スポンサードリンク

  ↑会社の必需品のカードです↑

 

こんにちは楽しみ太郎です!

今回は留学生と移民の問題をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

 

東京福祉大の研究生として受け入れられた

留学生が所在不明になっている。

しかも700名という全体の1/4もの

人数である。いったい何が起きているのか?

不法就労・移民が目的!?

今回判明したのは1大学での人数である。

報告では、専門学校等でも、多くの

所在不明の留学生がいるという。

東京福祉大が「研究生」として受け入れた留学生約700人が所在不明となっている。全体の4分の1以上というから異常な多さである。

就学ビザが切れて不法残留している留学生もいるという。不法就労している可能性もある。

大学という最高学府を舞台にでたらめが横行していた。許されざる事態であり、大学側の責任は極めて大きい。早急に実態を解明し、徹底した再発防止を図るべきである。

大学には国から補助金も出ている。研究生を大量に受け入れた学校経営に問題はなかったかについて、文部科学省は指導監督を強化しなければならない。

東京福祉大では平成28年度から正規の学部へ入学するための準備課程として、日本語を学ぶ外国人を「研究生」として受け入れている。1年間で修了し、試験を受ければ正規の学部に進学できる。

こうした学位取得課程に属さない非正規学生を受け入れる制度が就労目的で来日する外国人の抜け道になっていなかったか。外国人にとっては語学勉強を装った就労の隠れ蓑(みの)になり得よう。

同大は30年度、社会福祉学部でベトナムや中国などから2627人を受け入れたが、所在不明で除籍された研究生は688人に上った。退学した研究生を含め、1年間の課程を修了できなかった学生は1001人に上った。

非正規学生を「金のなる木」とみていたのではないか。同大は28年度に研究生の募集を始めてからの3年間で学費収入が約12億円増えた。私立学校振興助成法に基づく国の補助金は、29年度に約4億3400万円に上る。

文科省は学校側から詳しく事情を聴くべきである。すでに法務省入国管理局や会計検査院も調査に乗り出している。同院には、国の補助金が適切に使われているのかをきちんと調べてほしい。

少子化で日本人学生が減り、経営に苦しむ学校法人は多い。今回のケースは氷山の一角ではないのか。28年には茨城県取手市の専門学校が定員の約3倍に当たる約890人の留学生を受け入れていたことが発覚した。その多くは就労目的で、学校側は入管に出席率を水増しした書類を出していた。

学校の運営資金を獲得しようとして安易に留学生を増やす。それが不法就労の温床になり得ることを厳しく認識すべきである。

 

もはや留学の理由ははっきりしている。

不法就労である。しかも、仕事も

住むところも確保しているようである?

移民準備状態か?

スポンサーリンク

中国がひそかに送り込む!?

不法移民王国日本で、4月から研修生が大挙して

押し寄せることになった。

政府は、きちんとコントロールできるとして、

国内の少子化の穴埋めにする予定だろうが、

それは的外れの危険な賭けになる。

 

中国は現在一人っ子政策の付けがきて、20代~30代までの

男性の数が女性よりも数千万人多いいびつな人口構成となっている。

この男性に、日本への移民を奨励しているようである。

一番確実で、日本を中国化する方法が取られている。

その手助けを、政府主導で行っているのだから

うれしくて、涙が出る。

 

日本を日本人の政府自ら明け渡す法案を作って

奨励し始めたのである。

いくら財界の金儲けのためとはいえ、国土を売ってまで

することなのだろうか!

 

これで、中国人は合法的に、日本国内へ移民し

中国人街を日本の各地につくることになる。

そうして、中国は労せず日本を植民地化することになる。






少子化の対策が先ではないのか?

少子高齢化と言われて久しい。

しかし、政府はこれまで有効な政策を出してこなかった。

これまでの政府の政策は、高齢者の対策が主で、

少子化の対策は各地方自治に丸投げしていたようである。

 

しかし、各地方も限界集落を多数抱えて、有効な手段を

する暇がない状態で、高齢者対策に翻弄された。

なぜこれ程高齢者に気を使ったのだろうか?

 

やはり政権維持の為、「票」がほしかったのだろうか?

だとしたら、明らかな失政だろう!

 

すでに日本は世界でまれに見る長寿国家である。

もうこれ以上何を行政がすべきなのだろうか?

私は、行き過ぎた高齢者対策だと思っている。

口悪く言えば、貧乏人は早く天国へである。

 

高齢者程、人生の生き方で差の出る時期はない

なれば、今のように全員一律で同じサービスが

うけられる方がおかしいのである。

 

最低限のサービスで良かったのである。

その高齢者へのサービスを、少子化の方へ使えば

状況はもう少し改善していたかもしれない。

高齢者が受ける医療サービスを、ほんの少し

乳幼児に向ければ、すべて無料にできる規模である。

 

また、高校卒業までを見ても、高齢者の一部の

サービスをやめるだけで、医療は無料にできる。

それよりもっと、突っ込んで、結婚・出産となれば、

その段階で税金を無料にしたりする方法もある。

 

結婚したら、8割減、第一子出産は、無税、第2子は

応援金あげるとか(笑)

いろいろ、してほしいこと聞いて実行すれば

少しづつ出生数も増えるのではないでしょうか?

もう高齢者の人気取りは卒業しましょう!

安倍総理!







最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事