スポンサードリンク


海外旅行のお供に↓

こんにちは楽しみ太郎です!

今回は東京福祉大学から消えた700人の留学生をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

 

かねてから指摘されていたように、日本の大学は急速に留学生を

受け入れてきた。

これは、日本の若年層の減少による大学の入学者不足を補う

為の、大学側の自己防衛だった。

しかし、実態はどうなのだろうか?

28946979 - diverse multiethnic people with different jobs

スポンサーリンク

年間700人の不明者を出す東京福祉大学!

留学生の在籍数が国内トップクラスの東京福祉大学で、1年間におよそ700人もの留学生が所在不明となっていることがわかりました。

東京・池袋や愛知、群馬などに、複数のキャンパスを持つ東京福祉大学。

東京・北区にある王子キャンバスを訪ねると・・・
「ここですね。2階が研究生の教室だということですが、1階を見てみると男湯、女湯と書いてあります。銭湯です」(記者)

銭湯があるビルに、留学生たちが次々と入っていきます。2階が、東京福祉大学の教室だというのです。東京福祉大学の留学生は、全体でおよそ5000人。国内で早稲田大学に次ぐ多さとなっています。東京福祉大学では3年前から留学生が急増。王子キャンパスは、雑居ビルの一室など15か所が教室などになっていました。

この東京福祉大学をめぐって、驚くべき事実がわかりました。JNNが入手した内部資料を調べたところ、去年4月、「研究生」という資格で入学したベトナム、ネパールなどからのおよそ2700人の留学生のうち、700人近くが所在不明となり、大学から除籍されていたのです。

「(Q.クラスの中でいなくなる人は?)そうですね、いっぱいいます。大体、半分くらいいます。入ったときは(研究生が)42人くらいいましたけど、今減ってきて25人くらいで卒業します」(東京福祉大の研究生)

「(Q.研究生って途中でいなくなる人いる?)半分くらいですね。100人としたら30人、40人くらい」(東京福祉大の研究生)

1つの大学で、これほどの数の留学生が所在不明となるのは極めて異例の事態です。いったい何が起きているのか?

所在不明となっている人たちが取材に応じました。モンゴル人の男性は、「期待していたような授業内容ではなかった。今は別のところで働いている」と話しました。
「勉強やりたいなと思って入ったけど、全然しないから。(大学を)辞めたのは11月くらいかな。 (Q.今何の仕事をしている?)引っ越し(業者)」(所在不明とされるモンゴル人の男性)

別のネパール人男性は・・・
「簡単に入れる学校だって(言われて)。(Q.途中で辞めたのはなぜ?)就職するとか思って、いろいろなことやったんで。(Q.辞めた後、ビザの更新は大変だったか?)そうですね、仕事とかやっていないから」(所在不明とされるネパール人の男性)

東京福祉大学の研究生は学位の取得を認められない非正規の留学生ですが、募集要項などによりますと、1年間のコースで学費は60万円あまり。授業は1週間で10時間程度で。アルバイトがしやすいと宣伝されています。

関係者によりますと、法務省入国管理局は東京福祉大学の研究生数十人が、就学ビザが切れるなどして不法残留になっていることも確認しているということです。

【 現場から、】「消えた留学生」東京福祉大 留学生700人が所在不明

 

このように最初から不法就労目的の入国で来る留学生と

思われる人が多くなってきているようです。

名目は留学生ですが、実態は移民です。

旨く日本の社会に入り込めれば、国元から家族や親せきを呼ぶ。

そのつもりで、高いお金を払ってきているようです。

大学も、国内の入学者減少の穴埋めに留学生を使っているだけで

しっかりとした授業をやって、社会に還元するなどとは

追っていないような気がします。

 

スポンサーリンク

狙われている日本社会

留学生に限らず、不法入国でも、日本は一度は行ってしまうと

犯罪でもやらない限り、生活は何とか出来ると言うのが

彼らの感想です。

 

世界でもこれだけの民族がすんでいる国家はないのではないでしょうか?

日本は、非常に安全で、社会保険も充実しており、まじめに働けば

使ってもらえます。

 

それだけ、現在は労働者不足のようです。

だから安易に留学生も不法移民も職にありつけるようです。

ここに怖い側面があります。

 

日本人自身が、外国人受け入れを推奨しているので、どんな

状態で入国したかはあまり問題にせず、その現場でまじめに

労働してくれればよいと思って受け入れてしまします。

結果、外国人街が至る所に発生して、それぞれの人種や

地域ごとのエリアを作ってしまいます。

 

街ごと、ビルごと、いろいろな単位で住み始めると

収拾がつかなくなります。

その時になってあわてても、彼らは出ていきません。

日本は意外と追い出す法的根拠を持っていないのです。

住み込まれたら本当に大変なのです。

 

車の必需品のドライブレコーダならココ↓


移民政策を見直そう

4月から改定入国管理法が施行されます。

政府は年間約35万人の外国人労働者の受け入れが始まります。

これは一時的な入国者(5年)と永住者も含まれます。

これは新たな移民促進法案です。

 

これに狙いを定めて虎視眈々としている国があります。

そうです、中国と韓国です。

反日日本人の手引きもあり、大量の若者を送り込もうとしています。

中国は、一人っ子政策で男女のバランスが崩れて、成年男子が

3000万人あぶれていると言っています。

 

この人たちを送り込もうとしています。

狙いは、日本の若い女性です。

結婚すれば簡単に永住できると考えています。

 

韓国は、当然仕事がない若者を送り込んできます。

どちらの国も、日本乗っ取りが最終目的です。

韓国はすでに在日の朝鮮人が大量に在日特権で

住んでいます。だから、いたって簡単に日本に

入り込みます。

 

このように、日本人は自分の手で外国人の入国を手引きして

外国人に国を渡そうとしているおめでたい人種です。

ここまで来ると、もはや笑うしかありませんが、

これからの日本で、日本語の通じない所が出来るなんて

本当にいいのでしょうか?

 

私は反対です。人手不足は労働生産性の向上で克服して、

人工不足はあらゆる政策で、出生率の向上を図るべきでしょう。

古今東西、特にヨーロッパでは、これまでにたくさん例があります。

移民による国家転覆は必然なのです。

 

それに、自ら進んで行う日本人は

愚かとしか言いようがありません。

早く反対の声をあげましょう!









最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事