韓国歴史の捏造と世界拡散の行為!負けずに日本も世界でアピールを!
スポンサーリンク

 海外旅行のお供に↓

スポンサードリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

今回は韓国が世界で拡散する日本のデマをお伝えします。

それでは見ていきましょう。

 

反日を世界に拡散する韓国

慰安婦問題の象徴として少女像が日本大使館前に設置されてから

韓国は世界中の国や地域に拡散して、少女像を立てている。

国連の場所でも大々的にアピールするのは国策なのである。

遇されていた徴用工
そんななか、韓国にとっての「徴用工の不都合な真実」を訴えるのが、韓国の大学で教鞭を執る「落星台経済研究所」の李宇衍(イウヨン)研究委員である。

「たとえば、長崎の江迎炭鉱で、44年5月に韓国人の運炭工に対して支払われた月給は140円前後。採炭工では更に高く、これらを均すと、当時の日本の大卒初任給の2倍ほど、韓国国内で働く教師の3・7倍に相当します。奴隷のような扱いだったというのは全く間違い。同じ炭鉱で働く日本人の基本給と比べて若く体力のある韓国人の方が高いこともありましたし、積立金や年金のシステムも用意されていたのです」

契約期間は2年で、それが経過すれば咎められることなく帰国できた。

「強制徴用に切り替わったのは44年9月からその後の半年間ですが、この間の給与は10%アップしています。韓国政府はデータに基づいた歴史認識をしなければならないと思います」(同)

先に触れた増殖中の徴用工像についても、

「この像のモデルとなった少年は、韓国に全く関係がありません。26年9月、奴隷のように働かされた日本人少年が旭川の新聞で報じられており、この件を誤用しているのです」(同)

歴史が曲学阿世の徒に歪められる悲劇……。

武藤氏が語る。

「私が在大韓民国特命全権大使を務めていた李明博の時代には、これほどまでの反日運動はありませんでした。赴任中の2010年、韓国併合100周年の時期に韓国に渡った際、空港で取材が殺到するのではないかと身構えていたことがあります。実際に記者が大勢集まっていたのですが、彼らは日本のアイドルグループがコンサートのために韓国へ到着するのを待っていたのです。今回、国民はあくまで文大統領が騒ぐから乗せられているだけではないでしょうか」

「もっとも……」と加えて、

「文大統領の横暴を許していいかというと、そんなことはありません。今後、彼は世界中で反日キャンペーンを展開するようです。日本に言ってもラチが明かない、ということで国際社会を味方につけようとしている。これはとんでもない行動ですから、日本は徹底的に反論し、国際社会に対してもアピールすべきです。例えば、文大統領が北朝鮮の制裁破りに加担していることを批判するという方法もあるでしょう」

厄介すぎる“隣人”が拡散する「反日」のカラクリはかくの如くであった。

「週刊新潮」2019年3月7日号 掲載

徴用工像が“増殖中”も… じつは厚遇されていた? 韓国にとっての「不都合な真実」

 

慰安婦の次は徴用工である。

実際がどうだったかなど問題ではないのである。

韓国は世界世論が見方につくまでアピールし続ける!

 

スポンサーリンク

日本人が広げる反日

慰安婦問題の発端は朝日新聞の記事からだった。

嘘八百を並べた記事を書きたてて、日本と日本人を貶めた。

朝日新聞の後は、共産党や旧社会党も問題にした。

そして、あろうことか自民党の元河野洋平幹事長までもが

認める発言をしてしまった。

 

正確な調査もしないで、元慰安婦の言う事を真に受けての発言だった。

あとからの調査で、事実と違うことが発覚しても、何の反省もしていない

厚顔無恥の河野氏である。

今でも、反省の色もない。

 

また朝日新聞は、吉田清治氏が書いた記事が元になっている。

この記事はフィクションだとわかって、朝日新聞が発表したのは

近年になってからである。

もはや、元慰安婦は反日の象徴にされ、かなりの金額を取られているが

まだ終わりではない。終わらないのが韓国流である。

 

このように、韓国や中国の反日は日本人が言い出しっぺになっている。

それを題材に攻め込むと、戦争自虐に陥っている日本人はすぐに

謝って金を出す。

 

体よくゆすりのネタを日本人からもらい、その通りにゆすったらお金を

もらえた、味を占めて、世界中に拡散している。

南京対虐殺しかり、元徴用工しかりである。

本当にアメリカはとんでもない時限爆弾を仕掛けたものである。

 

 

ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム

(英語:War Guilt Information Program、略称:WGIP)とは、

文芸評論家の江藤淳がその存在を主張した、太平洋戦争(大東亜戦争)終結後、

連合国軍最高司令官総司令部(GHQ/SCAP、以下GHQと略記)による日本占領政策の一環として

行われた「戦争についての罪悪感を日本人の心に植えつけるための宣伝計画」ある。

ウォー・ギルトと略されることもある。
<ウィキペディア>

 

 

いまだにこの呪縛から抜け出れない日本人である。

このままだと、日本人は消滅するだろう!

 

反日の世界拡散には対抗するしかない

韓国の世界拡散のプログラムに対抗するのは、それ以上のプログラムで

対抗するしかない。歴史的事実などはなんの役に立たない事を肝に銘じて

韓国の間違いを論破して、それ以上の韓国の恥部を広めるべきだろ。

 

韓国で大々的行われた、3.11独立行事!

これとて、本当の独立運動ではない、

ただの暴動である。この事も大いに世界で広めればよい。

そして、アジアで唯一戦わないで独立した国家だと強調すればよい!

アメリカの勝利で、棚ぼた式に独立できた韓国を

大いにアピールしてあげればよいだろう(笑)












最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事