スポンサードリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

今回は我が国がIWC脱退を正式発表して、

来年度より商業捕鯨の再開をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

 

9月のIWC総会で日本は商業捕鯨一部再開を提案したが否決された。

ここまで30年にも及ぶ調査結果を元に、鯨類ごとの生存数の

推測などを元に、一部のクジラについて、商業捕鯨は可能との

提案をしたが、反捕鯨国から相手にされなかった。

反捕鯨国はクジラは重要でなない

クジラは日本人にとっては重要な生き物である。

しかし、クジラに関心のない反捕鯨国は、いくら説明しても

理解できないらしい!

政府は26日、約30年ぶりに商業捕鯨再開を目指し、クジラ資源の管理を担う国際捕鯨委員会(IWC)からの脱退を表明した。年内に国際捕鯨取締条約を管理する寄託国の米国に通告し、来年6月30日の脱退が決まる。政府は来年7月から日本近海で商業捕鯨を再開する。1988年以来で、日本の捕鯨政策は大きな転換点を迎えた。日本の国際機関脱退は極めて異例で、豪州など反捕鯨国からの反発も予想される。

脱退は菅義偉官房長官が26日の記者会見で明らかにした。「官房長官談話」も発表し、「持続可能な商業捕鯨の実施を目指して、30年以上にわたり、収集した科学的データをもとに誠意をもって対話を進め、解決策を模索してきた」と日本の立場を説明した。脱退の理由は、反捕鯨国の「歩み寄り」が見られず「9月のIWC総会で鯨類に対する異なる意見や立場が共存する可能性すらないことが明らかとなった」とした。

菅氏は記者会見で、捕鯨支持国を念頭にIWCとは別に「将来的には新たな国際的な枠組みづくりも検討したい」との意向を示した。IWCは反捕鯨国が加盟89カ国の過半数を占める。近年は保護に偏って捕鯨国との対立が激化し、機能不全に陥っていた。9月のIWC総会で日本は商業捕鯨一部再開を提案したが否決された。
日本はIWC科学委員会にオブザーバーとして参加し、国際機関との連携は続けながら領海や日本の排他的経済水域(EEZ)で商業捕鯨を再開する。脱退に伴い、IWC加盟が条件となる南極海での調査捕鯨はできなくなる。

政府は25日の閣議で脱退を決めたが、公表していなかった。菅氏は記者会見で「関係国との調整を含め、諸般の事情を総合的に判断した」と説明した。

要するに、反捕鯨国はクジラはどうでもよいのである。

ただ単純に「かわいそう」的な発想でしかない

いつまでたっても理解し合えないだろう。

したがって、脱退は当たり前だろう!

 

スポンサーリンク

クジラは日本人にとって大事な文化だ!

我々日本人は長年クジラは大事な食料として捕えてきた。

町ぐるみでクジラととも発展してきたところは何か所もある。

また、クジラの料理を見れば、日本人がどれほどクジラを愛し

真剣に向き合って、その命をいただき尽くしてきたことがわかる。

 

本当に素晴らしい料理の数々を見ると、先人の思いが伝わってくる。

ここまで、見事にクジラの命を味わいつくしている民族はいないのではないのか、

ただ単に欧米では、かつては鯨油だけがほしくて、捕鯨していた。

 

 

あのペリー提督の来日も、捕鯨の為の基地づくりだった。

石油が開発されると、欧米ではクジラは見向きもしなくなった。

我が国では、大事な食料として、また工業用品としてすべてを

使い切る!命を大事にしてきた。

そんな日本人の大事な文化の一つがクジラである。

 

これを失うことは、先祖に対しての不貞行為ではないだろうか?

IWCを脱退して、クジラ文化を継続していってほしいものである。

 

反捕鯨は人種差別団体?

反捕鯨団体で有名な所では、国際環境保護団体グリーンピースを脱退したカナダ人、

ポール・ワトソンが1977年に設立した、シーシェパードがある。

反捕鯨に共鳴する欧米の資産家や著名人らに支援される一方で、

暴力的な手段をいとわない過激な活動を展開する団体である。

 

 

そのほかにも、WWF(世界自然保護基金)、IFAW (国際動物福祉基金)などがあるが、

いずれも日本の捕鯨に対して否定的な態度をとっている。

これには、白人主義の人種問題の側面もあるようだ。

動物の中で、鯨類だけ殺さず特別扱いをするという異常な行為は「動物差別」であり、

その根底は「人種差別」と結びつくのだ。

 

白人優位の考えが中心にあり、人種差別が当たり前とする考えである。

その為に、日本やアフリカの民族、特に少数の海洋民族に対する攻撃は

かなり過激に行われている。

それを支援している人たちも、人種差別主義を、白人優位主義を強烈には

表に出さないが多額の資金援助などで側面から支えている。

 

反捕鯨団体が人種差別の皮をかぶった団体なら、

その団体が集まって多大な影響を及ぼしているIWCでの

捕鯨再開は100年経っても無理で、

太平洋がクジラで埋め尽くされても反捕鯨を掲げる人たちである。

いまさら付き合う必要はないのだろう!

ゲットモール(株式会社NTTドコモ)



最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

関連ブログ:日々だより

関連ブログ:日々ぽかぽか通信

関連ブログ:健美食と共に

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事