スポンサーリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

今回は高円宮妃久子殿下の三女、絢子(あやこ)女王殿下のご結婚を機に、

これからの皇族の問題を考えてみたいと思います。

 

公務の担い手が不足する!

絢子様のご結婚でまた一人公務の担い手が減少します。

また、来年には陛下の退位が待っています。

これにより、皇族の減少、皇統、このままでは皇室の存亡の危機だと言わなければなりません。

しかし、政府の動きは、悠仁様のご誕生を機に議論がなくなってしまいました。

でも、悠仁様はまだ11才。ですが、悠長なことは言ってられません。

不測の事態も考えられますし。

無事ご成人されても、その後の事は不明としか言いようがありません。

今こそ議論を重ね、皇統の継続の安定を図る必要があるのです。

何より、女性皇族の方が多く、その方たちがご結婚されれば

本当に数名で公務を果たさなければならなくなります。

現状でもかなりの激務と聞いておるご公務が

このまま続くはずがありません。

早く解決策を議論すべきです。

 

スポンサーリンク

旧皇族、竹田恒泰さんの意見は?

スポンサードリンク

 

5. 竹田恒泰さん

「『皇室を守る』。それこそが、皇室の崩壊を招く」

平たく言ってしまえが、女性宮家とは「民間出身の男性を皇族にする」ということです。

創設にあたっては、夫や子供の立場をどうするかということが議論されるでしょうが、では宮家投手の女性皇族を妻にした男性が、民間人として民間企業で普通に働けますか?

そうなると皇室に迎え入れるしか無くなるわけです。ですが、皇室においてそんなことはただの一度もありません。

女性宮家を認めないということは、結婚後の女性皇族を排除したのではなく、民間出身の男性皇族を排除してきた歴史なのです。

天皇はなぜ天皇なのか、といえば、紛れもなく「血統の原理」です。受験や選挙で辿り着くわけでもなく、闘争の末勝ち取るわけでもありません。その星に生まれたものが、粛々と宿命を背負っていくのです。

しかし女性宮家を創設すると、この原理が崩れることになります。

つまり、本来ならその星のもとに生まれたわけではない人間にまで、天皇の座への道が開かれてしまうことを意味しています。

そうなった時、果たしてそれを日本の皇室と呼べるのでしょうか。

「皇室を守るため」

そう声高に叫んでいる女性宮家容認派は、それこそが皇室の崩壊を招くということを理解していないのです。

~中略~

ではどうするべきか。

解決策は、「血のスペア」「血の伴奏者」である宮家が、本来の役割を取り戻すことです。

単純な話で、旧皇族を活用すればいいんです。1947年、GHQによって民間人となった11宮家のうち、5つの宮家は存続しています。

今も男系の血筋を引く人が存在しています。具体的は方法は2つ。旧宮家を後席に復帰させること。あるいは、断絶することが決まっている三笠の宮家か高円宮家の養子にすること。

戦後70年が経過していて、「名前も顔も知らない旧宮家の人が皇族になるなんて」という意見もあるでしょうが、どこの誰かもわからない人を皇室に迎え入れようとする女性宮家なんかよりも、よっぽど現実的なのではないでしょうか。

 

 

皇統を守るには!

武田さんの話では、旧宮家には男系男子がたくさんいるようです。

旧宮家の方に皇籍復帰していただければ、男系男子のまま皇統はつないでいけるのです。

それなのに、そのことにふれる人がいなく、武田さんだけのようです。

男系男子でつなぐために悠仁様のお嫁さんに男子が生まれるまで子供を作ることを

強制するのは人権侵害だとか(原武史さん)、

男系男子でつなぐために武烈天皇から継体天皇へ10等身離れていた例を取り、

『そのような無理を押してまで男系の万世一系を継ぐことを国民は望まない』と決めつけていたり(内田樹さん)、

『陛下が遵守されてきた憲法で「法の下の平等」、つまり男女同権がうたわれているのですから

(愛子様が天皇になるのは当然だ)』と田原総一郎さんがいったり。

と、女系天皇を後押しする人が多いのですが・・

人権侵害、法の下の平等、男女同権、こんな言葉を持ち出したら皇族には職業選択の自由もないし、

選挙権もない、その代わりに国民全員が支えている特権階級とも言える存在であることが

そもそもおかしいではないか。

男系男子でつないできた伝統の上での今上陛下であるのに、

その正当性も現代に照らしたらおかしいと言っているようにも聞こえる。

側室制度がなければ男系男子で繋げないというのも、女性、女系天皇派がすぐに使う言葉だけれど、

男系男子で繋ぎたくないための理屈にしか聞こえない。

本心は、何が何でも女性宮家、女性天皇・女系天皇にして

皇統を断絶させ、日本の歴史を終わらせたい人が多いのではないかと

考えてしまします。

安倍総理にお願いしたい、すぐに旧皇族の方に皇籍復帰していただく

法案を審議していただきたい!

最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

関連ブログ:日々だより

関連ブログ:日々ぽかぽか通信

関連ブログ:健美食と共に

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事