スポンサーリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

今回は中国の新疆(しんきょう)ウイグル自治区の人権問題をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

 

中国の人種浄化政策の実態?

中国政府が国内の人種に対して、ウイグル族やチベット族への人権弾圧の

問題が指摘されて久しい。

共産主義の思想教育の一環で、漢民族が統一するとの思惑で

行われていると見られてきた。

中国が新疆(しんきょう)ウイグル自治区で、100万人以上の少数民族を再教育施設に強制収容した疑いが出ている。「空前の弾圧」だとして米共和党のルビオ上院議員らが対中制裁を促す法案を議会に提出すると明らかにした。

ルビオ氏らは、2022年北京冬季五輪の開催を見直すよう国際オリンピック委員会(IOC)に要請する方針も示している。

国連の人種差別撤廃委員会なども、中国政府にこの問題で正確な情報を公開するよう相次いで要求した。

これに対し中国外務省は、「根拠がない」「内政干渉だ」と反発している。だが、事実と異なると主張するのであれば、中国政府が国際社会が納得する明確な根拠を示して、説明せねばならない。

国連委は、「ウイグル族ら推計100万人以上が政治キャンプに強制的に送り込まれ、秘密裏に運営されているとの確かな情報が数多くある」と厳しく指摘した。

新疆ウイグル自治区の治安当局者は、現地入りした産経新聞記者に対し、中国語や法律などの教育を行う施設に、多数のウイグル族やイスラム教徒を収容している事実を明確に認めている。

警察官から問いただされ、正しい中国語で答えられなかったなどでも、ウイグル族であれば即刻、再教育施設送りになる恐れがあるとの証言もある。

中国が問題の隠蔽(いんぺい)を続け、疑念が深まる一方なら、強制収容されているウイグル族らの一刻も早い救出と人権保護に向け、国際社会は結束して、対中制裁も辞さない強硬な姿勢で迫る必要がある。

トルコ系民族である中国のウイグル族は約1千万人。多くはイスラム教徒で、中国政府は宗教弾圧を繰り返す一方、漢民族への強引な同化政策も採ってきた。

亡命ウイグル人でつくる「世界ウイグル会議」議長で民族活動家のラビア・カーディル氏は昨年、日本で弾圧の現状を訴え、地方議会が憤りを表明した意見書を採択するなどしている。

日本政府の動きは鈍くはないか。今月訪中する安倍晋三首相は、習近平国家主席との首脳会談で問題を取り上げ、厳しく非難すべきだ。

日本も米国や国連委などと連携し、100万人以上もの強制収容という甚だしい人権侵害を徹底的に追及せねばならない。

本当に実態として行われている怖さがある。

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク

沖縄県民はどう思うのか?

今回沖縄県知事選挙で辺野古移設反対派の玉城デニー知事が誕生しました。

この知事選で裏で活動していた人の動きを県民の皆さまはどう見ていたのでしょうか?

共産党や立憲民主党など、オール沖縄と称する人達が活動していたのは当然ですが

その中に、中国共産党の思いを受けての活動をしていた人が少なからずいたようなのです?

何のために?それは、県民と政府との争いを拡大させるためです。

玉木氏が当選すれば、当然政府と対立しますし、米軍とも対立すると

見込まれます。

中国共産党はとにかく沖縄県民と政府が対立し争うことを望んでいます。

より大きく、激しく対立して、どちらも疲弊させたいのです。

そこに、中国が入り込む余地を生みたい!

これこそが現在の狙いです。

ウイグルや、チベットで行われている現状の最初はこのような事と似ているのです。

 

日本の至る所で行われている中国の活動

中国人は本当に賢い人々です。

もっと怖いのは共産市議思想の拡大戦略です。

政府と対立軸にある相手に取り入り、あくまでも応援者のようにふるまい

いつの間にか取り入ります。

そして、その組織を内部から牛耳ることになります。

日本の至る所ですでに取り込まれた組織はたくさんあります。

反政府活動を掲げ、住民の味方のようなふるまいをしている団体は危険です。

その後ろに上がるプラカードをよく見てください

共産主義を思わせるものが少なくありません。

日本全体でもかなり浸透されてきているのです。

非常に危険な状態です。

また中国は、日本の国土を着実に買い取っています。

北海道の原野はその広さや水源をかなり抑えています。

また、自衛隊の基地を一望できる場所も買われています。

沖縄でも新築マンションが建つと7割は中国人が買っている

との話さえ聞こえます?

このままでは、沖縄をはじめとする日本の国土が内部から中国化します。

この現実を、日本人はもっと知るべきです!

政府がやろうとしている、人手不足の為の移民政策は

自分の首を絞める行為です。

即座に中止すべきです!

最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

関連ブログ:日々だより

関連ブログ:日々ぽかぽか通信

関連ブログ:健美食と共に

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事