韓国がまた狙う技術者!引き抜きの使い捨て90年代の再来!
 12月28日、韓国の文在寅大統領(写真)は、従軍慰安婦問題を巡る2015年の日韓合意には重大な不備があり、問題解決のための策が必要だとの認識を示した。写真は14日北京での代表撮影(2017年/ロイター)
スポンサーリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

今回は韓国が狙いだした二匹目のドジョウ!

日本人技術者が狙われている。をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

資産運用に↓

スポンサードリンク


日韓の報復合戦に技術者の引き抜き始動!

7月4日、日本は韓国に対し、フッ化ポリイミド、レジスト、エッチングガス(フッ化水素)の3品目で、

従来の簡略な輸出手続きを改め、契約ごとに輸出を審査・許可する方式に切り替えた。

さらに今年夏には、それ以外の戦略物資についても「ホワイト国」として包括的に許可していた輸出を、

個別許可を必要とするように変更することを検討している。

これはあくまでも報復措置でなく安全保障上の問題と日本政府は

発表しているが、明らかにこれまでの文政権の日本に対する行動への

報復であろう。

 

そんな中で韓国内では過去の成功物語が語られだした。

文字通り90年代の日本の技術者狩りで成功した体験である。

この時、日本はバブルがはじけ企業は未曽有の不況に陥っていた。

そこを狙ったのが韓国企業である。

日本のあふれた技術者を高給で雇い入れ、その技術を取り込むことに

成功し、現代の情報社会の基礎を気付いた。

 

このころ有名なのが、週末韓国と言う言葉が飛び交い日本の技術者が

韓国に自身の技術を持ち出し与えていたのである。

東芝の社員などは当局に捕まったりもした。

そうして韓国の企業集団は日本の高度な技術を獲得して現在の

半導体メーカーが急成長し世界のトップに躍り出あたのである。

 

その後、シャープも東芝もひどい結果になってしまった。

この状況が現在生まれだしていると言う。

韓国が狙うのは文字通り今回規制強化されたフッ素関係の製造技術である。

この技術者を高額で買い取ろうとしている。

先の成功体験をもう一度と言うのである。

 

またこれだけにとどまらず、日本の確信的技術を狙い撃ちにしようとしている。

それは、精緻な技術を要する、核心素材や製造装置である。

例えば半導体素材のうち最も大量に必要なシリコンウエハーは

日本企業が世界の60%のシェアを持ち、感光剤は99%、遮断板は78%だ。

実は世界を席巻している日本の芯の強さである革新的技術である。

そこに狙いを定めて獲得を目指してきている。

一からの開発では日本に追いつけない、だから前と同じに、技術者を買い上げようと

動き出した韓国の国家的プロジェクトである。

日本人は結構お金に弱くあっさりと、技術も装置も持ち出してしまう

実例がたくさんある。それを狙い撃ちされ始めた!

果たして、日本や企業に防衛能力はあるのだろうか?

そのくらい日本の技術者は冷遇されているのである。

そしてまた韓国に使い捨てにされる、日本人技術者

悲惨な人が出ないことを祈りたい。

 

 

スポンサーリンク

韓国人は変わらない人種?

あまりにもひどい、対日対応である。状況は、

昨秋の自衛艦への旭日旗掲揚自粛要請から始まり、

日本企業に元徴用工への賠償を命じる韓国最高裁判決、

竹島への韓国国会議員団の集団上陸、

日韓慰安婦合意で設立された財団の解散、

自衛隊機への火器管制レーダー照射事件、と続き、

韓国国会議長が「天皇が元慰安婦に謝罪すれば問題は収束する」といった

発言がなされるに至っている。

その後も日本が元徴用工の問題で、日韓とは日韓基本条約1965年に結ばれたのを

反故にする行動である。

文政権は積弊清算として、現在の不都合は過去の歴史にあり、

それはすべてただすことができるとして条約もひっくり返す

事を正当化しようとしている。

これは重要な国際ルール違反であるのにだ。

もう身勝手化な国家、人種としか言いようがない。

これは朝鮮半島と朝鮮人の歴史がそうさせているとしか言いようがない。

韓国・朝鮮人はその歴史を正面からとらえることができない。

それは余りにもみじめ過ぎるからであろう。

アジアの国で唯一独立戦争を戦っていないで国家を立ち上げた韓国。

本人たちは戦ったといているが歴史が証明している。

しょうがないので、地方の小競り合いを独立戦争だったと言い訳して

国民に教えているのである。

堂々と歴史を伝えればよいのに、見栄が先行して言えないからごまかしている。

したがって、歴史をごまかすのは当たり前の国民となる。

それが今につながり、積弊清算である。

こんな国や人種とまともに付き合えばひどい目に合うのは当たり前である。

人の良い日本人は、表向きおだてられて、お金も技術も、そのすべてを

あげてしまってひどい目にあってきた。

これからは静かな「無視」が良いのであろう。

ブログに最適サーバー!



ドメイン取るなら↓



格安スマホは↓


最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事