スポンサーリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

今回は米軍普天間飛行場の辺野古移設の埋め立て承認を撤回した

沖縄県への対抗措置をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

目次

  • 法的措置で埋め立てを進めよう
  • 普天間基地の危険は待ったなし
  • 国防は国の専権事項

 

 

法的措置で埋め立てを進めよう

米軍普天間飛行場の辺野古移設をめぐり、埋め立て承認を撤回した沖縄県への対抗措置として、防衛省が石井啓一国土交通相に対して、承認撤回の効力停止などを申し立てた。

8月の承認撤回によって止まったままの埋め立て工事を再開するための措置で、行政不服審査法に基づく。

辺野古移設反対を掲げて沖縄県知事選に初当選した玉城(たまき)デニー知事は12日、安倍晋三首相に対して翻意しない姿勢を示した。

そうである以上、防衛省の申し立ては妥当だ。速やかに工事が再開されることを期待したい。

玉城氏は「知事選で示された民意を踏みにじるもので、到底認められない」と反発した。

だが、知事選に米軍基地移設の是非を決める役割があると考えるのは大きな間違いだ。基地の配置を含む安全保障政策は、国政選挙に勝利した与党がつくる内閣(政府)に託されている。

岩屋毅防衛相は「大きな目的を達成するために前に進めたい」と語った。「大きな目的」とは、日米同盟の抑止力を維持しつつ普天間飛行場の返還を実現して周辺住民の安全を確保することだ。辺野古移設が唯一現実的な方策であることを、政府・与党は粘り強く県や県民に説いてほしい。

海洋覇権を狙う中国や、核・ミサイルを放棄しない北朝鮮の脅威に備える上で、在沖縄の米海兵隊は抑止力として貢献している。

代替施設の手当てなしに普天間飛行場の返還は実現しない。辺野古移設を妨げれば、市街地の中心部にある普天間の危険性が残ってしまう。困るのは周辺住民ではないか。

玉城氏は、抑止力と普天間の危険性除去を両立させる代案を示していない。これでは翁長雄志(おなが・たけし)前知事と変わらない。

翁長氏は平成27年、埋め立て承認の手続きに瑕疵(かし)があったとして「承認取り消し」を行ったが、28年に最高裁で県の敗訴が確定した。今回の承認撤回は環境対策など承認後の不備が理由にされているが、撤回に値する問題が国にあったとはいえない。

玉城氏は、過去の不毛な法廷闘争を教訓とし、これ以上の移設の妨げはやめてもらいたい。国と協調して、基地負担の軽減や沖縄振興を進める現実的な立場をとるべきである。

 

確かに先の沖真和県知事選で辺野古移転の反対派の玉城デニー氏が支持された。

しかし、国防を担う米軍基地の問題を知事選で問えるものとは思えない。

国防は国政の問題だと思う。

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク

普天間基地の危険は待ったなし

政府は早く辺野古の基地を整備して、世界一危険と言われる

普天間基地の移設を決めている。

内地の人間から見ると沖縄県民はなぜ反対するのが理解できない?

それは、辺野古基地が親基地ではないからだ。

現在も辺野古に基地があり、拡大して普天間の基地の役割を

移そうとしているだけではないのか。

 

ただ、反日日本人や、共産党勢力などの反対派や、外国人の工作員のような

人たちが、日本を弱体化するために政府と沖縄県民を争わせ

できただ、沖縄を分断したいと思っているJ行動に見える。

それに乗っかって沖縄県民は惑わされているように見える?

問題は普天間基地の早期の移設である。

早く危険な基地の除去が大事である。

 

それが実現すると困る人や団体は誰かを考えてもらいたい。

普天間基地が返還されて困るのは、基地の所有者や

争いに乗じている共産主義の人や、外国勢力

そんな人たちが普天間基地を問題にして混乱作戦を行っているのではないのか?

沖縄県民の皆さんは感情ではなく現実的な思いをお願いしたい。

残念ながら沖縄県と北海道は昔も現在も地理的に日本防衛の

要衝にあることは変わらない!

 

国防は国の専権事項

今回の沖縄知事選でも争点になったが、普天間基地の辺野古移転の問題。

この問題は我が国の重要な安全保障上の問題である。

国の安全保障上の問題を県のレベルで論じるのは間違っていると思う。

もし、この安全保障の問題が県のレベルで決められとしたら、

国内米軍基地や自衛隊の基地そのものが、立地している県民の判断で

撤去されることになる。

そんな状態下出来たら、誰が日本を守るのだろうか?

自分は中国や北朝鮮の攻撃にさらされた時、自衛隊や米軍に

守ってもらおうと思うのは身勝手ではないのか?

現在の日本は、反日日本人(師やメディアなど)の扇動で

自国を守ることは=「悪」のような意識を植え付けられているように思う。

もう一度考えてほしい、家族を守る事と国を守ることは同じことだと。

誰かが自分の家族を守ってくれるはずがない、自分で守るのだ。

それを広げれば、日本は自分たちで守れねばならない。

アメリカ軍はその手伝いをしてくれるだけだ。

この事を勘違いしている日本人が多くなりすぎたようだ。

もう一度、外国の大きな力、外国の暴力=軍事行動から自分を守るのは

国の軍隊しかない!

この当たり前のことを考えてほしい!

国防は国の占有事項であることを!

最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

関連ブログ:日々だより

関連ブログ:日々ぽかぽか通信

関連ブログ:健美食と共に

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事