スポンサードリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

今回は韓国の文政権が目指す朝鮮半島の統一へむけての

日本の対応をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

 

最近の韓国の行いは反日を通り越している。

完全に朝鮮半島統一国家を目指しているようである。

しかも、韓国が北朝鮮を受け入れるのではなく

韓国が北朝鮮の金正恩の傘下に入るという構想のようである。

 

西側からの脱却の文政権

韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長の天皇陛下への無礼な発言を

指摘して謝罪を求めた河野外務大臣に、会談した韓国の康京和外相は

この会談で、河野大臣の発言はなかったと報じた。

【ミュンヘン=力武崇樹、ソウル=名村隆寛】河野太郎外相と韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相がドイツ・ミュンヘンで15日(日本時間同)に行った会談をめぐり、韓国外務省当局者が慰安婦問題に関する文喜相(ムン・ヒサン)国会議長の発言について「日本側から言及はなかった」とコメントしたことについて、日本政府関係者は「河野氏が会談で韓国側に明確に抗議した」と否定した。

日本政府関係者によると、河野氏は会談で、かつて韓日議員連盟会長も務めた文氏の発言に触れ「韓日議連が(日韓関係を)支えていると思っていたので非常に驚いた」と指摘した。その上で康氏に「適切に対応してほしい」と述べ、文氏の謝罪と発言撤回を求めたという。

会談後、日本外務省は記者団に「河野氏から改めて日本の立場を伝えたが、康氏からは何の発言もなかった」と説明し、同じ内容を同省のホームページでも発表した。

ところが韓国外務省当局者は16日「事実とは違う」と反論。「今回の外相会談でこの件(文氏の発言)に関する日本側の言及はなかった」とコメントした。

慰安婦問題をめぐっては、平成27(2015)年の日韓合意で「最終的かつ不可逆的な解決」を確認し「互いに非難、批判することは控える」と約束した。文氏の「慰安婦問題の解決には天皇の謝罪が必要」「(天皇陛下は)戦争犯罪の主犯の息子」との発言は合意に反しており、韓国政府の適切な対応が求められている。

 

もはやまともな議論をしようという気持ちが見えない。

韓国は反日どころか排日になって来ている。

もう日本との関係はいらないとみてよいだろう。

 

スポンサーリンク

日本は単なる金づる

韓国の動きに合わせて北朝鮮も日本に賠償を求めてきた。

韓国とは1965年6月に日韓基本条約が締結されているが、北朝鮮との間には

何の条約も交わしていない。

 

これは、北朝鮮を合法国家と認めていないからである。

だから、先の戦争についての賠償交渉は何も行われていないことになる。

これを理由に北朝鮮は、韓国に支払った賠償金と同等の補償を求めてくる

事は想像につくしそうするだろう。

 

これを中心に北朝鮮と韓国は、慰安婦問題や、元徴用工問題も

保障の対象にして、日本から補償金を取るつもりだろう。

完全に日本を金づるとしか見ていないのである。

これも、今までかっこつけて、日本を売り続けた政治家や

メディアのせいであろう。

 

ここにきて、日本の針路をどうするか、国民が問われている事を、

自覚すべきだろう。

 

核兵器保持の朝鮮半島に備える!

今の文政権の動きをみていると、アメリカと北朝鮮の非核化の交渉が

何とかまとまり、休戦状態から終戦宣言を出させたいようである。

そうすれば、在韓米軍は引き上げることになり、親中朝鮮国が

誕生することになる。しかも北朝鮮の核兵器は温存したままである。

 

今の国会議員は韓国の動きを楽観視して危機感を表明していない。

現在開かれている国会においても、この点を質問する議員は皆無である。

ここまでの文政権の行動は明らかに排日で北朝鮮との統一を目指していると

とらえたほうが良いと思うのだが、素人の思いではどうにもならない。

 

これまでの韓国政権は、自分の政権基盤は保持するために反日をあおってきた

しかし今回の文政権は違っている。

明らかに排日で、統一国家を目指して走り出している。

それが、元徴用工の判決であり、慰安婦合意の破棄である。

また、天皇陛下への無礼な言動でもある。

もはや、まともな同盟関係の政治家の言動ではない、宣戦布告前夜

行動のように見える。

 

 

 

それを覚悟して、文政権は対日行動をとっているのだ。

日本は早々に備える必要がある。

敵は核兵器を持った朝鮮半島国家である。

アメリカ軍が全面に立つ戦争ではない。

 

日本と朝鮮半島政府軍との戦いである。

これまでの歴史で最も過酷な戦いとなろう。

日本は早々に憲法を改正し、核兵器の開発の議論を

始められるようにしなければ、いずれ朝鮮半島の

統一国家の軍門に下ってしまう。

 

それこそ悲惨な結果が日本人を待ち受けている。

朝鮮人の残忍さは歴史が証明していることを

思い出す時なのだ!

日本人よ早く備えよう!

国会議員よ早く国防議論を始めて

憲法の改正をすすめよ!








最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事