スポンサーリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

今回は大失敗の対中ODA!ようやく終了をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

安倍総理は今回の訪中で日本政府が中国への政府開発援助(ODA)の終わりを宣言した。

40年近く合計3兆6千億円の公費の投入は日本と世界への脅威を作っただけだった!?

 

日本からの援助を知らない中国人

40年前、改革開放を訴えて、中国国内への投資を呼びかけた。

日本政府はそれに乗り巨額の投資を行ってきた。

しかし当の中国人は全く知らない!

日本側が官民あげて日中友好への祈りをもこめて供した巨額の血税はなんの周知もされたいないからだ。。

日本からの経済援助は中国側の官営メディアは一切伝えていない。

だから一般国民もまったく知らない。北京国際空港ビル、北京地下鉄2号線、南京母子保健センターなど、

みな日本からの巨額のODAで建設されたのに開設式の祝辞や碑文にも日本の名はなかった。

このように、援助したと思っている日本への恩義など全くなく、

むしろこの間には、「抗日」運動が盛り上がり、日本企業の

襲撃事件なども起きている。

中国人は日本からの援助で色々な物が出来たことなど

これっぽっちも感謝していないのだ!

それでも投資を続けた政府はどんな反省をするのだろうか?

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク

覇権国家の誕生に援助した!

まったく日本の公費の援助を知らせない中国政府とわかっても、

巨額の公費の投資が行われていたのだ!

 

投資されたのはODAだけでなく、

旧大蔵省と輸出入銀行から「資源ローン」などという名称で公的資金が中国に供されていた。

その総額は99年までに3兆3千億円と、その時点でODA総額を越えていた。

だから中国への援助総額は実際には7兆円だったのだ。

中国政府も、中国人民も、援助への感謝などこれっぽっちも持っていない!

むしろその金を使い、インフラの整備や科学技術の向上を成しとげ

軍事面での増強を果たし、我が国への攻略を強める結果になった。

また、周辺国への侵略や、弾圧がこの援助の金が使われた。

日本は、税金を大量に中国へ投資して、自国を危機に陥れたのだ!

それは現在でも続いている!

対中ODAの目的は出発点の79年の大平正芳首相は「日中友好」を強調した。その後、ODA総額が大幅に増えた88年当時の竹下登首相は「中国人民の心へのアピールが主目的」と明言した。だが人民は日本からのODAを知らないから心に伝わるはずがない。

中国政府がODAのために対日友好を増した証拠は皆無である。逆にODAがさらに巨額になった90年代をみても、「抗日」の名の下に日本への敵意を自国民にあおる共産党政権の宣伝や教育は激しかった。

日本側からみての対中ODAの成否は政府の「ODA大綱」に照らし合わせれば明白となる。大綱は日本のODAが「軍事用途への回避」とくに相手国の「軍事支出、大量破壊兵器、ミサイルの動向に注意」、そして「民主化の促進」「人権や自由の保障」に合致することを規定していた。だが対中ODAはこのすべてに違反した。

軍事面では単に日本からの資金が中国政府に軍拡の余裕を与えただけでなく、日本の援助でできた空港や鉄道、高速道路の軍事的価値の高さを中国軍幹部は堂々と論文で発表していた。チベットへの光ファイバー建設は軍隊が直接に利用していた。同じく日本のODAで完備した福建省の鉄道網は台湾への攻撃態勢をとる部隊の頻繁な移動に使われた。台湾の李登輝総統から直接に「日本の対中援助では福建省の鉄道建設だけは止めてほしかった」と訴えられたことは忘れ難い。

 

 

すべての投資をやめよう!

今回の対中ODA終了だが、相変わらぞほかの投資が続いている。

むしろODA以上の資金が今なお中国に入れられている。

ここまで中国が巨大な覇権国家になっても、相変わらず投資している。

民間でも相変わらず巨額の資金と、知的財産の投資が行われていると言う。

その資金や技術が、日本の呑み込み、植民地化の動きになってきていることを

考えないのだろうか?

もう日本は、日本人のお金で中国人へ日本を売っているのだ!

そんな自覚はあるのだろうか?

民間の投資で自社の利益のみを追及していたら母屋が買われていた!

しかも、自分の金で?何て笑えない話があふれて来るだろう?

早く、中国投資をやめて、中国をこれ以上に増長させてはいけない、

日本だけでなく世界が共産化する!漢民族の征服になり民族浄化が

世界中で広がることになると思う!

この動きを早く止めなければならない。

すぐに中国への投資をやめよう!

最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

関連ブログ:日々だより

関連ブログ:日々ぽかぽか通信

関連ブログ:健美食と共に

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事