スポンサーリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

今回は2011年に廃止された地方議員年金を

事実上復活させる議論をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

目次

  • 地方議員年金の復活論?
  • 地方議員は職業か?
  • 民主主義の地方

 

 

 

地方議員年金の復活論?

最近またこの問題が復活していると言う。

地方では議員になる人がいなくてその為の議員年金だと言う。

2011年に廃止された地方議員年金を事実上復活させる議論が、政府・与党内にくすぶっている。地方議員の待遇向上で成り手不足の解消を目指すとともに、来年の統一地方選や参院選対策として地方議員への「配慮」を示す狙いだ。しかし国民への公的年金給付が抑制される中、新たな公費負担には「議員優遇」批判も再燃しかねず、一筋縄ではいきそうにない。

地方議員年金を巡っては石田真敏総務相が、5日の報道各社のインタビューで「復活しても良い」と口火を切った。自民党の萩生田光一幹事長代行も、10日の記者会見で「セーフティーネットとしてはあってもいい。必要であれば検討に値する」と呼応した。

もともと自民、公明両党は先の通常国会で、地方議員の厚生年金加入を可能にする法改正を目指していたが、約3万3000人の対象議員に年間約200億円の公費負担が生じる可能性があり、反対論が噴出。結局、法案提出を見送った。

一方、過疎地域などで成り手不足が急速に問題化する中、既に1000を超える地方議会が法整備を求める意見書を採択した。公明党の山口那津男代表は11日の会見で「(議会に)人材を受け入れる基盤を真剣に考えるべきだ」と訴えた。

旧来の地方議員年金は公的年金に上乗せする形で、約6割を議員の掛け金、約4割を公費負担で支給していたが、財政難や行政改革の流れから「議員の特権」との批判があった。さらに「平成の大合併」による議員の減少で積立金が底を突きかけ、11年に民主党政権が廃止した経緯がある。

このため与党内にも「どの業界も人手不足の中、地方議員だけというのは国民の理解が得られない」(自民党の小泉進次郎氏)などと異論は根強い。石田氏も10日の会見で「国民に納得いただくのは大変だ」とややトーンダウンした。

ただ与党には各選挙の実動部隊となる地方議員を支援したい思惑もあり、統一地方選や参院選への影響を考慮しつつ議論する方針。公明党幹部は「統一選前に一気にやりたい」と息巻くが、批判を浴びれば逆効果だけに、自民党幹部は「選挙にプラスかマイナスか、両論ある」と世論を慎重に見極める考えを示した。

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク

地方議員は職業か?

私は地方議員は職業とは思っていない。

その地方議員活動で生計を立てようと思うのは本末転倒と思う。

地方議員は、その行政が正しく行われているかを確認するのが仕事で

あくまでもチェック機能が最大の責任である。

そうすると、議員のなり手がいないと言うが、議員の数や役割を変えていけばよい。

地方の限界集落では議員そのものが不要となろう。

行政のチェックは、住民の代表者にゆだねればよいと思う。

地方の自治体は議員のなり手を報酬で集めようと言うのは間違いだと思う。

地方議員の報酬はあくまでも活動に対する対価だけで、議員の生活を支える

必要はないと思う。

調査費用や、通信費、議会への出席費用(時間給)だけで良いと思う。

それがいやなら、議員にならかければよいだけで、

議員報酬で生計を立てるのは本末転倒であると思う。

地方議員になりたい人は、自身の主なる仕事を持っていてほしいものである、

議員になりたい人は、別に仕事をしていなくてもよいが、

その報酬をあてにしてはいけないと思う。

 

民主主義の地方

現在の日本は人口減少の中、限界集落の問題も取り上げられるようになり

地方の自治体の存続が危ぶまれていると言われている。

しかし自治体は住民の民主主義による自治が主体である。

人口減少による地方議員のなり手がいないと言うのは

その仕組みを変えていけばよいことである。

地方自治体の法律もあるが、あくまでも民主主義の自治で解決が出来よう。

自分たちで議員の数も、行政の人数も変えられるのである。

人口減少は税金の減少でもある。

不必要な議員の報酬など言語道断と思う。

地方議員になって、地域の為に仕事をしたいと言う人は

まず、自身の生活を支える仕事を確立してからにしてほしい。

人口も減少している地域で、少ない税金を奪い合うことは

住民の為ではないはずだ!

まずは地方議員の在り方と人数の適性を見直すべきと思う。

最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

関連ブログ:日々だより

関連ブログ:日々ぽかぽか通信

関連ブログ:健美食と共に

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事