スポンサーリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

元徴用工判決で日韓両国が揺れている。

日本は様子見で韓国にボールを投げると、韓国も様子見を決めているようだ。

 

いったい国家間で決めたルールとは何だろうと思ってしまう。

普通の国は、守るために結ぶ国家間の条約を、いとも簡単に反故にする

韓国の司法はまともな法治国家とは言えない。

 

韓国の歴史は?

韓国の歴史について次の一文を紹介します。

 

韓国の歴史。そりゃ恥ずかしくって韓国政府が教科書に書けないよ。
並みの国は戦争して奴隷を得るが、朝鮮、韓国は勝ったためしがないから自国民を奴隷にした。

結果、世にも不思議な「自給自足的奴隷制度国家ができた」

奴隷は人口の40%を占める。女も似たような境遇で、

日帝支配まで名も与えられず、男児を産むと両の乳房を露出する奇習に生きた。

資源も人材もない「見捨てられた国」の評はあまりよくなかった。

「民は無能で見栄っ張りで、努力を嫌う」から、山野は荒れるに任せ、この国をさらに貧しくした。
「自らを改革する能力に欠けて」いるくせに気位だけは高く、妬みは強い。

格下の日本から独立を促されると支那に擦り寄って日清戦争の原因を作った。

日本が勝って、朝鮮を独立させると、今度はロシアを呼びこんだ。

この国の生来の腰巾着根性だ地域の不安定化を促し続けた。

それで日本はロシアとも戦う羽目に陥った。

セオドアルーズベルトは太平洋を挟んだ日本について

「脅威を感じる」とアルフレッド.マハンに書き送っている。

その日本が日本海海戦でロシアに勝利するのを見た彼は1週間後に日露の講和条約を仕切ると言いだした。かれは「脅威に日本」がこれ以上強くならないようロシアから一銭の賠償金も寸土の割譲もないポーツマス条約を押し付けた。

彼は「朝鮮を日本に押し付ける」ことを思いついた。

厄介な国を背負いこませれば日本は困惑し、疲弊するだろう。事実もその通りになった。

国家予算の2割をつぎ込んで近代化してやったのに感謝するどころか、逆に「千年の恨み」を口にし、今も日本人の神経を逆なでし続ける。
(高山正之、週刊新潮、8,15)より

これが、歴史の真実。
真実の歴史に向き合うと、恥ずかしくて韓国人を辞めたくなります。

こんな、人たちとはつき合わない。嫌いな日本から早く本国に帰ってもらって結構。

聞きたくない真実を聞かなくて済むには、韓国に帰ることですね。

ロッテの重光武雄さんは、もう韓国人を見限ったほうがいいですよ。

韓国のロッテを次男にさしあげて、日本法人のみで頑張ってみてはいかがでしょう?

日本からパクったお菓子は韓国で販売できなくなるけれど、、

その方が日本人らしく生きられます。

恨の世界。韓国の世界。

からの脱却。

韓国人をお辞めになる事です。

出典:http://houdoumimamoru.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/post-d84c.html

 

これが韓国では教えられていない歴史です。

言葉は、きついように見えますが事実は事実のようです。

 

この歴史を学ぶことすらできないのが、現代の韓国人です。

なぜなら、教える大学が全くないからです。

自国の歴史を教える学部のない国家、それが韓国です。

 

しかも、多くの歴史的事実が書かれた漢文も勉強する学部もないようです?

これでは、政府が適当に作った歴史しか教えられませんね。

そんな国民が韓国人です。

でもそれを喜んでいるようですね?

スポンサードリンク

スポンサーリンク

ゆすりたかりは歴史的性格!?

これまで見てきたように、韓国人は歴史的に支配階級も、労働階級も

努力することや、改革することを嫌い、見栄っ張りで気位だけが高い国民のようです。

問題が起きるとその都度、都合のいいような国にすり寄り自分の保全だけを求める

人たちの集まりです。

これは千年の恨みなどと言って自分に都合よく、誰かに虐げられてきたように

言っているが、すべてが自分たちの責任で起きた事です。

だからこの国は筋金入りのゆすりたかり国民の国なのです。

中国だろうが、アメリカだろうがやっていることは同じです。

現在の北朝鮮を見ればこの民族の性格はわかるでしょう!

 

 

福沢諭吉先生は見抜いていた!

明治維新の時に福澤諭吉は当時すでにそのことを看破していた。

「脱亜論」で彼は朝鮮を見限ったのである。

いまこそその背景にある思想に学ぶべきだ。

《左れば斯る国人に対して如何なる約束を結ぶも、背信違約は彼等の持前にして毫も意に介することなし。

既に従来の国交際上にも屡ば実験したる所なれば、朝鮮人を相手の約束ならば最初より無効のものと覚悟して、

事実上に自ら実を収むるの外なきのみ》(『時事新報』明治三十年十月七日)

これは福澤諭吉の言葉であるが、まさに現在の日韓関係の本質を言い当てているではないか。

朝鮮人の約束はどんなに固く約束しても破られるものと心得よ!

そう言っているのである。

 

 

明治の賢人はすでに今日の事を見抜いていた。

我々は、この事を肝に銘じて、これからの日韓関係を行っていかなければならない。

厄介な隣人の国土は動かないからである。

だから、朝鮮人との付き合いはほどほどであるべきだ。

政治的付き合いも、拉致被害者の奪還まででよい、

経済的には、撤退しておいた方が被害が少ないことが

今回の事でよくわかる。

政府も政治家も経済界も、同じ夢を見られる民族と思ったら

必ず煮え湯を飲まされる。

いやなら、お付き合いは、まあまあで良い。

それよりも、ほかの東南アジアの国家と協力したほうが

日本の為には良いだろう。

最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

関連ブログ:日々だより

関連ブログ:日々ぽかぽか通信

関連ブログ:健美食と共

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事