静岡県は富士川の濁りをリニア工事のせいと工事を遅らせている?
スポンサーリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

今回は桜エビ漁の不漁が続く原因究明で浮上している

富士川の濁りをめぐる問題をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

 

資産運用に↓

スポンサードリンク


2015年にすでに警鐘が出されていた濁り!

今季の桜エビ漁も不漁のまま幕を閉じた。

最近の桜エビ漁は散々たる状況が伝えられ、漁をやっている

漁師や組合だけでなく、地元の住民や愛好者にも影を落としている。

 

最近その不漁の一つの原因が、富士川の濁りではないかと言われだしている。

富士川の上流早川の支流にある雨畑川にある、雨畑ダムの汚泥流出が

濁りの一つの原因ではないのか?

この指摘はすでに関係者に伝わっていたのに県や、漁協は調査してこなかったし

対策もしてこなかった。

富士川の濁りを主因として天然アユの資源量が危機的水準にまで減少しているとの報告書を2015年度、静岡市清水区の企業などがまとめ、濁りの影響に警鐘を鳴らしていたことが23日までの関係者への取材で分かった。報告書は静岡、山梨両県での共同調査の必要性を強調。両県は複数の部署で内容を把握していたとみられるが、対策は取られなかった。富士川の濁りは駿河湾産サクラエビの記録的不漁との関係が指摘されている。

リポートは「平成27年度 天然アユを指標とした富士川の環境保全調査報告書」。小型産業用ロボットメーカー「アイエイアイ」(石田徹社長)がCSR(企業の社会的責任)として、高知県の四万十川など全国の河川でアユの生態調査や漁場診断などを行う専門のコンサルタント、たかはし河川生物調査事務所=高橋勇夫代表、同県香南市=に依頼した。

河口から約20キロ上流までの区間で、目視観察や潜水などを行い、濁りや産卵状況、魚道の機能を調査。国土交通省のデータに基づき、濁り具合の指標となる浮遊物質量(SS)の10年間(05~14年)の平均値(1リットル当たり30ミリグラム程度)を「通常濁りが少ない時期に調査が行われることを考慮すると、異常な高さ」としている。

潜水観察を通じ、富士川本流の対象域のほぼ全体で川底に砂泥の堆積が見られ、泥分沈着により光合成が妨げられて餌の藻類(コケ)の生産が低いことや、河床の石が砂礫(されき)に埋まりアユの産卵の阻害要因と考えられること-などを詳述。対象域の生息期待量80万匹に対し実生息数は約2割の18万匹にとどまっていると算定した。

約30年、富士川でアユ釣りをしている山梨県南アルプス市の40代男性は「仲間うちでは富士川は“死の川”というのが共通認識。興津川や狩野川は天然アユが遡上(そじょう)するのに富士川は上らない。多くが富士川を避けている」と話す。

富士川本流の一部や支流の漁業権を持つ芝川漁協(富士宮市)が16年、内容に関する報告会を開催。同漁協は静岡、山梨両県の関係部署や国土交通省の事務所などに計100部配布した。

静岡新聞社

富士川濁り、アユ減「警鐘」 15年度報告書、専門家と地元企業

 

このように警鐘はならされているのに静岡県や山梨県はなんの調査も

対策もしてこなかった。

 

スポンサーリンク

リニア工事を原因としたくて遅らせている?

富士川の濁りは、既に指摘され関係者に報告されているにもかかわらず

これまで、富士川漁協や県は調査をしてこなかった。

そして不思議なのは、静岡県は常にリニアの工事による流出減少や濁りを

訴えてきていた。雨畑ダムの汚泥流出を問題にしてきたのは、あまりにも

桜エビの不漁がひどく、壊滅的な結果が出てしまったからであろう。

 

それまでは、ひどく富士川が濁っても、特別の原因は不明としながらも

リニア工事をたびたび取り上げ工事の遅れを容認するような方向に

リニア反対住民と一緒に活動してきていたのである。

静岡県にとってリニア新幹線は静岡県になんの恩恵を受けない工事である。

中間駅の設置もなく、山間地の南アルプスにトンネルが通過するだけで

どちらかと言えば迷惑な工事と思っているのだろう。

国家的なプロジェクトも県知事の判断でごねることができる。

どこか、沖縄の辺野古移設反対運動と似ているように感じる。

 

また、静岡県はJR東海に対して、静岡空港地下に新幹線新駅設置を求めているが

JR東海側は拒否している。この憂さ晴らしもあるのだろうか?

また新駅設置の取引に持ち込むつもりでもあるのだろうか?

静岡空港新駅設置を進めたい川勝知事はこれもリニア工事の反対に傾いている

理由の一つになっているとの県民の意見もある。

数年前に富士川の濁りについての調査結果が出ていて、そのころすでに

山梨県でアユ釣りをする仲間内では富士川は「死の川」と言われていた。

すでに富士川の濁りが環境を破壊していたのに、県は原因をうやむやに

していて、リニア工事や自然の濁りとしていたのはどうしてなのだろうか?

 

自分の政策を遂行するのは大事だが、指摘されたことが大事な環境汚染なのに

見て見ぬふりを続ける態度はいかがなものだろうか?

早急に雨畑ダムの汚濁防止と、リニア工事の問題を解決してほしいものである。

ブログに最適サーバー!



ドメイン取るなら↓



あなたを元気に⇓



格安スマホは↓


最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事