スポンサードリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

今回は泥沼化している韓国のレーダー照射問題をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

 

2018年12月20日、韓国海軍軍艦が海上自衛隊の「P1」対潜哨戒機に

射撃管制レーダー(射撃レーダー)を照射した。

この事実は、この後公開された、海自の映像などで明白と思える。

 

しかし、ここへきても韓国国防省はその事実を認めず、

そればかりか、日本の海上自衛隊機が異常な接近飛行を行ったと

難癖をつけ、「陳謝せよ」と抗議している。

いったいどうして、ここまで韓国国防省はすぐばれる

ウソをつき続けるのだろうか?

 

韓国国防省の隠したい本質

■ 南北朝鮮の密接な行動は国際法違反の可能性

この3つが集まっている理由を考察すると、上記の漁船が、燃料不足になり漂流、その船から北朝鮮の本国に救助依頼を行った(漁民が乗る漁船は、連絡できる通信機を積載していない)。

その連絡を受けた北朝鮮の機関が金正恩政権に報告し、北朝鮮と韓国のパイプを使って、韓国の文政権に連絡、そこから国防省や海洋警察に連絡、それにより、2隻の艦艇が出動したものと考えられる。

北朝鮮漁船、北朝鮮工作機関、北朝鮮政府、韓国政府、韓国国防省、韓国海軍、韓国海洋警察の連携がないと、3隻が海上の同一ポイントに集合することはできない。

つまり、南北がかなり密接に行動していることがうかがえる。

さらに、映像から判断すると北朝鮮の漁船は沈没しそうな状況ではなく、エンジン故障か、燃料不足で浮遊していたように見える。

おそらく、燃料切れになっていた北朝鮮の漁船に、燃料を提供していた可能性がある。

このことを海自哨戒機に接近して見られたくなかったために、射撃レーダーを照射して、嫌がらせを行い、海自哨戒機を追い払ったのではないだろうか。

韓国がレーダー照射を否定し、海上自衛隊の哨戒機の行動を非難しているのは、これらの南北の動きを知られないために、韓国による問題のすり替えにほかならないと、私は考えている。

■ 韓国と北朝鮮の間にある密約

私は、北朝鮮と韓国の間に、密約がいくつか存在していると考えている。

文大統領が北朝鮮への制裁解除を求めるために、世界中を使い走りしていることからもうなずける。

密約の一つとして、日本海の中央付近で漁業活動する北朝鮮の漁船を、遭難した場合に韓国が守る。

さらに、北朝鮮の漁船に燃料を補給する。つまり、南北が、国連制裁決議破りを日本海の海上で行っていると見てもおかしくはない。

この事案を契機に、日本国がこれから行動すべきことは、日本の国益を守ることだ。

具体的には日本の経済水域を守ること、海上自衛隊は、北朝鮮の漁船を不法に入れないことだ。

また、韓国艦艇が救助と称して、北朝鮮の漁船に燃料を提供するという国連制裁決議違反をしていないかどうかを監視すべきだ。

韓国が何を言おうが、日本海の警戒監視を、引き続き実施することが必要である。

文在寅政権の韓国は、南北融和と軍事的合意事項の履行、反日活動の活発化、今回の事案などにより、日本や米国との友好国の立場から離脱し始めていると見てよい。

日本人や日本のメディアは、目の前の事象だけにとらわれずに、朝鮮半島で起きていることが、日本に脅威になりつつあることを改めて認識すべきだ。

日本と南北朝鮮との安全保障関係は、重大な変換点に来ていると言っても過言ではない。

西村 金一

 

韓国国防省の反論している映像には、海自哨戒機が韓国軍艦に異常接近したとする

場面が見えない。それでも、反論しているのは、

その本質を隠したい一心であろう。

 

スポンサーリンク

日本の安全保障の分岐点

これまで日本はアメリカとの同盟で安全を保ってきた。

同じく韓国もアメリカと同盟を結んでおり、その関係で

日米韓の三国は、中国やロシア、北朝鮮の脅威から

お互いに守られてきた。

しかし、ここへきて、韓国の文大統領の出現で状況が変わってきた。

文大統領は親北で、積極的に北寄りの政策を展開してきた。

国内でも、前政権を否定しかなり強引なやり方で、権力の

掌握をはかっているようである。

韓国で行われた、元徴用工の裁判の判決もその一環であろう。

大法院の長官が文大統領が任命したのだ。

それで出た判決である。

 

文大統領はそのほかに、慰安婦合意によってつくられた

旧日本軍慰安婦の被害者を支援する「和解・癒やし財団」の解散を行った。

このように、韓国はその体制を、親中国、親北朝鮮と

大きく舵を切ったように見える。

したがって日本もそれに対応していかなければならない。

朝に新聞をはじめとするメディアは、相変わらす、

日本は安全な国で、中国や北朝鮮と仲良くしろとの論調が

殆どである。

 

しかし、日本を取り巻くアジアの情勢は大きく変わってきている

この事をきちんと受け止めないと、今後の日本は

安全保障上の大きな危機を生むのではないか。

 

中国、韓国・北朝鮮と日本

中国はご存知の通り、その力で世界の覇権国になると宣言し

アメリカとの貿易戦争から始まり冷戦へと突入した。

 

トランプ大統領は、中国の覇権に異を唱え、貿易戦争を皮切りに

中国の危険性を世界に広め、ヨーロッパの国々を抱き込み始めた。

日本は、目の前に現れた巨大な中国にその対応をあやふやにしているが

このままでは、中国に飲み込まれるだろう。

 

ノー天気な知識層や、経済界も同じような物で、戦後も現在も

その安全保障を約束してくれている国、アメリカを忘れているようだ。

韓国は先の通り、北朝鮮と一緒になり中国になびいてきている。

日本は隣国に核兵器を持つ2つの国家と対峙しなければならなくなったのだ。

この事実を認めようとしない、日本人が多すぎると思う。

もうすでに、国防ラインは38度線ではなく、竹島-対馬-尖閣ラインだと認識すべきだろう。

だから、なお一層の海軍兵力の増強が必要となる。

これを怠っていると、いずれ日本海は、中国-韓国・北朝鮮に

奪われることになる。

 

一生懸命に中国に貢いでいる日本の企業は、いづれその技術のみならず

資本までも奪われ、中国企業の傘下に組み込まれ、

日本の富を吸い尽くして、中国の覇権に使われる。

本当に早く気が付いて、中国との対応を考えてほしいものである。

日本人そのものも、いつでもアメリカが守ってくれると思うのは

間違いである事に早く気が付いて、自分たちで日本の防衛をすることを

決断する時が来たと思うべきである。

日本人の力で日本をも盛ろうとした時、

アメリカは本当に応援してくれるだろう!



最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事