韓国は歴史も自己都合で書き換える国!まともに付き合えない朝鮮人!
スポンサーリンク



スポンサードリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

今回は韓国・北朝鮮の国際条約への考え方をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

 

韓国や北朝鮮が日本や国際条約を反故にするのは、

朝鮮民族では当たり前の感覚なのだそうです。

我々には理解できない朝鮮人の感覚です。

 

歴史を書き換える国

「韓国は歴史を書き換えるので気をつけないといけない」。韓国の大学で歴史学を学んでいた日本人留学生から以前、聞いた話だ。

小倉紀蔵(おぐら・きぞう)京都大教授によれば、日本と韓国とでは歴史観がだいぶ違うという。小倉氏は「なぜ日本人は過去の糾弾をしないのかということを韓国人はよくいう。過去の糾弾というのは、儒教的な意味でいえば毀誉褒貶(きよほうへん)の『春秋の筆法』によって、どれが悪くて、どれが善かったという、必ず善悪の価値を付けて歴史を描くことをいう。そういう歴史観こそが文明だと思っている」(「心で知る、韓国」)と指摘する。

歴史の「立て直し」

春秋の筆法という言葉は、中国の孔子の編集による歴史書『春秋』に由来する。韓国でよく耳にする言葉に「ヨクサ パロ セウギ」というのがあるが、直訳すると「歴史の立て直し」だ。韓国版「春秋の筆法」といえるかもしれない。埋もれた真実を探り出すという側面もあるが、政権が代わると自分たちの都合のいいように歴史を書き換えるという面もある。

「歴史の立て直し」は日本人にはなかなか理解しづらいが、それ以上に驚かされるのが、過去に日韓間で結ばれた合意や協定が事実上“反故”にされることだ。慰安婦問題をめぐる2015年12月の日韓合意に基づき設立された「和解・癒やし財団」の解散問題やいわゆる徴用工訴訟の最高裁判決がそれだ。

「約束を守ることが正しい」とする日本人には到底許されない。だが、くだんの知人によれば、韓国人は約束を守ることよりも、その約束が韓国語でいう「オルバルダ(正しい)」かを重視する。韓国人は、この「オルバルダ」を基準に歴史もみているという。

ソウル在住の通訳者に聞いたところ、「オルバルダ」は「道徳的に正しい」「人間として正しい」といったニュアンスがあるという。

韓国人にとって、朝鮮半島の統治をはじめ元慰安婦や元徴用工の問題は「日本が人間として正しくないことをした」ために起きたということが大前提にある。

そこに「歴史の立て直し」が加わり、韓国には1910年に締結された日韓併合条約も、65年に結ばれた日韓基本条約も「無効」という考え方がある。

 

このように、日本人や国際感覚とは相いれない感覚の持ち主が

朝鮮人なのである。

日本人との過去の条約も、現代で見れば悪い条約となれば

いつでも反故にできることになる。

こんな身勝手ななのが、朝鮮民族国家である。

 

スポンサーリンク

歴史は勝者が書き換える!?

よく言われることだが、戦いによって勝った者が、その地域の

国家をも含めた歴史を、自分の都合の良いものに書き換えて歴史書にする。

これは、古今東西行われてきたことである。

 

しかし、戦争中ならいざ知らず、平時に自国の先人が結んだ条約を

反故にし、ひっくり返す国家はない。

不利益条約も交渉により改正されていくものである。

 

もし仮にこのようなことが起きれば、その国家はどの国からも

相手にされないばかりか、通常の国家として認められないことになる。

最近の韓国がまさにそれだろう!

 

このままいけば、韓国は相手にされない国家になる。

しかし、現在の文政権はそれを狙っているようにも思える。

国際社会から反発されながら、北朝鮮の金正恩に

呑み込まれたいのでろう!

そして、朝鮮半島に核武装した北朝鮮をそのまま存続させたいのではないのか?

そんなことを考えてしまうこの頃である。

日本が応対すべき事

政府や関係機関は、国際社会において、この韓国のやり口を

国際世論に発表し、その異常さを示す必要がる。

韓国はこれまで日本以上にアナウンスが長けていて

多くの嘘を広めてきた!

特に、慰安婦や、竹島も事など、韓国の言い分の方が

国際社会では信じられている面が多い。

 

日本政府はここまで、あまりにも国際社会での情報の大切さを

無視してきた、その付けが今現れている。

今からでも遅くない、徹底的に情報戦を行うべきである。

正しい情報だから信じてもらえる!そんなことはない。

 

国際社会での情報戦は、正しいか正しくないかは、学術的なことではなく、

支持されるか、されないかである。

このところをきちんととらえて、最大の行動を起こすべきだ。

また、韓国に対しては、もう付き合うことは控えるしかない!

日韓併合以来、日本人の血税をいくらつぎ込んでも、

感謝どころか、ゆすりたかりの性格は変わらない。

 

もう突き放して、適当に付き合えばよい。

政治も経済も韓国抜きで立て直しを図る時が来た!

特に、国防に関しては早急に計画の練り直しをする

必要がある!





最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事