海外旅行のお金管理はコレ↓

スポンサードリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

今回は韓国では反日のオンパレードである。大統領、司法、そして立法の

文議長の言動についての日本の国会議員の対応をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

 

 

韓国の三権の反日の実態は?

もともと反日の文政権、その発足以来、いろいろな形で示されてきた。

そして、司法による、日韓請求権協定に違反しての、元徴用工裁判での判決、

そして、文喜相(ムン・ヒサン)国会議長による天皇陛下謝罪発言である。

 

日韓関係は、2月に韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長(74)が「慰安婦問題の解決には天皇の謝罪が必要」と発言したことで、出口がまったく見えない最悪な状況に陥った。政府は文議長に謝罪と撤回を求めているが、文議長は開き直る有様だ。産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)の2月の合同世論調査でも、8割以上が文氏に発言の撤回を求めたが、カウンターパートナーとなる日本の国会は反応をしない。このままなら、韓国に誤ったメッセージを送ることにならないか。

韓国の「三権」がそろって反日

「韓国にも一応、三権分立があると言われているが、これで三権すべてが『反日』を鮮明にしたことになりますね」

文議長の発言が飛び出した数日後、ある自民党議員の政策秘書はこうつぶやいた。

三権のうち、司法の「反日」は昨年10月、いわゆる徴用工らをめぐる訴訟で、韓国最高裁判所が日韓請求権協定に違反する形で新日鉄住金に賠償を命じる確定判決を出したことだ。

行政の「反日」は、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が最高裁判決で生じた国際法違反状態を是正せず、司法判決を尊重する立場を示したことや、韓国駆逐艦による海上自衛隊P1哨戒機への火器管制レーダー照射をめぐる一連の韓国側の対応を指す。

これに加わったのが「立法による反日」としての文国会議長の発言だ。

 

ますます反日がエスカレートする韓国社会!

反日無罪の思想を植え付けている韓国教育、そう思うと

韓国の反日行動はおさまらないだろう。

 

 

スポンサーリンク

日本の反応は?

この韓国の反日行動に対して、それぞれの立場で、遺憾の意を表すが、

いつもの同じ光景であるように見える。

形だけに見えてしまうのは私だけだろうか?

そして肝心の国会議員は何の反応もしない!

これはいったいどういう事か?理解に苦しむ。

日本を貶める発言に国会はなんの反論もしないのである。

与野党の国会議員がそろってである!

 

天皇陛下までも反日の道具に使われ、何の反応もしない国会議員なんて

ただあきれる場合である。天皇がここまで言われたことは、国民全員を

貶めた事と同じである、国民を守る国会議員は何をしているのだろうか?

すでに日本人の約8割が嫌韓感情を抱いており、もはや関係改善など

あり得ない状況に追い込んだのは、韓国そのものである。

 

しかも、韓国国民ではなく、三権の長の発言である。

もはや、決別を言い渡している!馬鹿にしているのである。

それでも黙っていれば、何を言っても日本は反論しない!

そう思うのは、当たり前である。

現在の国会議員の資質を疑いながら、選んだ国民の馬鹿さ加減を

嘆いている。

 

すべてが平和ボケのなせる業だろうか?

代償が多すぎる日が来るのではないだろうか?

 

反論しないと意見が固定する国際ルール

日本人は何かもめごとがあると、何とか穏便に過ごそうと思う民族である。

だから、国際社会でもそうしようと行ってきた。

しかし、これは日本の中にだけ通用することである。

 

国際社会の中では、自分の反論をしないと、相手を受け入れたと思われる。

これまでもたくさん事で不利益をこうむってきた。

慰安婦問題も、南京大虐殺も靖国参拝もスタートは朝日新聞で

それを韓国や中国が使った、それへの反応を日本は行わなかった、

反論が弱かった、その結果が今日である。

 

また今回も、韓国の三権の反日を黙っていると、韓国はますます

反日の表現をエスカレートしてくるだけである。

大々的に正論を展開すべきである!

そうしなければ、いつまでも、韓国のゆすりたかりに付きあわされる

ハメになる。大きな声で反論をしよう!












最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事