移民国家への変更は国民の信を問うべき!日本民族は消滅の危機だ!
スポンサーリンク



スポンサードリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

今回は出入国管理法の改正の成立で消滅する日本民族をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

 

12月8日未明にあっという間に国会で可決成立された出入国管理法の改正!

これは、報道を見ていても、大した準備も議論もなく審議が進み

可決してしまった。

 

この法案の根底にある大事で危険な事柄を

隠したままに、もしかして感じないままに

成立させてしまった。

 

新たな移民政策の始まり

人口減少という国民的不安を口実にして、世界各国の移民導入のおぞましい失敗例を見て見ぬふりをし、12月8日未明にあっという間に国会で可決成立された出入国管理法の改正(事実上の移民国家宣言)を私は横目に見て、あまりに急だったな、とため息をもらした。言論人としては手の打ちようがない素早さだった。

≪新たな民族対立に耐えられるか≫

私が外国人単純労働力の導入に慎重論を唱え出したのは1987年からだった。拙著『労働鎖国のすすめ』(89年)は版元を替えて4度改版された。初版本の当時は発展途上国の雇用を助けるのは先進国の責務だ、というような甘い暢気(のんき)な感傷語を堂々たる一流の知識人が口にしていた。この流れに反対して、ある県庁の役人が地方議会で私の本を盾にして闘った、と私に言ったことがある。

「先生のこの本をこうして持ってね、表紙を見せながら、牛馬ではなく人間を入れるんですよ。入ったが最後、その人の一生の面倒を日本国家がみるんですよ。外国人を今雇った企業が利益を得ても、健康保険、年金、住宅費、子供の教育費、ときに増加する犯罪への対応はみんな自治体に降りかかってくる。私は絶対反対だ」

この人の証言は、単純労働力の開放をしないとしたわが国の基本政策の堅持に、私の本がそれなりに役割を果たしていたことを物語っていて、私に勇気を与えた。私は発言以来、不当な誹謗(ひぼう)や中傷にさらされていたからである。

外国人は自分の欲望に忠実で、先進国に入ってくるや否や徹底的にそれを利用し、そこで出世し、成功を収めようとする。何代かけてもである。当然、日本人社会とぶつかるが、そのために徒党を組むので、外国人同士-例えば中国人とベトナム人との間-の争いが、日本社会に別の新たな民族問題を引き起こす。その争いに日本の警察は恐らく無力である。

日本国民は被害者でありながら、国際的には一貫して加害者に位置づけられ、自由に自己弁明できない。一般に移民問題はタブーに覆われ、ものが言えなくなるのが一番厄介な点で、すでにして日本のマスメディアの独特な「沈黙」は始まっている。

 

マスメディアは、この法案の根底にある危険を察知しているはずと

思われるが、その危険性をいっこうに報じなかった。

たぶん、日本が中国の傘下に入ることを、

社会主義か、共産主義の傘下に入りたい希望を持っている人々の

長年の夢がかなえられるとでも思っての事だろうか?

 

 

スポンサーリンク

悲惨な現実が日本国民を襲う?

≪大ざっぱな文化楽天論が支配≫

今回の改正法は国会提出に際し、上限の人数を決めていないとか、すべて官僚による丸投げ風の準備不足が目立ったが、2008年に自民党が移民1千万人受け入れ案というものすごく楽天的なプログラムを提出して、世間をあっと驚かせたことがある(「人材開国!日本型移民政策の提言」同年6月12日付)。中心は中川秀直氏で、主なメンバーは杉浦正健、中村博彦、森喜朗、町村信孝などの諸氏であった。外国人を労働力として何が何でも迎え入れたいという目的がまずあった。

これが昔から変わらない根本動機だが、ものの言い方が変わってきた。昔のように先進国の責務というようなヒューマニズム論ではなく、人口減少の不安を前面に打ち出し、全ての異質の宗教を包容できる日本の伝統文化の強さ、懐の広さを強調するようになった。

日本は「和」を尊ぶ国柄で、宗教的寛容を古代から受け継いでいるから多民族との「共生社会」を形成することは容易である、というようなことを言い出した。今回の改正案に党内が賛同している背景とは、こうした大ざっぱな文化楽天論が共有されているせいではないかと私は考える。

≪歴史の興亡を忘れてはならない≫

しかし歴史の現実からは、こういうことは言えない。日本文化は確かに寛容だが、何でも受け入れるふりをして、結果的に入れないものはまったく入れないという外光遮断型でもある。対決型の異文明に出合うと凹型に反応し、一見受け入れたかにみえるが、相手を括弧にくくって、国内に囲い込んで置き去りにしていくだけである。キリスト教、イスラム教、ユダヤ教、それに韓国儒教などの原理主義は日本に絶対に入らない。中国の儒教も実は入っていない。

「多民族共生社会」や「多文化社会」は世界でも実現したためしのない空論で、元からあった各国の民族文化を壊し、新たな階層分化を引き起こす。日本は少数外国人の固有文化を尊重せよ、と早くも言われ出しているが、彼らが日本文化を拒否していることにはどう手を打ったらよいというのか。

イスラム教徒のモスクは既に数多く建てられ、中国人街区が出現し、朝鮮学校では天皇陛下侮辱の教育が行われている。われわれはそれに今耐えている。寛容は限界に達している。34万人の受け入れ案はあっという間に340万人になるのが欧州各国の先例である。

四季めぐる美しい日本列島に「住民」がいなくなることはない。むしろ人口は増加の一途をたどるだろう。けれども日本人が減ってくる。日本語と日本文化が消えていく。寛容と和の民族性は内ぶところに硬い異物が入れられると弱いのである。世界には繁栄した民族が政策の間違いで消滅した例は無数にある。それが歴史の興亡である。(にしお かんじ)

 

日本人は寛容であり、どんな移民とも仲良く生活できると

考えていたとしたら、幼稚な人種になり下がったと言えるだろう。

これも、占領軍化で行われた、WGIPの影響と考えられる。

 

異民族が隣にきて悪さしても排除できない民族に

いつも間にか意識を変えられているのだ。

そんな中に、どっと移民が押し寄せてきたら

戦争どころではない!内部崩壊である。

 

最も怖い中国人の移民!

最近の統計では、総務省が発表した平成 28 年末現在における在留外国人数は,

238 万 2,822 人で,前年末に比べ 15 万 633 人(6.7 パーセント)増加し,

我が国の総人口1億2,693 万人(平成 28 年 10 月 1 日現在人口推計(総務省統計局))の

1.88 パーセントを占めており,

在留外国人数及び我が国の総人口に占める割合ともに過去最高となった。

 

その中で、中国人の割合は、 69 万 5,522 人で在留外国人全体の29.2 パーセントを占めている。

中国人は、日本の中にどんどん入って来ているのである。

すでに一部の地域では、日本語が通じない場所も現れていると言う。

 

そんな場所が出現しているにもかかわらず、日本の政治家はノー天気である。

外から、中国の軍事圧力で脅され続けている間に、

内部には着実に、中国人を送り込まれている。

 

それを歓迎しているかのような今回の法律の改正である。

日本人はこのままいくと民族としての終焉を迎えよう!?

中国は、その目的から、民族浄化は当たり前の政策としている。

 

すでに、チベットやウイグルでは、かなりの人民が拘束され

教育と称して、意識の洗脳が行われていると言う。

日本人もある時を境に、一気に中国になだれ込まれる時が来る。

 

その口実を今回、国民の信をえないままに、

安倍政権と、取り巻きの経済界はふたを開けてしまった!

この付けは、すぐに表れるだろう!

もはや、対抗手段はないかもしれない!



最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

関連ブログ:日々だより

関連ブログ:日々ぽかぽか通信

関連ブログ:健美食と共に

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事