「悪夢のような民主党政権」の鳩山元総理がノー天気ツイート!?
スポンサーリンク



スポンサードリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

今回は安倍総理が自民党大会で、悪夢のような民主党政権と言ったことへの反論が、

鳩山由紀夫元首相からあったことで盛り上がっていることをお伝えします。

それでは見ていきましょう。

 

鳩山由紀夫元首相のノー天気ツイート!

安倍総理の「悪夢のような民主党政権」へのツイート


本当に悪夢でしたね。

今の普天間基地の移設をダメにした張本人ですね!

沖縄は辺野古でもめているうちに中国に買われていますよ!

 

スポンサーリンク

悪夢だったので国民がそっぽ

鳩山元総理の悪夢の事件はやはり普天間基地移設だろう。

世界一危険な基地と国民も日米の関係者も認めていて、それを回避するために

自民党政権が、アメリカとの交渉で辺野古移転を決めた!

それをひっくり返したのが鳩山総理である。

鳩山由紀夫元首相(72)が21日、ツイッターを更新し、安倍晋三首相(64)に猛反発した。

安倍首相は10日の自民党大会で、かつての政権交代について触れ「悪夢のような民主党政権」と発言した。

旧民主党勢からもブーイングが飛び交う中、当事者の鳩山氏は「自民党大会で安倍首相が悪夢のような民主党政権と呼んでくださったような。菅、野田政権はさほど悪夢ではなかったかも知れないが、初期の民主党政権は米官業政電の癒着や派生する無駄遣いを排除しようとしたので、そう思われても当然だと思う。今一度彼らにとって悪夢の時代に戻さねば国は滅びる」と怒りを込めてツイートした。

鳩山氏、菅直人氏(72)、野田佳彦氏(61)と続いた民主党政権。

その中で、自民党に最も脅威を与えたのは鳩山氏自身と強調したこのつぶやきは瞬く間に大きな反響を呼び、賛否両論が相次いだ。

「これは鳩山さんにしか書けない良いツイートですね!」

「鳩山さんの目指した社会は彼らにしたら悪夢だったかもしれないが日本国民の未来を照らす唯一の道だった」

「普天間飛行場移設の混乱も悪夢でしたよ」

「当事者やったはずやのに、本当に能天気なコメントしますな」

約3年の民主党政権は当初、国民の期待を受け、華々しくスタートした。さまざまな改革に取り組んだものの、鳩山氏による沖縄の普天間基地移設問題での公約違反、失政により、菅内閣にバトンタッチしたころには支持率が大きく低下した。

鳩山元首相「悪夢の民主党政権」発言に激怒「今一度彼らにとって悪夢の時代に戻さねば国は滅びる」

 

<辺野古前での座り込み!問題の張本人なのにこの行動はまさに悪夢!?>

 

最低でも県外!と出来もしないことをでっち上げ、当時の県民に与えた

一時の夢が、その後のとん挫で、悪夢となった事はみんな知っていることだ。

それが尾を引いて現在の辺野古基地移転問題いなっている。

 

とっくに解決している問題だったはずなのにおかげで

沖縄県民は3重、4重の苦痛を味わっている。

これを悪夢と言わづして何を言うのだろう?

 

現在も辺野古移設問題は県民投票までもつれさせていることを

どう思っているのだろうか?

ここまでひどい総理は過去にいたのだろうか?

 

 

悪夢を認めない旧民主党議員も悪の議員?

旧民主党政権の目玉に、消えた年金問題があった。

厚労省の保険庁が勝手に国民の年金を使い込み、納入した年金の

個人の特定ができないなどずさんな管理が暴かれ、年金制度の

改革になった?

また行政の役人が勝手に政府の予算を無駄遣いしているとして

改革を始めたが、これもたいした成果もなく沈没してしまった。

特に予算関連で行った事業仕分けなどは、国力向上や、景気浮揚には

全く役に立たず、国民に大きな失望を与えた。

 

一番でだめなんですか?は、科学技術を知らない蓮舫議員の茶番に終わった。

あれ以来、日本のスーパーコンピューターが世界一になる事はない!

それから数年、旧民主党は国民の支持を得られず、自ら解体した。

これが、旧民主党政権が悪夢だったことの証拠であろう!

 

しかし、そのことに気付かない旧民主党議員がいかに多いか!

野党となった議員の国会質問は、本当に国会議員をやめてほしいものだらけである。

立憲民主となんて韓国の問題すら論評しない!

どこの国の国会議員か間違うばかりである。

世界は激しく動いている!

 

特に政治の世界は、第2次大戦前夜のごときではないだろうか!?

中国とアメリカが覇権を争って、経済戦争に入っている。

いったい、旧民主党の議員はこの危機をどう思っているのは

まったくの不明である。

国会議員の第一の仕事は、日本の領土と国民を守ることである!

その為の質問がないことは嘆げわしい!




最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事