スポンサードリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

今回は改正入管法が成立した。その本質を考える必要があることをお伝えします。

それでは見ていきましょう。

 

 

移民の本質を隠した法案の可決

外国人労働者の受け入れ拡大に向け在留資格を創設する改正出入国管理法は8日未明の参院本会議で、与党や日本維新の会などの賛成多数により可決、成立した。人材確保が困難な産業分野で外国人労働者の受け入れを広げるのが狙いで、来年4月に施行される。最大の与野党対決法案だった改正法が成立したことを受け、今国会は10日までの会期を延長せずに閉会することが確実な情勢となった。

参院本会議に先立って8日未明に開会した参院法務委員会で、与党は入管法改正案の採決に踏み切った。立憲民主党や共産党などの議員が横山信一委員長(公明)に詰め寄る中、改正案は賛成多数で可決した。採決で反対した国民民主党は外国人労働者の適切な処遇などを政府に求める付帯決議を与党などと共同で提出、決議は採択された。

7日午前に開会した参院本会議は、立憲民主党など主要野党が提出した横山氏と堂故茂農林水産委員長(自民)の解任決議案を与党などの反対多数でいずれも否決した。

野党は続いて、山下貴司法相問責決議案を参院に提出。与党は午後3時半に本会議を再開し、問責案を否決する構えだったが、野党は議院運営委員会の大家敏志理事(自民)が本会議場で白真勲同委野党筆頭理事(立憲民主)に対し「暴力に近い形で小突いた」と反発して開催を拒否した。大家氏が謝罪、理事を辞任することで決着し、本会議は午後7時半にずれ込んだ。

法相問責案を反対多数で否決された野党は安倍晋三首相問責決議案も参院に提出したが、7日深夜の本会議で否決された。

改正法は建設業や介護業など14業種が対象。一定技能が必要な業務に就く「特定技能1号」、熟練技能が必要な業務に就く「特定技能2号」の在留資格を新設するのが柱。長期在留や家族の帯同が認められる2号については、与党内にも「事実上の移民政策につながる」との警戒感が残る。

 

改正入管法はいくら政府が移民政策ではないと言っても本質は移民政策であろう。

特に在留資格は 特定技能1号、特定技能2号と資格を決めているが、

どちらも、いずれは日本への永住権を獲得できることになる。

特に特定技能2号は、夫婦帯同が許され、文字通り移民である。

 

スポンサーリンク

人口問題の本質を隠している。

今回の改正入管法はあくまでも、現状の人手不足を

外国人の労働者で補おうとしているだけである。

たぶんこれは経済界の強烈な圧力が政権側にあったことの

結果だろう。

 

特に自民党は、財界から多大の献金を受けている。

また、好調な経済の維持に労働力は必要である。

そして本題だが、人口減少を少しでも緩和したい、

特に生産人口の減少を少しでも穴埋めしたい。

そんな思惑が、本質ではないのか?

 

そうしないと、社会保障問題の計算が狂うのである。

特に年金は、生産年齢が減少して、現状を維持できなくなる

事はすでに分かっている。

 

だから政府は、何が何でも来年4月から生産人口を増やす必要がある。

そうしないと、100年安心の年金行政は崩れ去る。

 

最近の財界も、労働界も、日本の事など何も考えていない

事の表れである。

ただ単純に目先のもうけを続けたいだけである。

そこには、希望がない!

 

日本の人口問題で国の未来の信を問え!

今回の改正入管法は移民を増やす法律だろう。

政府が何と言おうとも、永住権を持つ外国人が増えるのは

今のところ間違いないはずだ。

 

ただ、思惑通り人手不足がこれからも続き、

外国人が働きに来てくれることが前提となる。

その問題の本質は、国の形を変える可能性があると言うことである。

 

これからの日本の人口は間違いなく減少してくる。

あと50年後には、7000~8000万人とのデータもある。

そうなった時の日本はどうあるべきかを考えるべきだろう?

 

人口減少は当然、国民総生産も低下し、現状の経済活動も

インフラも、行政サービスも減退せざろう得ない。

当然、世界での位置づけも下がってくる。

極端な話、自給自足の発展途上国化する可能性さえある。

でも、国民の幸福とは別物である。

 

 

今の日本人の判断は、生活レベルを落とさないで、経済レベルを維持しながら、

外国人を受け入れた社会を望むか、

人口減少を受け入れた、日本人だけの国家を望むのか?

その選択が迫ってきたのである。

 

もはや、この問題は、一法案で片付けて良いものとは思えない。

これからの人口減少で変わる日本の形の判断である。

これこそは、主権たる国民の信を問うべきであろう!

 

今の日本人は、戦後アメリカのWGIPに洗脳された人が主流になっており

何が国家かもわからない国民集団になってしまっている。

特に、企業は国民や国家の為に働くと視点が欠如したようである。

 

だから、グローバル化になって、海外の企業との競争に勝てなくなっている。

身売りする企業すら出てきた。

これは、経営者や株主の意志の低さである。

 

自分が経営している、株主の時だけ、利益が出ればあとは知らない!

まさしく、自分勝手!それが、日本人である。

家族もなく、個人だけを思う国家など国家ではない!

 

それが、現在の日本だろう、今決断しないと、

まもなく日本は内部から崩壊する!

すでに、中国は日本全国に拠点を買い占めている。

何も武力で抑えなくても、ただで日本が手に入ると

計算しているのだろう。

 

中国人の若い男性は、3000万人余っていることをご存知だろうか?

一人っ子政策の為に生まれた、男女差の為である。

その結婚できない男性のはけ口として、日本は門戸を広げた!

もはや、止める手立てはないかもしれない!

 

国民の声を、今あげないと、結果は中国の植民地となり、

純粋な日本民族は混血浄化されて、この地球上から

いなくなる日が近づいてくる!



最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

関連ブログ:日々だより

関連ブログ:日々ぽかぽか通信

関連ブログ:健美食と共に

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事