スポンサーリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

今回は韓国の人気K-POPグループ「防弾少年団(BTS)」の

“反日活動”が同国内で絶賛されているのはなぜか?をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

 

「防弾少年団(BTS)」は7人組で、13年に韓国で、14年に日本でデビューした。

リーダーのRMはデビュー間もなくの2013年8月15日、

BTSの公式ツイッターで「今日は光復節。歴史を忘れた民族には未来はありません」と、

つぶやいている。「歴史を忘れた民族」とは、韓国が日本を批判する決まり文句だ。

韓国の現在の若者の姿なのだろう!?

自分たちの歴史の真実を教えられないままに成長した

若者たちの姿が痛々しく見える!

 

 

 

目次

  • 韓国人は戦わずに独立した!
  • 歴史の真実を封印した国家「韓国」
  • 韓国との付き合いは「ほどほどに」

 

スポンサードリンク

 

韓国人は戦わずに独立した!

記事によると、Tシャツのプリントは「日本に国を奪われ、日本植民地時代を経て、明るい光を取り戻した日が光復節という説明。光復を迎えて大韓民国国民が万歳を呼ぶ姿。戦犯国日本で発生した原爆投下のシーンなどが盛り込まれている」という。

BTSは7人組で、13年に韓国で、14年に日本でデビューした。今年5月にはアルバムが米誌掲載の人気チャート「ビルボード200」で韓国の歌手として初の1位を獲得。今月末に文化勲章を受章することが決まっている。

しかも、NHK紅白歌合戦出場が内定したと一部で報じられるなど、日本でも大人気のグループ。それなのに、反日姿勢を隠すことがない。

「300枚のユニークな広告が語る こんなに明るかった朝鮮支配」を著した韓国事情に詳しい文筆人の但馬オサム氏は、こう語る。

「韓国では日本に対する嫌がらせとして、よく原爆を引き合いに出します。広島・長崎の原爆投下は朝鮮を侵略した日本に天が下した懲罰だと学校で教え、聖職者である牧師や僧侶まで公然と、それを口にします」

米国による原爆投下は民間人を標的とした大量虐殺であり、明らかな陸戦条約違反、戦争犯罪行為。単に極東軍事裁判では戦勝国の戦争犯罪行為が裁かれなかったというだけだ。

但馬氏は「韓国を代表するグループが、その原爆の写真をプリントしたTシャツを着て日本人の神経を逆なでするんです。また韓国では、原爆は光復、つまり敗戦による日本統治からの解放と関連づけられます。ここらへんにも、彼らの自国の歴史に対する根強いコンプレックスが表れています」と話す。

そのコンプレックスとは何か。「李氏朝鮮が清国から独立できたのは、日清戦争で日本人が多くの血を流して戦ったからです。その日本から独立できたのは、日本の敗戦によるものです。つまり、彼らは一度たりとも自らの血を流して独立を勝ち取ったことがない。インドネシアやビルマといった東南アジアの“小国”でさえ果たした国家の通過儀礼を経験していない。いわば韓国は“童貞国家”と言えます」と但馬氏は指摘する。

 

このように、アジアの各国は先の大戦以降、植民地から独立するために

国民の多くの血を流してきた。

その為に明確な、記念日が確認できる。

しかし、韓国は自分たちが思い込んでいるだけで、

実際の真実の歴史では独立の為の戦いすらしていないのが真実である。

日本の敗戦による棚ぼたの独立である。

 

スポンサーリンク

歴史の真実を封印した国家「韓国」

韓国の歴史を見ていくと、韓国民の悲惨な事実だけが積みあがる。

もともと韓国は支那の植民地支配ではなく属国でした。

しかも、上流階級の両班が支配する奴隷国家だった。

両班は伝統的に労働を嫌い国民の経済的発展には何の興味もなかった。

そして、自国民を奴隷のようにして、宮廷で毎日を過ごしていたのである。

そして、日韓併合は、韓国側の政治団体「一進会」の申し出があってすすめられ、

韓国の発展、韓国人の幸福のための併合だった。

日本政府は、朝鮮人の幸せを重視し教育にあたった。

この歴史の真実がばれると怖いので、韓国では歴史をきちんと教えていない。

それどころか、研究する所さえない状態のようだ。

ちなみに韓国では、漢詩がを読む教室がないらしい。

これって歴史を否定している(アジアの歴史は漢字で書かれている)?

都合の悪い歴史には、国民は触れてはいけない!らしい。

 

 

韓国との付き合いは「ほどほどに」

このように、韓国人はまともに日本との関係をつたえていない。

自国の歴史すら正確に研究できないのだ。

残念ながら、中国の思想教育と何ら変わりがない。

こんな国が、民主主義で資本主義を標榜して世界と渡り合うなどどとは思えない。

日本だけでなく他の国とも都合が悪くなれば、自分の都合で何とでも

言い出す国であり、国民である。

こんな韓国にいつまで付き合っているのか?

確かに隣国で地政学上重要な拠点ではあるが、

無駄な努力だと言うことがはっきりしている。

だから、韓国と付き合うのはほどほどで良い。

何か言われたら「まあね」とでも答えておけばよい。

まともにかかわりあうだけで損である。

この事だけは肝に銘じておこう!

最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

関連ブログ:日々だより

関連ブログ:日々ぽかぽか通信

関連ブログ:健美食と共に

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事