↓ドライブレコーダーはここから↓

スポンサードリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

今、日韓の間で報復論争が起き始めている。

今回は報復反対派についてお伝えします。

それでは見ていきましょう。

 

韓国に長い間住まわれ、「ソウルジャパンクラブ」の理事長を務めた

高杉暢也・元韓国富士ゼロックス会長は報復反対派のようです。

 

スポンサーリンク

報復は日本にも大きな影響がある

「両国の経済は複雑に絡んでいるため、そのシステム自体を破壊すれば被害額は莫大になる」。

韓国国内の日本企業関係者で構成される「ソウルジャパンクラブ」の理事長を務めた高杉暢也・元韓国富士ゼロックス会長が最近発売された月刊誌『文芸春秋』4月号の対談記事で述べた言葉だ。

「日本国内の強硬派の間では『日本に少し損害が生じても韓国に制裁を加えるべき』という主張がある」という司会者の質問に対し、高杉氏は「そうではない。日本にも大きな影響が生じる」とし、このように答えた。

高杉氏は「例えば日本の精密部品会社にとってサムスンとLGは重要な納品先」とし「(スポーツ用品)デサントの最も大きな市場も韓国」と説明した。そして「両国の経済は切り離せない関係」とし、両国経済が共同運命体であることを強調した。

高杉氏は「サムスンの場合、デザインや世界各国の事情に合わせたマーケティング戦略などが優れているが、サムスン製品の部品は半分近くが日本製」とし「これら企業は日本がなければ生き残ることができず、我々も韓国から大きなサポートを受けている」と話した。

日本政府が徴用裁判に対する「対抗措置」として検討中の経済制裁に関連し、日本国内でその効果を疑問視する声が噴出している。

「韓国を制裁すれば日本にも莫大な被害」…日本でも経済報復無用論

 

このように、日韓はお互いにサポートし合っている国だから報復は

しないほうが良いとの考ええある。

 

 

スポンサーリンク

グローバル企業は利益が最優先!

韓国国内の日本企業関係者で構成される「ソウルジャパンクラブ」の

ような、世界を股にかけて活動している企業は、国家との認識が

一般の国民に比べて違いが大きいのではないだろうか?

グローバル企業は、どの地域でも利益が出ればよいので、その国の

国民の感情なんて関係ないのである。

 

儲かるところで商売をして、儲かるところへ会社を移す。

経済の理論である。

だから、今回のように日本と韓国との対立による報復合戦は

まともに減益に直結する。だから反対するだろう。

せっかく築いた経営環境をつぶされたくないのだろう。

 

しかし、現在の日韓の問題は、すでに日本と日本人の

尊厳と誇りをかけ戦いにまで高められてしまった。

これは、文政権の狙いでもあろう。

日本人は韓国がどんなひどいことをしても、いずれは頭を下げる!と

高をくくっていることが、事態をここまでひどくしてしまった。

 

韓国がこれまで結んだ約束を普通に守ればここまでの状況は生まれなかった。

文政権は意識して約束を破ったのである。

これは国際的に、日本を馬鹿にしたことに等しい!

日本と日本人んは、約束を破られても頭を下げる国だと

世界に言いふらしたいのだ!

 

それで韓国と朝鮮人は優越感に浸りたい!

そんな思いなのだろう。

だから、経済の倫理などなんの役に立たないだろう。

今は「しっぺ返し戦略」で韓国に知らしめるべきなのだ。






日本と日本人の尊厳と誇りを守ろう!

日韓の関係はこれまで結構悪い時もあった。

その都度日本は波風の立たないようにといつも控えめにして

そして謝り続けた。それが、今回の問題となって出てきただけで

本質的には何ら変わっていない。

 

韓国や朝鮮人は自国の建国のふがいなさを知っている。

だからこそ日本をうらやましく妬みもするのだろう。

少しでも、自分たちより下に見下しておきたい存在が

日本と日本人なのである。

 

もうここまで来たら、日本人も自分の尊厳と誇りの為に

戦わなければならない。そしてそれを世界に知らしめなければ

ならない時が来たのである。

こう書くとすぐに、反日日本人の方から反発が入りひどい

中傷を受けることになる。

 

戦争反対!平和だ!平和だ!

いくら叫んでも、平和な国は出来ないし、来ない!

平和で力強い国家は自分たちで作り上げなければならないのだ。

それを知らしめる良い機会ではないだろうか。

日本人の尊厳と誇りを守るのに躊躇することはないのだ!












最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事