くろしお」が13日に南シナ海のフィリピン付近の公海で対潜合同訓練を行ったと伝えた。他の3隻の艦艇とは別に動いていた「くろしお」は13日、中国とフィリピンの間に領土紛争が進行中のスカボロー礁(中国名・黄岩島)付近で対潜訓練に合流した。自衛隊艦艇は、米空母ロナルド・レーガン号およびフィリピンの艦艇と共に対潜ヘリなどを動員して相手先の潜水艦を見つける練習などを行った。訓練を終えた「くろしお」は17日、南シナ海に面した軍事的要衝地であるベトナムのカムラン湾に入港した。自衛隊潜水艦のカムラン湾入港も今回が初めてだ。

自衛隊の今回の訓練参加は、南シナ海をめぐる米中の鋭い対立を考慮すれば意味深長な動きと解釈される。米国は2015年、日米防衛協力指針の改正で日米同盟を「グローバル同盟」に強化し、自衛隊が担当することを希望する業務に「南シナ海に対する偵察」を提示してきた。日本の海上自衛隊幹部も朝日新聞のインタビューで、日本政府の南シナ海への潜水艦投入を「一歩、より深く踏み込んだ動き」と話した。

一方、日本政府は、エジプトのシナイ半島で活動する多国籍軍監視団(MFO)に陸上自衛隊の派遣を検討していると東京新聞などが報道した。これが実現すれば、国連が総括しない多国籍軍の活動に自衛隊を初めて派遣することになる。

 

今まで任務を極秘扱いされていた潜水艦「くろしお」の動向が

公開されたのは初めてで、訓練の重要性がわかる。

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク

日本のシーレーン防衛の要は潜水艦

日本の生命線は何と言ってもシーレーンである。

日本のエネルギーのほとんどがこの海上を通り運ばれてくる

このラインを敵の手に落ちれば日本の活動は停止したと同じである。

その為に最も重要な場所を守るために、自衛隊は米軍と共に

定期的に訓練を実施してその安全の確保に力を注いでいた。

今回の訓練も、その一環だと思うが、このように公表されることは

本当に珍しい!

最近軍事拡大に進む中国を念頭にしているのは明らかで、

取り留めもなく、軍拡に励む中国、とりわけ海軍の増強には

恐怖すら覚える!

その状況を守り切るのが潜水艦である。

潜水艦の秘密性は最大の武器で、敵の艦船の撃破だけでなく

補給路を断つのも、大きな任務である。

今回はその訓練の姿を見せたことで一応のアピールはできただろう!

これからも積極的な訓練参加と実戦さながらの連度向上が

大事だろう!

まだ不足の艦船!

今回の訓練の公表だが、すべての参加艦船が公表されたとは思えない?

なぜなら中国もスパイ衛星などを使って監視し、海中でも

訓練内容の情報収集は行われていたと思うからである。

そう思うと、日本の潜水艦の数量はまだ足りないと思う。

確かに空母の必要性もあるが、日本には潜水艦が似合っている。

その潜水艦の隊員の連度と精神力と一体感で海域を守るのは

ほかにないと思う。

その為に南シナ海を含む海域全体を監視できる艦数がほしい!

海中で圧倒的な優位を保つために数も重要と思う。

 

原子力潜水艦もほしいがすぐに開発はできない!

したがって、今は最強のジーゼル潜水艦を増強して

国の守りにしてほしい!

最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

関連ブログ:日々だより

関連ブログ:日々ぽかぽか通信

関連ブログ:健美食と共に

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事