スポンサーリンク



スポンサードリンク

海外旅行へは↑

 

こんにちは楽しみ太郎です!

今回は野党が提出した安保法廃止法案についてお伝えします。

それでは見ていきましょう。

 

いったい何のための法案提出か!

この安保法廃止法案提出とは何だろう?

むなしく、愚かしい光景だと感じた。立憲民主、国民民主、共産、自由、社民の野党5党が22日、安倍晋三政権が平成27年に成立させた集団的自衛権の行使を限定容認する安全保障関連法は憲法違反だとして、同法を廃止する2法案を参院に共同提出した件である。

党利党略に利用
「安保法制は野党共闘のきっかけをつくった。参院選前に(改めて)統一のスタンスを打ち出すことができた」

国民民主党の大野元裕参院議員は提出後、記者団にこう強調した。夏の参院選を控えて、野党共闘を促進するのが狙いだというのである。法案を成立させることではなく、野党同士の親睦を図るのが目的だと胸を張る神経が分からない。

 

ただ単につぎの参議い選挙に勝ちたいがための法案で

国民の事を全く考えていない野党である。

維新の会が参加していないのがせめてもか!

 

スポンサーリンク

そもそも共産党と共闘することが疑問符?

民主主義国家で共産党の結党を認めている国は少ない。

アメリカも韓国も認めていない。

なぜなら共産主義は民主主義と相反する思想だからである。

 

民主主義はご存知の通り、宗教、信条、結社の自由をうたっている

ではどうして共産主義は否定されるのか?

それは、簡単に言えば一党独裁だからである。

全体主義の体制で、民主主義は成り立たない事は、中国や北朝鮮を

見ればわかるだろう。

 

その日本共産党と野党(維新の会を除く)が共闘することは

全体主義を認めることになる。

目先のとらわれて、全体の事を見られなくなっている今の野党に

国民の安全、安心は任せられない。

 

共産党はこうやって少しづつ野党の中に入り込み乗っ取りをはかろうとしている。

かつて、共産党を仲間に入れるのは、野党にシロアリを入れることになると

言った人がいる。まさに今、野党自身がシロアリを飼い始めて

いずれ全体をぼろぼろにされるだろう。

 

旧民主党が解党したのもこれが原因ではなかったのか?

同じ轍を踏む野党たちである。









最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事