玉城知事は尖閣の中国船に抗議しないのか?接続水域航海は最長!
スポンサーリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

今年に入って中国船の尖閣諸島沖の接続水域での航行は最長になっている。

領海侵入も5月は4回と増えてきている。この現実に沖縄県の

玉城知事は何の抗議もしないどうしてなのだろうか?

ブログに最適サーバー!


スポンサードリンク

接続水域の航行の最長化

これまでの尖閣諸島沖の接続水域での航行の最長期間は43回だった。

今回はすでに58日連続で記録を更新している。

沖縄県石垣市の尖閣諸島沖の接続水域(領海の外側約22キロ)で8日、海上保安庁の巡視船が中国公船4隻を発見した。この海域での航行確認は58日連続で、2012年9月の同諸島国有化以降、最長を更新し続けている。5月には領海への侵入が4件起きており、海保は警戒を強化している。

同諸島の領有権を主張する中国は、日本による国有化以降、連日のように公船3~4隻を接続水域に航行させ、月に数回のペースで領海侵入を繰り返している。

海保によると、昨年の領海侵入は月1~2回で推移し、12月には国有化以降、初めてゼロとなった。しかし今年1月以降は月に3回程度に増加し、5月は4回になった。1か月の領海侵入が4回以上となるのは16年8月(6回)以来。接続水域の航行も長期化し、これまでの最長期間は43日間(14年8~9月)だったが、今回は58日に達した。

日中関係は改善基調にあり、今月下旬には習近平(シージンピン)国家主席が来日を予定している。

そうした中での公船の動きには、中国が領有権の主張では「譲歩しない」との立場を明確にする狙いがある。中国はパトロールと称する公船の航行が「常態化した」と公表している。この海域で中国の海上法規が適用されているとの既成事実化を図るものだ。

 

最近の日中関係は良好になってきたと言われるが、この海域での中国船の

航行を見る限りまったく改善しているとは見られない。

むしろ、中国の主張がより一層強まり、領海問題では絶対に譲歩しないとの

表明に見える。

 

歴史的にみて、尖閣諸島は間違いなく日本の領土である。しかし、中国は

海洋資源の確保と、西太平洋への進出の足場として絶対に譲れない地域と

位置づけている。だから絶対に譲歩しないとの意思の表明だろう。

スポンサーリンク

何の抗議もしない玉城沖縄県知事

これまで何度も尖閣諸島海域への接続水域での航行はあった。

そして、領海侵入も繰り返されてきている。

今年も5月には4回の侵入である。これだけ繰り返されてきても

沖縄県の玉城知事は抗議の声すら上げないのはなぜだろう?

沖縄では、この尖閣諸島沖の中国船の侵入はニュースにもならないようである。

尖閣諸島は沖縄県石垣市に属しているはずではないのか。

自分たちの県の領海が侵犯され続けているのに何の抗議もしないで、

辺野古埋め立て反対だけを取り上げるのはおかしいと感じるのは

私だけだろうか?

 

玉城知事は中国に媚びを売っているようにも思えてしまう。

玉城知事だけでなく、オール沖縄と言っている人たちも同じ思いなのかもしれない

それほど中国が好きな沖縄県民は、天安門の事件をどう思っているのか聞いてみたい?

資産運用に↓



海外旅行のお金は↓



車の安全を確保⇓


最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事