岩屋毅防衛相は防衛大臣の資格なし!韓国の国防相と笑顔で握手とは!
スポンサーリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

政府の国務大臣は国家を守る気概があるのだろうか?

防衛の要の岩屋毅防衛相が問題を棚上げして韓国の国防相と笑顔で握手

したことをお伝えします。

それでは見ていきましょう。

 

ブログに最適!↓

スポンサードリンク

これが日本国防のトップか?自衛隊員を軽視?

岩屋毅防衛相がレーダー照射事件が何の解決もしていない韓国相手に

韓国の国防相と笑顔で握手したことに、非難の声が上がっている。

岩屋毅防衛相への猛烈な批判が吹き荒れている。韓国海軍駆逐艦による許しがたい海上自衛隊哨戒機へのレーダー照射事件の決着も付けずに、韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防相と非公式会談を行ったうえ、「未来志向の日韓関係が大事だ」などと、事実上、事件を棚上げするような妄言まで披露したのだ。ネット上には、「自衛官の命を軽視するのか」「逆に日韓関係を破壊した」「史上最悪の防衛相だ」「安倍晋三首相に罷免を要求する」などと厳しい意見が殺到している。この事態を放置すれば、自民党への幻滅は膨らみ、夏の参院選にも影響しそうだ。

「レーダー照射事件をうやむやにしている韓国の防衛相と、公の場で笑顔で握手をする姿は『世界の嘲笑の的』だ。日韓の事務レベルで『国防相同士での会談はしない』という判断をしていたのに、岩屋氏は会談を強行した。防衛相としてあり得ない行動であり、安倍首相には即刻解任していただきたい」

評論家で軍事ジャーナリストの潮匡人氏は3日朝、夕刊フジの取材に対し、岩屋氏への怒りをこうぶちまけた。

当然の憤りといえる。岩屋氏は1日、シンガポールでの国際会議「アジア安全保障会議」に合わせて、韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防相と非公式会談をしただけでなく、「弱腰」「卑屈」に見える振る舞いをしていた。

岩屋、鄭両氏は前日、昨年12月のレーダー照射事件後初めて、短時間、顔を合わせた。そこで、岩屋氏の方から「未来志向の日韓関係をつくるため、一歩前に踏み出したい」と持ちかけ、1日の会談が実現した。「非公式会談」といいながら約40分、着席方式で会談した。岩屋氏はヘラヘラと笑みを浮かべて握手して、写真撮影に収まった。

会談で、岩屋氏は「レーダー照射事件についての日本側の見解に全く変わりはない」と発言はしたが、深入りはしなかった。それどころか、韓国からは一切謝罪もないのに、「今後は両国で防衛交流を進めるべきだと思う」と、韓国を許すような発言をしたのだ。

レーダー照射事件では、韓国駆逐艦の暴挙によって、海自哨戒機内には警報アラームが鳴り響き、自衛隊員の命が危険にさらされた。韓国軍は謝罪も反省もせず、逆に「日本の哨戒機が低空で威嚇飛行した」と言いがかりを付けてきた。

韓国側に100%の非があるのに、岩屋氏の態度を見れば、韓国側は「日本は本気で怒っていない」「日本はすぐ折れる」と思うはずだ。

防衛省幹部は匿名で「岩屋氏は部下の命を守る立場であり、韓国に舐められてはダメだ」と、夕刊フジの取材にあきれかえった。これで約22万人の陸海空自衛隊を指揮することができるのか。

安倍政権がこれを放置すれば、夏の参院選で「保守層の離反」を招きかねない。

一方、韓国側は「してやったり」という態度だ。

 

構成作家の百田尚樹氏はンターネット番組に出演して怒りを爆発している。

百田氏は同日、ツイッターで「何、笑顔で握手しとんねん! こんな抜け作が防衛大臣て、嘘やろ!」と猛烈な不快感をにじませた。

 

スポンサーリンク

外交辞令でもひどすぎる!

国の代表として相手国との会談では往々にして、相手の嫌なことは避けるが、

韓国はその嫌なことをこれまでやり続けている相手である。

しかも、これまで日本との交わした約束を簡単に、一方的に反故にして

当たり前のような態度をしている国である。

 

そんな国の国防大臣と非公式ながら会談することになったとして、

へらへらと笑顔で握手すること自体考えられない。

しかもその前に、韓国レーダー照射を勝手に“棚上げ”して

世界中のわらいものになっている。

 

こんな防衛大臣で本当に日本が守られるのだろうか?

それよりも、こんな大臣に命を預ける自衛官はどう思うのだろうか?

レーダー照射では現実的に命のやり取りになるかもしれない状態に

直面するのだ!

 

それが、相手が日本を甘く見てそれに乗って、へらへらと笑顔で

握手した様は、本当にがっかりである。

この人は防衛大臣に向いていないと言うしかない。

早く罷免してしっかりした防衛大臣に切り替えてほしいものである。

このままでは、参議院選挙は自民党の支持者から離反者が出るだろう!








最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事