スポンサーリンク


スポンサードリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

今回は沖縄の港湾埋め立てについての、玉城知事の考えをお伝えします。

それでは見ていきましょう。

 

港湾埋め立ては経済的なら認可!?

沖縄県の玉城(たまき)デニー知事は16日、同県浦添市の松本哲治市長と県庁で会談し、那覇市の米軍那覇港湾施設(那覇軍港)を浦添市の米軍牧港補給地区沿岸に移設するための埋め立て計画について、経済波及効果など将来性を考慮すれば自然破壊はやむを得ないことなど3項目を確認した。

玉城、松本両氏はこのほか、新たな施設は「新基地」ではなく「代替施設」であることも確認。那覇軍港の浦添移設が「県内移設」ではなく「那覇港湾区域内の移動」であることでも一致した。

米軍普天間飛行場(宜野湾(ぎのわん)市)の名護市辺野古移設をめぐり、県は「新基地建設」として批判し、環境破壊や県内移設は認められないとしている。辺野古移設と浦添移設の違いについて、玉城氏は16日、記者団に「那覇軍港(移設)は那覇市、浦添市双方にメリットがあり、県全体の産業振興にもつながる」などと述べた。

那覇軍港の浦添移設をめぐっては、翁長雄志(おなが・たけし)前知事も容認していた。玉城氏が昨年10月に知事に就任したことを受け、松本氏が改めて3項目の確認を求めた。

 

このように、玉城知事は、港湾埋め立てで自然破壊するのを容認している。

これは、同じ軍事施設でも、経済的なら自然破壊は良くて

経済的でなければだめだと言う、環境破壊についての基準が

二通あると言うことか?

おかしくはないのか?

 

 

スポンサーリンク

普天間の住民の危険除去は経済的よりあと?

ここで私が感じるのは、自然破壊に同じ基地建設で

自分たちの思い込みで、賛成と反対になっていることである。

自然破壊を許さないなら、すべての埋め立てに反対すべきで

二重基準は受け入れないのではないか。

 

また、経済的発展を優先するなら、県民、地元民の意志を優先しながら

自然保護を最大限行いながら港湾埋め立てを行うことを

認めることだろう。

 

これで考えるなら、今回の玉城知事の判断には疑問が多い。

辺野古移設も、那覇軍港移設も同じ軍事施設の移設である。

どちらも、県民の経済的発展が見込める埋め立てではないか!

 

普天間基地の移設による返還は、どれだけの経済効果を生むのか!

それよりも、どれほどの市民の危険除去になるのか!

なぜ、那覇軍港移設と同じように考えないのか不思議である。

 

普天間の住民の危険は那覇市、浦添市の経済発展より

優先度は低いと言うのが、玉城知事の考えのようである。

普天間基地周辺の住民がかわいそうである。

 

港湾埋め立てと自然破壊

そもそも沖縄だけでなく、日本全国で行われている港湾埋め立て、

それはすべてが自然破壊である。

経済効果を理由に幾多の港湾が埋め立てられてきた。

 

東京湾、伊勢湾、大阪湾などにできた空港などは最も足るものだ。

それ以上に、日本の沿岸は埋め立ての歴史である。

そのたびに自然破壊は行われてきた。

 

沖縄もたくさんの港湾を埋め立ててきた。

沖縄の資源の最大は観光資源である。

しかもその大きな魅力は、きれいな海である!

 

その大事な資源を埋め立ててきたのは、沖縄本人である。

そこへ、環境破壊の2重基準を持ち込んで批判するのはどうだろうか?

その基準は、経済効果だと言う。

 

では、泡瀬干潟の埋め立ては大丈夫なのか?

泡瀬干潟は、固有種の生物もたくさん確認されている干潟である。

県は、惜しげもなくその生物を絶滅に追い込んでいる。

泡瀬干潟の生物

 

そんなことは、何の説明もせず、埋め立て反対派の意見も黙殺のようである。

しかも、泡瀬干潟で採れるアーサ(アオサ)は大事な産品であった。

その為、若者の就業も増えているところへ、干潟の埋め立てが始まったら

そのアーサ(アオサ)の生息・繁殖が激減したと言う。

工事による影響が大きいとされている?

 

せっかく若者の定着が増えたところへの減少で大打撃を受けていると言う。

このような経済効果は無視しているのが沖縄県である。

泡瀬干潟へは何ができるのか?

目玉は人工ビーチだそうです。

 

日本でも世界でも類を見ない生物多様性の干潟を埋め立てて

『人工ビーチ』を作る!この海に行く観光客はいるのだろうか?

沖縄の魅力は自然の海である。

人工のビーチにどれだけの魅力を感じて観光客が来るのだろうか?

私はいきたいと思わないが・・

 

辺野古の埋め立てを自然破壊として反対している、玉城知事以下の

沖縄県の住民は、同じ自然破壊の泡瀬干潟の埋め立ては喜んでいるのか?

同じ軍事施設を作るために埋め立てる那覇軍港移設

同じ自然破壊なのに、片方は反対で片方は賛成!

こんな二重基準は許されるのだろうか?

あるモデルが、辺野古埋め立ての反対運動をしている。

この人は、同じように、泡瀬干潟や那覇軍港移設の埋め立てを

反対しているように見えないのはなぜだろうか?

ただの売名行為なのだろうか?

それならしっかりと勉強してもらいたいものである。



最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事