スポンサードリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

今回は玉城デニー沖縄県知事と在沖縄米軍トップの

スミス4軍調整官との会談をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

 

沖縄県の玉城(たまき)デニー知事は23日、県庁で在沖縄米軍トップのスミス4軍調整官と会談し、「私たちは反米でも反基地でもない。私たちがあらがっているのは政府のやり方だ」と述べた。一方で「普天間基地の閉鎖・返還も辺野古の新基地建設を断念せよという思いも、この島で平和を求める形として表に出している」とも述べた。

玉城氏は「私は海兵隊員だった米国出身の父親と沖縄出身の母親の間に生まれて米国系系沖縄人だ」と自己紹介した。また「米軍は英語教育、スポーツ交流、清掃ボランティア活動など地域と連携して活動している。そのような活動は評価している」と述べた。

一方、沖縄県に在日米軍専用施設が集中していることについては「我慢の限度は超えている」と批判した。米軍嘉手納飛行場(嘉手納町など)でのパラシュート降下訓練を中止するよう求めたほか、事件・事故が発生した場合の地元自治体に対する通報体制の見直しも求めた。

スミス氏は「降下訓練や飛行訓練は沖縄県民の安全に配慮して行う。私たちは日本の安全保障のために常に準備している」とも強調した。

 

このように、スミス4軍調整官との会談をしているが、

確か、先の知事選で連呼していた、玉城氏を応援する陣営は、

反米、反基地を大々的に連呼していたようですが?

知事になったとたんこの発言はどうかなと思ってしましますね。

 

スポンサーリンク

なぜ普天間の危険除去を急がないのか?

玉城知事は反米、反基地ではないと言っているが、普天間の移設先は

辺野古しかないというのが、米軍の一貫した考えである。

その米軍に反対でなければ、早く辺野古への移設をすすめるべきではないのか?

反米、反基地ではないというなら、早く普天間基地の危険除去を優先させるのが

沖縄の県民の為ではないのか?

 

 

知事は、政府のやり方が悪いと言っているが、難癖をいろいろ付けて

辺野古移設を妨害しているのは沖縄の県庁をはじめとする

反日団体の人たちではないですか?

 

その多くの人たちのメンバーは、昔の学生運動を思い出させたり

革命思想を唱えなたら振っていた旗を振り替えせていたりと

そんな方々に見守られて選挙運動や、デモ行動をしている

人々と同じように見える。

だからなのか、玉城知事は言葉では、反米、反基地ではないと言いながら

辺野古移設を反対し、妨害している人々に賛同し応援している。

これって、反米、反基地でしょう!

 

スポンサーリンク

玉城知事の二枚舌が混乱させる?

沖縄に多くの米軍基地があり、沖縄県民に多大な負担をかけている事は理解している。

だからこそ、日本のほかの地方の人々は沖縄の県民に尊敬の念を持っている。

また、多くの人は沖縄の人の思いを受け止めようともしている。

 

しかし、沖縄に軍事基地の多くが集中するのは、その地政学上当然だろう。

日本の命運を握る資源の運搬は東南アジアの海を越えてくる。

その最先端が沖縄地方なのである。

 

これは、今も昔も変わらない。これからも特別なことがない限り

変わることがないだろう。

だからこそ、そのシーレーンを守るために多くの基地が配備されているのである。

しかも、沖縄地方はますます重要な位置づけになり、基地の建設は

増えるだろう。これは、中国の脅威が飛躍的に増加しているからに

他ならない。

そんな中での玉城知事の、反米、反基地ではない発言は不思議である。

あれほど、反米、反基地を選挙戦で訴えていたのに!

もうさすがに、二重基準、二枚舌としか思えない。

 

玉城知事は親中で早く中国傘下に入りたい?

ここまでの玉城知事の行動は、翁長前知事の行動を踏襲したものと言えよう。

本人もそのつもりのようである。

そうならば、翁長知事が目指した、沖縄の中国化も受け継ぎ

その目標に向かって走っていくと考えられる。

沖縄の玉城知事陣営は同じような考えのようである。

 

すでに、玉城知事の思いなのは知らないが、沖縄はかなりの部分

中国資本に買い占められているようである。

この事は、県庁はあまり発表していないようであるが?

民間の売買に関しては、違法性が無ければ、どこの資本が

沖縄の不動産取得に文句を言う訳にはいかない。

しかし、沖縄の中国化が進むのに反対なら、状況を報告し

沖縄県民の意見を聞くべきではないだろうか?

反米、反基地を唱えている間に、その基地の周りの土地は

親中の物になっているなど、笑えない事実が出なければよいが?

玉城知事陣営にしてみれば、親中で沖縄が中国の冊封体制に入りたいので

現実の不動さん取得や、沖縄県下で進む、中国人の進出を知られたくない

はずで、黙ってみているのだろう。

 

気が付いたら、沖縄は中国浙江省の一部に組み込まれてしまった

事にならなければよいのですが・・・



最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事