スポンサーリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

今回は航空自衛隊のF2戦闘機後継機開発が話題になってきたをお伝えします。

それでは見ていきましょう。

目次

  • 国産化して軍事産業の育成を急ごう
  • 軍事産業も大事な輸出産業
  • 最先端の技術を盗まれるな!

 

 

国産化して軍事産業の育成を急ごう

毎年の予算編成時期に自衛隊の装備について話題になる。

今年は特に次期主力戦闘機の話題が盛んだ。

それは、航空自衛隊のF2戦闘機は30年代から耐用年数を超えるからである。

いったい次期戦闘機はどうするのか?

防衛省が新規開発して2030年代に導入する次期戦闘機について、米ロッキード・マーチン社との共同開発が有力案として浮上した。同社製のF22ステルス戦闘機を基に、エンジンなどに日本独自の技術を採用することを想定している。年末に策定する新たな中期防衛力整備計画(中期防)に新規開発の方針を盛り込んだうえで、日米共同開発に踏み切る見通しだ。

航空自衛隊のF2戦闘機は30年代から耐用年数を超える。F22の既存機をベースに能力を向上させる改修を提案していたロッキード社が、共同開発に提案を変えたことを受け、防衛省は実現可能性の調査を始めた。同省は対空、対艦、対地の多任務戦闘機として、主に離島防衛などに活用する方針だ。

F22は世界初のステルス戦闘機で性能が高い。「世界最強の戦闘機」と言われる半面、1機当たりのコストが高騰し、オバマ米政権時代の09年に製造が打ち切られた。防衛省はかつてF4戦闘機の後継機としてF22の調達を目指したが、機密情報の流出を懸念した米議会が輸出を認めず、11年にF35ステルス戦闘機の導入に切り替えた経緯がある。

政府や自民党内には、次期戦闘機に国内防衛産業の技術を多用すべきだとの声が根強い。さらに、次期中期防を巡っては財務省が徹底したコスト管理を要求している。日米共同開発案について防衛省関係者は「日本側の主導権をどの程度確保できるかがポイントになる」と指摘する。【木下訓明】

 

 

スポンサードリンク

 

現在はアメリカとの共同開発が有力になっているようだが、

私は日本独自での開発をすべきと考える。

確かに日本の技術でまだアアメリカのF22-ステルス戦闘機の

技術を上回るのがあるか不明だが、自国で開発しなくては

いつまでたってもその技術力が身につかない。

基本的な技術はアメリカから買うことも必要だが、

自国技術を集めた戦闘機の開発は絶対に必要である。

 

スポンサーリンク

軍事産業も大事な輸出産業

我が国は国際経済の中で兵器の輸出が可能になっている。

そこで、兵器産業を大事な「輸出品」として成長させ

必要な国へ売り込むことは大事な事業ではないか!

兵器はその技術の高さと、安定性が民生用よりも重要視される。

故障がなく、過酷な環境で使用できる装置は、銃やロケットの

ような、殺戮兵器だけではないはずだ。

原野を走るトラックやジープも軍需産業なのだ。

また、兵士の持つ装備品も大事なものである。

このように、軍隊に特化した装備品の開発も

兵器と同じように進めていけは、大きな産業になるだろう。

輸出してその資金で新たな装備の開発に使えるようになるのが

理想ではないか!

 

 

最先端の技術を盗まれるな!

最近の報道では、我が国の最先端の技術の開発力の低下とと共に

心配なことが起きている。

それは、大事な先端技術の流出である。

各国のスパイもどきの人々が、日本の民生用の技術を

軍事に使用できないと思わせてその開発力と製造技術ごと

輸出しているような事案があるようである。

これこそは一番注意しなければいけないことだろう!

各大学や企業の研究機関は、兵器と言う意味での意識が低く

自身は兵器開発に携わっていないと思っているが、

海外のスパイのような人々は、簡単に軍事転用の出来る

技術や製造設備がゴロゴロしている国と見ている。

しかも、少し前の情報と思うと、いとも簡単に教えてしまうし、

簡単に売ってしまうようである。

もう少し、技術の大切さを理解してほしい。

最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

関連ブログ:日々だより

関連ブログ:日々ぽかぽか通信

関連ブログ:健美食と共に

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事