スポンサードリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

今回は韓国の共産化、北朝鮮化を迎え撃つことをお伝えします。

それでは見ていきましょう。

 

日本が現在取れるべき道!

日本政府は9日、韓国最高裁のいわゆる「元徴用工」の異常判決をめぐり、新日鉄住金側に「資産差し押さえ」が通知され、効力発生を確認したことを受け、韓国政府に1965年の日韓請求権・経済協力協定に基づく「政府間協議」の開催を要請した。朝鮮半島問題に詳しい朝鮮近現代史研究所所長の松木國俊氏が対抗策を語った。

「日本政府ではなく、民間企業を狙い撃ちにしている。和解や賠償金に応じれば、蟻の一穴となり、日本政府の『解決済み』とする立場も崩れてしまう。1ミリも譲歩してはならない」

松木氏は憤りを込め、こう力説した。

韓国最高裁は昨年10月、新日鉄住金に賠償命令を出す異常判決を下し、原告側代理人は昨年末、同社の韓国内資産の差し押さえを申請していた。文在寅(ムン・ジェイン)政権はこれを放置し、韓国の大邱(テグ)地裁浦項(ポハン)支部は8日、新日鉄住金の韓国内資産の差し押さえを認める決定を出した。

松木氏は「まずは国際司法裁判所(ICJ)へ提訴すべきだ。ただ、韓国が『被害者』を装って世界の同情を誘いかねないため、もっと日本の正当性を第三国にアピールすることも必要だ」と強調した。

日韓の請求権問題は、65年の協定で「完全かつ最終的に解決」されている。ただ、韓国側は「(徴用が)非人道的だから」として、日本企業側に賠償を要求している。

松木氏は「日本側も、韓国に置いてきた民間資産も請求すればいい。現在の金額で8兆円はある。『韓国が協定を反故(ほご)にするなら、日本側も主張する』と通告することも可能だ。加えて、朝鮮有事の際、在日米軍基地の使用には日本の許可がいる。『日本国民は国民感情として基地利用を許さない』と“懸念材料”として伝える手もある。韓国経済が厳しいなか、日本企業の総撤退も視野に、国際戦略を練り直さないといけない」と語っている。

 

韓国の文大統領政権は、日本との過去の問題を、取り上げながら、

実質的な解決方法を提示せず、ただ日本の悪い所をあげつらい

論点のすり替えを行うのに終始している。

 

これは、あくまでも国内用で、政権への批判をかわしているだけである。

本質は北朝鮮との迎合であり、中国の傘下に入るのが

最終目標である。それを、国際的に認めさせるために

今の活動がある。

日本は、今できうる最大の行動をとるべきである。

 

 

スポンサーリンク

韓国の民衆はいつの時代も奴隷みたいである

朝鮮の近代史で、日本が併合するまではおよそ

文明国とはほど等い所にあった。

この事は歴史的事実であるが、韓国国民は認められないようである。

 

そのこと考えると、日本人には理解できないことが浮かび上がる。

それは長い間、朝鮮民族を支配していた人々に行き当たる。

両班(ヤンバン=朝鮮王朝の貴族階級)である。

 

彼らは、中国の支配に惰眠をむさぼり、自国民を奴隷のようにして

国民の生活向上など全く無関心だった。

まるで国内植民地である。

 

そんな歴史を見ると、現代の北朝鮮は同じようなものだろう。

金正恩の共産主義の名のもとに、一部の特権階級に従事られた

国家であることは誰でも知っている。

 

でも同じようなようになっているのは、韓国も同じである。

民主主義、資本主義の社会のように見えるが実態はまるで違うように

見えてくる。それは、恨み文化と言うが、その恨みで

人民を政権批判から遠ざけ、一部の特権階級に富を集める制度になっている。

 

戦前の日本に似ている経済体制である。

少数の財閥が国家権力とむすび、富の集約をしていた。

そして、軍部とむすび太平洋戦争に突入した!

結果はご存知の通りである。

韓国もこの道をひたすら進み、違うのは、北朝鮮と

一緒になると言うことである

日本には、そんなことがありえなかった。

 

ここでも、韓国国民は、次の時代は北朝鮮の奴隷になる事が

約束されたように思える。

それを選んだのは、韓国国民だから笑えない!

 

もはや夢は終わった!

日本は先の大戦に負け、平和憲法とやら、憲法9条を押し付けられ

それを妄信する、学者を教育界に、GHQの圧力で押し込んだ、

選ばれた社会主義者の教育者が、大学の教育を専横し、現在の

教育界が出来上がった。

 

そして、下部組織と先鋭隊として日教組が出来、子供たちに

しつこく、平和憲法だと言って押し付けた。

結果、自国を守れない国民が大量に作り出された。

街角で「中国が攻めてきたらあなたはどうしますか?」と質問すると

アメリカに逃げると答えた人が多数だったようである。

家族の為に戦う!と答えた人はわずかである。

 

もはや日本人は、自分の家族すら守らない人民に骨抜きにされてしまった。

しかも、日本人の手によって!

だから、多くの日本人はそれでよいと思っているようだ。

これでは、いつ日本が滅んでもおかしくはない。

しかし現実はそう簡単にいかない!

アメリカも、日本を守ってくれるかわからない現実が

目の前に現れ、となりの朝鮮半島では核兵器を持った

国家が巨大になりそうである。

 

もはや、日本人の平和の夢は終わったのである!

現実の世界に引き戻され、その対応を

現実的に考え、高度すべき時にきている。

早く、現実的な対応に必要性が日本人全体に

いきわたることを祈る!



最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事