スポンサーリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

安倍総裁が3選を果たし、改造内閣が発足した。

いよいよ自衛隊の憲法での取り扱いが問題となる。

今回は平和と軍事の両立をお伝えします。

 

安倍総理再選だから考える憲法9条

安倍総理はかねてより憲法9条の改正を言ってきた。

今回自民党の総裁選で再選され政権を担うことになり

改めて憲法9条への自衛隊の明記を取り上げてきた。

自衛隊の活躍は国民の9割以上が認めておりその存在も

無くてはならないと考えている。

特に災害時における出動には惜しみない尊敬を与えている。

そんな自衛隊は憲法上しっかりとした位置づけにはなっていない。

そんなあいまいな存在を正すべく憲法の改正を掲げている。

平和を維持するには力も必要である。

明確な自衛隊の位置づけが必要と思う。

スポンサーリンク

自分たちの国の安全保障を真剣に考えるとき!

知的に誠実な態度で考えよ

まず、9条のこれからを考えるにあたって、国民には知的に不誠実であってほしくはない。

平和主義を掲げる日本には軍事組織はいらないから9条は変えるべきではない。そのような主張ならば、論理的には筋が通っていよう。だが実際には、現在の日本には、自衛隊が国民の安全や暮らしを守る上で果たしている役割を、否定する人はほとんどいないのだ。

近年内閣府が実施した「自衛隊・防衛問題に関する世論調査」によれば、今後の自衛隊を「増強した方がよい」が約30%、「今の程度でよい」が約60%であるのに対し、「縮小した方がよい」との回答は5%に満たない。

自衛隊の災害派遣活動についてはほぼ全ての回答者がこれを評価し、海外での活動についても評価するとの回答が90%近くにのぼっている。今の日本では、ほとんどの国民が、自衛隊が自分たちの平和や繁栄のために役立っていると考えているのだ。

自衛隊をこのような目で見る人たちが、自衛隊の存在を憲法に明記することには反対や躊躇(ちゅうちょ)を示す。私が知的に不誠実というのは、そうした態度のことだ。自衛隊は違憲だから自分には必要ないと考えるのか、自衛隊は必要だから合憲でなければならないと考えるのか。このいずれかをはっきりと選ぶのが知的に誠実な態度というものだろう。

 

自衛隊は自分たちの安全や平和に役立っているのに、憲法に明記したくない!

この考えはあまりにも幼稚ではないかと思う。

誠実に自分の家族、集落、日本の安全を昼夜に守る自衛隊、

無ければ困るなら、堂々と憲法に明記しよう!

今その時が来たのだ!

憲法9条に自衛隊を明記すると攻撃を受けるのか?

軍隊と平和とは対立するのだろうか?

私はそうは思わない!

平和を維持していくには力が必要だと思う。

「平和・平和」と唱えていれば、国家を守る力がなくとも

勝手に平和になれると思っている人はいい加減目覚めてほしい。

誰も守っていない所などすぐに取りに来るのが国際社会である。

日本人は、現実の姿から目を背けないでほしい。

先の大戦で占領軍が行った、ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム(WGIP)

によって、「戦争についての罪悪感を日本人の心に植えつけるための宣伝計画」

いまだに罪悪感を持ったままの日本人が多い!

しかし、その呪縛から早く抜け出ないとまじかに迫った脅威から

攻撃され、国民の思わない方向へ日本はいってしまう。

それは、中国による植民地化である。

平和・平和と浮かれさせられているうちに屋台骨事乗っ取られてしまう。

平和を守るには力も必要なのだ!

平和と軍事は対立ではなく両立するのだ!

最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

関連ブログ:日々だより

関連ブログ:日々ぽかぽか通信

関連ブログ:健美食と共に

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事