スポンサーリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

今回は出そろいだした参議院選挙公約で共産党の公約がやはり!をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

ブログに最適サーバー!


スポンサードリンク

最低賃金1500円!?

笑える公約で、共産党らしいと言えばらしい。

共産党はとにかく日本がつぶれれば良いのであって、はやく潰して

自分たちが指導者に立ちたい権力欲の塊の集まり集団である。

共産主義思想などその方便に過ぎない。

 

人類は同じ労働を同じ評価で同じ時間を行うことができないことは

歴史が証明している。

そんなところで、日本共産党が参議院選挙の協約を発表した。

共産党は21日、参院選公約を発表した。

老後資金「2000万円不足」を指摘した金融庁報告書をきっかけに年金生活への不安が広がっていることを踏まえ、物価や賃金の上昇に応じて年金支給額を抑制する「マクロ経済スライド」廃止を明記するなど、「減らない年金」への制度改革を柱に据えた。中小企業の賃上げを支援し、最低賃金を全国一律1500円まで引き上げる目標を打ち出した。

「減らない年金」提言=最低賃金1500円目標-共産公約

 

 

本当に日本をつぶす公約である。

お隣の韓国の出来ごとをどう見ているのだろうか?

 

スポンサーリンク

欧州の各国は韓国の最低賃金政策を研究

「所得主導成長」を標榜した韓国の最低賃金引き上げ政策はものの見事に失敗した。

そう評価した欧州各国は韓国の現実を研究し始めている。

現代の実験的政策だった韓国の最低賃金引き上げ策はどうなるのか?

なぜ失敗したのか?それを問題にしているのである。

 

でも答えは意外と簡単で、資本主義の社会であるから当然だと筆者は思う。

資本の原理である。単純に最低賃金を政府が引き上げれば、それにより

赤字になる事業場は雇用を控える。

むしろ、首切りに向かう!赤字になってつぶれては身もふたも無いのである。

だから中小零細企業ほど雇用縮小に向かう。

 

不思議でもなんでもない。儲からなければ人を減らすのは常道であろう。

だから今、韓国では雇用情勢が最悪である。

特に若者は仕事がないと言って、日本企業に活路を見出そうと

必死の努力をしている。

 

文政権の政策失敗を日本が受け入れていると言う奇妙な構図である。

いったい韓国の若者は自国の大統領をどうして選んだのだろうか?

こんなところを、欧州各国は研究しているのである。

 

自国でも最低賃金の問題は急務であり、経済成長も大事なのだ!

経済成長のないと所に豊かさは生まれない!

残念ながら、資本主義の真意であろう。

 

共産党らしい公約

最低賃金を上げるだけ上げる。

これが成功する社会は共産主義社会しかない。

共産主義社会は全員雇用が建前である。だから最低賃金が

上がるほど労働者は喜ぶ。

それで国家がもつかどうかは不明だが・・・

 

だからこその日本共産党の参議院選挙の公約であろう!

実際共産党主義国では最低賃金は余り意味を持たない。

その原型は共同作業・公平分配である。

だから、どれだけ高度な知識を持って努力して発明しても

同じ給料である。本来なら。国家議長も農業労働者も

同じ給与であるべきが共産主義である。

まさに理想論!

 

しかし、人間には無理だった!

人間は欲得の塊で生活する動物である。

たまに品行方正で奇特な宮沢賢治のような人はいるが、

万人には無理でありそれが普通の人間である。

そんな事を理解している共産党が掲げた最低賃金1500円!

まさに韓国以上に日本をつぶす政策はお見事である!

なぜ憲法違反の共産党は消滅しないのが不思議である。

資産運用に↓


海外旅行のお金は↓



格安スマホは↓


最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

 

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事