スポンサーリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

今回は元徴用工の判決は大きな反響を呼んでいるが、

国会議員は動かないのはなぜかをお伝えします。

それでは見ていきましょう。

これが国会議員の実態か?

徴用工判決を受けて、日韓議連の議連会長を務める自民党の額賀福志郎・元財務相は

ビックリしたと言っているだけで、すぐさま抗議をすることをためらっている。

 

超党派の国会議員でつくる「日韓議員連盟」は2日、韓国大法院(最高裁)が新日鉄住金に韓国人元徴用工への賠償を命じる判決を確定させたことを受け、緊急会合を開いた。元徴用工の請求権問題は1965年の日韓請求権・経済協力協定で解決済みだとして、韓国政府に適切な対応を求める意見が相次いだ。

議連会長を務める自民党の額賀福志郎・元財務相は冒頭、「はっきり言って(判決確定に)びっくりした。(問題は解決済みだとする)日本側の立場について共通認識を持つようにしたい」と語った。

出席者からは「日本政府が協定に基づき支払った経済協力金に個人の請求権も含むということで韓国政府も納得していたはずだ」「協定で問題が解決済みということをどれだけの韓国人が理解しているのか」などと、韓国側の対応を疑問視する意見が出た。未来志向の関係をつくるため、韓国側と解決策を話し合うべきだとする意見もあった。

議連は12月、韓国側の「韓日議員連盟」と現地で合同総会を開き、判決確定が日韓関係を悪化させないよう対応策を話し合う方針だ。

 

 

 

これでは、また舐められるだけではないのか!

どんなにひどいことを日本に行っても、反発しない日本人!

との思いが韓国人には定着しているのだろう。

だからこそ、こんな判決が出るのだ!

国会議員の反応は、いまいちわからない?

こんなひどい国際ルールを覆す判決をされても

文句を言う議員があまり現れないのはどうなのだろうか?

すぐさま、韓国批判の国会決議をだずべきではないのか?

また、ここは毅然と、日韓議員連盟活動停止くらいの事はやるべきだ!

本当に日本を守る気があるのだろうか?

スポンサーリンク

財界も民間企業も反応が不思議?

この判決が出てあきれたのは、経団連等の経済団体の反応である。

これだけの判決が出れば、今後もっとひどい訴訟が限りなく起きると

予測しないのだろうか?

それなら、自己防衛で、すぐに韓国への投資を中止して、

進出企業の撤退を示唆すべきではないのか!

どんどん訴えられてからでは遅すぎるではないか!

危機管理を疑われる。

当の新日鉄住金も当然だが、ほかの進出企業も被害の拡大が

大きくならないうちに撤退すべきとの談話を発表して

牽制すべきである。

また、韓国人を自社の企業で雇用を中止との発表もすべきでらる。

将来の訴訟に対しての備えをするためには、小さな芽も摘んでおくべきだ。

 

 

民間人はどう思う?

はっきり言って私のようにひどい嫌韓になっている人は少ないかもしれない。

しかし、よく考えてほしい、基本的な国家間の協定を国家の司法レベルで

覆す国である。民間人は手が出ないのだ!

もしこんな国に旅行でも行って、警察につかまったり、

友人と思っていた韓国人にふいに訴えられたりしても

逃げられないのだ。

約束が出来ない国だからだ。

また、韓国人の企業と商売上の契約をしたとしても

難癖付けて守らなくても向こうは平気である。

馬鹿を見るのは日本人の方だと予想がつくだろう!

だから、これからは韓国人との付き合いは、ほどほどにである。

できれば、旅行や取引などやめた方が自身の為だろう。

すぐにできない方々でも、少しづつそのかかわりを

ほかの国に変更すべきである。

もう付き合ってはいけない、韓国、韓国人である。

肝に銘じて忘れないようにしよう。

自分が泣かないために。

最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

関連ブログ:日々だより

関連ブログ:日々ぽかぽか通信

関連ブログ:健美食と共に

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事