スポンサーリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

今回は日中世論調査の発表をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

11日、日本の民間団体「言論NPO」と中国の「中国国際出版集団」は、

日中両国で行った共同世論調査の結果を発表しました。

 

目次

  • 調査の結果は?
  • 日本のメディアはなぜ中国寄りなのか?
  • 日本のメディアはなぜ中国寄りなのか?

 

調査の結果は?

日本と中国で行われた共同世論調査の結果が発表され、相手国の印象について「よい」などと回答した割合は、日本でおよそ1割にとどまったのに対し、中国では4割を超え、2005年の調査開始以来、最も高い水準となりました。

日本の民間団体「言論NPO」と中国の「中国国際出版集団」は11日、都内で記者会見し、日中両国で合わせて2548人が回答した共同世論調査の結果を発表しました。

それによりますと、相手国の印象について、「よい」または「どちらかといえばよい」と回答した人は、日本で13.1%、中国で42.2%でした。

去年と比べると、日本で1.6ポイント増加したのに対し、中国では10.7ポイント増え、2005年の調査開始以来、最も高い水準となりました。

中国で日本の印象がよい理由を複数回答で尋ねたところ、「経済発展を遂げ、生活水準も高い」が51.6%、「礼儀があり、マナーを重んじ民度が高い」が49.2%などと上位に挙げられました。

一方で、日本に対し、「軍事的な脅威を感じる」という中国側の回答は79.4%に上り、選択肢として示された9つの国と地域の中で最も高くなりました。

日本でも、軍事的な脅威を感じる国として、中国を挙げる人が57.5%と、北朝鮮に続いて2番目に多く、日中平和友好条約の締結からことしで40年の節目を迎える中、安全保障面で互いを不安視する傾向が明らかになりました。

米中貿易摩擦も影響か
世論調査の結果について、調査を行った「言論NPO」の工藤泰志代表は「中国から訪日観光客が急増していることをはじめ、アメリカとは貿易面で対立したことで、日本との関係を改善させたい意識が中国の国民に出てきている」と話していました。

 

このように、中国の意識が日本に良い印象を持っている人が

大幅に増えたと伝えている。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

NHKをはじめとするメディアの印象操作!?

この報道は、NHKを始め大手のメディアで取り上げられています。

このタイミングでのこの報道は誠に怪しい限りです。

中国共産党は自国の国民の行動を監視しているのはご存知の通りで

この意識調査も当局の関与が行われたとしても不思議ではありません。

これだけ中国人の意識が有効だとの印象操作をする必要があるからこその

情報開示と思います。

先日中国当局は、自民・公明両党に中国の情報統制を申し込んだばかりです。

そんな国が日本を有効だと思う意識調査を野放ししているとは

到底思えず、この数字も作られて物のような気がします。

それを受けて日本のメディアは有効に報道し、中国を身近の国

違和感のない国と思わせる情報操作に加担しているようなものです。

惑わされないようにしたいものです。

相変わらす尖閣諸島では中国艦船の航行が頻繁に行われ、

言論統制も平気で言ってくる国です。

また、チベット人やウイグル人の虐待を行っていることも

報道され続けています。

中国共産党と中国人の本質を見失ってはいけません。

 

日本のメディアはなぜ中国寄りなのか?

今回の報道だけでなく、朝日新聞やNHKと言った大手の日本の

メディアはあらゆるところで中国の友好をうたい報道します。

日本でチベット人やウイグル人の虐待の事実などは報道されるのはまれで、

尖閣諸島の事実も最近ではあまり報道されなくなりました。

また、現在の米中貿易戦争の中身もあまり端的に報道されていないような気がします。

すでに各メディアには、中国共産党からの潜伏者が入り込んで

いるような感じすらあります。

もう、中国共産党の洗脳が行われていなければよいのですが?

アメリカは中国が経済的に豊かになれば民主化が進み、国民が解放されると

本当に思って経済支援を始めたが、それは間違いだったと反省しています。

中国共産党のやり方は、ほしい時は頭を下げ、盗もうが脅そうが

取れるものを取ってしまえばその力で覇権を取りに来る。

現在はまさしく覇権をとりに来ていると見ています。

ここまで経済力を与えたのは間違いだったとアメリカは言っているのです。

日本もそのことをよく理解する必要があるのではないでしょうか?

中国と国交を始めて以来、多くの技術と生産設備を奪われてしまった我が国です。

現在の経済空洞化の一端はここにあります。

今からでも遅くありません、出来る企業化から早く中国から

引き上げるべきです。さもないと日本の力で日本を奪われます。

今なら間に合います。

日米と一緒になって貿易戦争を仕掛けるべきでしょう!

安倍総理や経済界は目先の経済だけで100年後の日本が

描けているとは思えないこの頃です。

心ある経営者から早く中国回避をしてください!

最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

関連ブログ:日々だより

関連ブログ:日々ぽかぽか通信

関連ブログ:健美食と共に

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事