お得なスマホはこちらから↓


スポンサードリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

今回は韓国国会の文喜相議長は特使派遣を検討中とのこと、

文議長これまでの非礼になんの謝罪もしていないをお伝えします。

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク

韓国の文喜相国会議長が特使派遣

7日、韓国の文喜相国会議長の特使が13日に訪日する方向で調整が進んでいることが分かった。

日韓議員連盟(額賀福志郎会長)幹部が明らかにした。

文氏は、今年2月に米メディアのインタビューで慰安婦問題をめぐり譲位前の

上皇さまに謝罪を求める発言を繰り返し、日韓関係を悪化させた張本人である。

 

 

特使の訪日は発言の釈明が目的。自民党幹部らとの面会を目指しているが、

安倍晋三首相や政府高官との面会は今のところ不明である。

 

また同じく7日、日韓議連と韓国の韓日議員連盟が、6月上旬に予定していた韓国での

合同幹事会を約2週間前倒しして5月中旬に開催することが分かった。

日韓議連幹部によると、前倒しは韓国側の要請によるものだ。

 

6月に大阪市で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)を前に

日韓関係の改善を図る韓国側の思惑が透けて見える。

安倍首相は現在のところ、G20期間中の日韓首脳会談を見送ることで検討している。

 

スポンサーリンク

まず、文喜相国会議長の謝罪が先だろう!

ここまで日韓関係の悪化を招いた一端は文議長の発言も大きく影響していることは確かだ。

特に上皇陛下に対する発言は日本人をすべて怒りの感情を植え付けたと言ってもよいだろう。

まさに譲位前のその時に、上皇陛下の謝罪を求める発言などあってはならないものであり

昭和天皇陛下に対する間違った認識も是正されるべき事だった。

 

このニュースを聞いて、日本人は無神経な文議長とそれを許す韓国人の本質を

見た思いがしただろう!だから、あれ以来日本人の心には「韓国人ゆすすまじ」

の気持ちを抱かせてしまった。

 

そんな中での、特使派遣である。本当に自分都合としか見えない韓国人の性格が

丸出しである。これは、韓国人は日本人を見下していることの表れで、常日頃の

言動そのままなのだろう。

 

公の場でこのような事が出来ることが情けなくかわいそうになるが、そうやって

我々日本人は甘く付き合ってきたための現在である。

ここはきっぱりと、特使派遣はきっぱりと拒否して、日本へのこれまでの謝罪が

あってから受け付けることを表明すべきである。

 

元徴用工の問題もあり、一歩も譲ってはならない場面だろう。

日本人は交渉となると必ず相手をおもんばかる。

今回は絶対に謝罪要求をやめてはならない。

 

反日議員に占領された日韓議連の対応は?

ここで問題がまだある。韓国側の要請で、日韓議連と韓国の韓日議員連盟が、

6月上旬に予定していた韓国での合同幹事会を約2週間前倒しして5月中旬に

開催することになっていることである。

 

これまでも、反日野党議員の影響か、いつも弱腰の日韓議連が今回も

韓国の韓日議員連盟の要請に負けて合同幹事会を前倒しした。

これも、韓国側のこれまでの事への何らかな謝罪がなされてから開催されるものと

思っていたが、前倒しが決まったようである。

日韓議連はこれまでも、韓国擁護ばかりの言動で、日本の事はないがしろに

してきた議連である。いったいどこの国の議員の集まりか疑いたくなる。

日本の国会議員は日本の利益の為に働くのではないのか!

 

これまで、野党議員は、韓国の元徴用工問題や、レーダー照射問題、文議長の上皇陛下への

謝罪発言などに対して、殆んどがコメントを出していない、それはすなわち

韓国擁護の姿勢である。だから韓国の国会議員は謝罪なしに日本の議員と会議しようと

するのである。

 

日本の日韓議連にには自民党議員のいるのになぜ謝罪を要求しないのか不思議だ!

逆の立場を考えてみればすぐにわかることである。

韓国は「謝罪しろ!謝罪しろ!」とわめきたてるのが常である。

日本の日韓議連の人達にもその気概を持って会談を拒否してほしいものである。








最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

関連ブログ:日々だより

関連ブログ:日々ぽかぽか通信

関連ブログ:健美食と共に

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事