スポンサーリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

今回は2019年度の防衛費が概算要求で総額は102兆7658億円の

過去最高となると発表された。しかし今の装備や人員で日本を守れるのか?

これを踏まえて防衛費を論じてもらいたい。

 

 

過去の増額論争はナンセンス

この時期各省庁は来年度予算の概算要求が出そろう。

防衛予算も同じで、今回は2018年度当初比5兆530億円増のようである。

各新聞では賛否両論が出ているが、伸び率が大きいとか、

金額が大きいとかを言うレベルではないだろう。

国防費は、我が国を外敵から守る組織の維持と装備品の整備が不可欠で

これを怠れば、簡単に外圧に屈してしまう。

 

各省庁が提出した2019年度予算の概算要求を財務省が精査している段階だが、総額は過去最高の102兆7658億円(2018年度当初比5兆530億円増)に達し、仕上がりも当初予算として初の100兆円突破の可能性が高い。

この中で、最大の焦点が、伸びの目立つ防衛費だ。陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア(陸上イージス)」の導入(2基2352億円)などで過去最大の5兆2986億円(同1075億円増)を要求している。ただ、これさえ少なく見せかけた数字。概算要求には「事項要求」という、金額を示さないで要求だけするものがある。

防衛省は今回、装備品を複数年度に分けて支払う「後年度負担」の大幅増などを受けて積み上げた額が5.4兆円規模になり、そのままでは概算要求基準(シーリング)を超えてしまうため、米軍再編経費(2018年度予算で2000億円超計上)などを事項要求として金額を計上しないことで5兆3000億円に収めた経緯がある。

このため、実質的な概算要求額は5兆5000億円を超え、2018年度予算比は6%を上回る高い伸び率になる。安倍政権で防衛費は毎年増えているが、これまで最大でも2.8%で、今回の要求の突出ぶりが分かる。

今年は中長期的な防衛力のあり方を決める「防衛計画の大綱」と、5年に1度見直す「中期防衛力整備計画(中期防)」が年末にまとまるので、兵器など高額装備品の購入が膨らむのは既定路線だ。自民党からはこれまで国内総生産(GDP)の1%、5兆円前後で推移してきた防衛費を一気に増やし、GDP比2%を目指すべきだとの提言も出されている。

額の膨張と裏腹だが、防衛費の中身で特に問題になっているのが、軍事機密の多い最新鋭の米国製兵器を取得できる有償軍事援助(FMS)契約だ。

これによる調達額(契約ベース)は2014年度予算の1906億円から2018年度予算は4102億円と2倍、さらに2019年度概算要求では6917億円と前年度の1.7倍に膨らんでいる。このうちイージス・アショアのFMS分は1991億円。最新鋭、かつ機密ということでFMSの価格は米国側の「言い値」、しかも調達の大半は複数年度に分けて支払うから「後年度負担」として次年度以降の予算も縛られることになる。

 

 

スポンサーリンク

日本を守れるだけの装備と人員を確保する

日本は確かにアメリカの核の傘に守られて経済発展を遂げた

しかしすでに過去の話である。

現実にはこれだけの経済大国になったからは、自らの国は自らで守る

そのつもりでの自衛隊の拡充をする必要があると思う。

それから見れば、現状の装備はまことに物足りない!

中国やソ連から攻撃されればひとたまりもなく

「グウの根」も出ないのが現状である。

核爆弾の装備が行えればよいのであるが、現状は困難だろう!

だったら次善の手で、相手の攻撃地点を叩けるだけの装備や

サイバー攻撃に耐える人員も必要なのだ!

スポンサードリンク

 

災害派遣ばかりの自衛隊ではあまり意味がないのである。

身体を張って国を守ってくれている自衛官に竹やりを持たせても

意味のない事と国民は理解する必要があるのだ。

早く、ある程度の装備を手に入れるまで、防衛予算は増やすべきである。

 

兵器や装備品の国産化を進めよう

防衛費の一端に装備品の国産化を是非入れてほしい!

ある科学者たちは兵器の開発には参加しないと表明している。

そんな科学者は即座に研究者の道をやめた方がよいのではないだろうか?

現代ではどこまでが兵器か民生品かの区別がつかない

そんな中で平和利用しかできない研究なんてどんな研究なのだろうか?

医学も、新材料も、ロボットも、液晶もインターネットもすべて兵器である!

目の前の子供のPCが兵器になる時代なのだ!

それを理解しない研究者のレベルを疑いたい。

 

 

そんな中で、防衛装備品の国産化はどうしても進めてもらいたい。

自国でできない兵器など在庫量を使ったら終わりである。

また開発国以上の兵器は持てないことになる。

 

戦闘機にしろ、艦船にしろミサイルもしかり、あらゆる装備は

国産品としての開発をしてもらいたい。

軍需産業の脆弱さは目を覆うのではないのか?

 

しっかりと計画的に進めてほしい!

最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

関連ブログ:日々だより

関連ブログ:日々ぽかぽか通信

関連ブログ:健美食と共に

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事