韓国の対日非難に早急の制裁を!貿易は邦人保護の為引き揚げを!
スポンサーリンク



スポンサードリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

韓国の対日非難が止まらない。

日本は早急に制裁発動の検討をお伝えします。

 

文政権になってから、韓国の日本批判が止まらない。

止まるどころか激しさを増してきている。

事の真偽はどうでもよくて、何が何でも

日本を非難し続けるという姿勢だ。

 

韓国への制裁もやむなし!

韓国国防省が、海上自衛隊の哨戒機が東シナ海で韓国海軍艦艇に威嚇飛行をしたと非難し、再発すれば「軍の対応規則に従って強力に対応する」と警告してきた。

防衛省は、海自機が国際法や国内法に従って適切な飛行をしていたと反論した。

韓国海軍駆逐艦による日本海での海自哨戒機への火器管制レーダー照射問題では、防衛省が証拠を示しても韓国はしらを切り、海自機が韓国艦を威嚇飛行したという虚偽の話を持ち出して日本に謝罪を求めてきた。

韓国国防省は、今回の哨戒機だとする画像などを公表したが、これらを見た岩屋毅防衛相は、韓国側の主張を改めて否定した。

韓国側が、「強力に対応する」と海自機への武力行使をちらつかせたことこそ威嚇であり、まるで敵国に対する態度である。到底容認できない。

北朝鮮の核・ミサイルの脅威を前に、自衛隊と韓国軍は本来協力すべきだ。それを念頭に日本がレーダー照射問題に冷静に対応しようとしたが、善意は韓国には通用しなかった。

韓国の康京和外相は、河野太郎外相との会談冒頭、「威嚇飛行」について「大変閉口し、遺憾に思う」と切り出した。

河野氏が反論したのは妥当だが、それだけでは十分ではない。レーダー照射について謝罪や再発防止を強く求めるべきだった。外交当局の本領を発揮するときであり、今回の言いがかりにも証拠に基づく反論をしてもらいたい。

このままでは、通常の警戒監視活動にあたる自衛隊機と隊員が危険にさらされ続ける。それでも日本の安全保障に必要な警戒監視活動を控えることはできない。再発防止は急務だ。

外相会談では「徴用工」訴訟の問題も平行線をたどった。日韓請求権協定に基づき日本が求めた協議に韓国側は応じなかった。国交の基盤が揺らいでいる。

いずれも、国際ルールや日本との友好を顧みない韓国が招いた事態である。

戦後日本は、韓国との対立を事なかれ主義で収めようとして失敗を繰り返してきた。その反省なしに漫然と対応すれば、さらにひどい事態を招きかねない。韓国に翻意を促すため、政府が対韓制裁の検討に入るのもやむを得ない段階となった。

 

このように、自民党内では、韓国への制裁決議を中心に

議論が進んでいるようだ。

でも、ただの制裁決議だけでは、非難合戦になるだけで

韓国の思うつぼではないのか?

もっと実効ある制裁が良いと思うのだが。

 

 

スポンサーリンク

韓国は日本批判で国内の関心を外に向けている

韓国のこれまでの多くの政権がしてきた以上に

文政権は、対日非難を強引に進めている。

韓国では、政権が国民の支持を失いかけると、反日非難を

繰り返してきた。今回もその一環のように見えるが、

実はもっと大きな問題隠しをしているようだ。

 

韓国内で進む、北朝鮮化=社会主義革命を隠すためである。

最近の韓国の報道は、政権批判を出来ずらくなっているようである。

政権を批判すると、当局から睨まれ、捜査の対象にすらされそうなのである。

まだに、全体主義に突入の感じがする。

これも韓国人が選んだ道であるが、政権が全体を掌握するまで

続くのだろう。

すでに、文政権は、司法と行政(国会)を抑えた。

警察権力も手に入れた感がある。

あとは、メディアで世論捜査である。

 

現在はそれが進行中と見るのが正解かもしれない。

この事を隠すために、対日非難をとどめもなく行っているのである。

日本は、これにのせられずに、独自の制裁を考えるべきであろう。

 

まずは邦人保護と防衛力増強

元徴用工の判決を見ても、韓国は北朝鮮と一緒になって

日本のあらゆる資産を狙ってきている。

その為には、韓国内の日本の企業の資産を出来るだけ早く引き上げ、

邦人もできるだけ引き上げて安全に勤める必要がある。

 

企業に勤める日本人は、人質にされかねない。

北朝鮮がかかわると、最初に考えなければならないだろう。

その後は、貿易量を減らして、最小限度まで縮小を図ることである。

それを実行しながら、日本海沿岸の警備力の増強に努めるべきである。

日本海側の離島へは確実に見張りを置けるように整備を進め、

出来れば、自衛隊の駐屯も必要になろう。

 

安全ラインは、竹島ー対馬ー尖閣となり

特に対馬には強力な軍事力の配備が必要となる。

また、日本海沿岸に押し寄せる、韓国の難民への配慮も必要となる。

いずれにしろ、早く手を打つべきであろう。

朝鮮半島は確実に北朝鮮化しているのだ!



最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事