韓国を「ホワイト国」から除外するのは当然!国交の縮小もチャンス!
スポンサーリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

今回は日韓関係が最悪のまま、韓国の「ホワイト国」扱いを

除外する期限が近づいている。そのまま韓国との貿易も縮小すればをお伝えします。

それでは見ていきましょう。

資産運用に↓

スポンサードリンク


戦略物資の取り扱いの説明しない韓国

軍事転用を含む戦略物質を貿易することは、お互いに高度な信頼関係が保たれていなければならない。

これは誰が考えても同じである。しかし、最近の韓国政府は3年以上なんの説明がないと言う。

連絡会議もばったりと途絶えたままだそうである。

日本政府による半導体材料の韓国向け輸出管理の厳格化では、既に「リスト規制品」の個別許可が必要となったほか、政府は韓国を外国為替および外国貿易法(外為法)の優遇制度である「ホワイト国」から除外することも表明している。

除外されれば韓国向け輸出は手続きが煩雑な通常枠に戻ることから韓国側は反発しているが、経済産業省の元貿易管理部長、細川昌彦中部大特任教授によれば「ホワイト国」は本来、「特別に信頼できる相手についてのみ」適用される。対象になるためには日本の輸出管理当局との間で信頼関係が保たれなければならない。韓国側は自らの管理態勢を「信頼度が高い」と強調するが、日本側が韓国の厳格な管理態勢を確認することが前提となる。

だが、日本政府関係者によると、日本側は韓国に対し「2種類の懸念」を抱えている。一つは「輸出管理上の不適切な事案」という言葉に象徴されるように戦略物資の取り扱いへの不安感。もう一つは日本が納得する説明努力の不足だ。

韓国以外の「ホワイト国」は、懸念が生じれば十分に説明し解消しようとする。だが文在寅(ムン・ジェイン)政権に入り、韓国は戦略物資の管理に対する疑念が生じる一方で、日本への説明はなかった。

細川氏は最近の対日姿勢から「韓国が仮に説明していないなら、信頼関係の下で輸出管理に取り組むことは困難」と指摘する。韓国が今後、化学兵器を含む軍事転用可能な物資の輸出事案について日本が納得できる説明をしない限り、「ホワイト国」の対象になる可能性は低い。

 

 

これだけ日本から情報を出しているのに、韓国は元徴用工の報復だと言って

逃げている。もはや説明などする気がないのであろう。

スポンサーリンク

本心を隠しての日本たたき

文政権がこれまで取ってきた、対日関係は本当にひどいものの連続である。

しかし、文政権の本心を探ると納得いくのである。

 

それは、文政権の最終目標は、北朝鮮による韓国併合である。

それが韓国国民にばれないように反日を活用しているとみれば納得がいく。

韓国人は反日となるとすぐに頭に血が上り見境が付かなくなる人種のようだ。

これまでもこの方法で時の政権は、権力を維持してきた。

今回の文政権も同じ手法を使って南北を一緒にしようとしている。

 

しかも、文大統領は根っからの親北で、金正恩に思いを寄せているようだ。

その為に、何が何でも北朝鮮による併合を果たしたいのである。

しかし、簡単にはできるはずがない。韓国は現在れっきとした対北制裁国である。

人道的支援だけが行える道である。

 

しかし文大統領はあらゆる抜け道を使って、北朝鮮にテコ入れしているようだ。

それがばれるようになると、反日の種をばらまいてくる。

自衛隊機へのレーダー照射も、慰安婦合意反故も、上皇陛下への謝罪要求も、

元徴用工問題も、仕組んでやっていることである。

 

国内外で、瀬取りや、違法発送、第三国経由の軍事物資の横流し等

ばれそうになると反日をかざしてきている。

我々は騙されないことだ。

 

反日問題を燃え上がれば上がるほど、文大統領は北朝鮮に支援を続けている。

将来は必ず、核兵器を持った朝鮮半島が出現することは確実である。

それに備える為に、韓国との交流は次第に縮小し、貿易も国交も減少していくのが

肝心なことであろう。

ブログに最適サーバー!



海外旅行のお金は↓



格安スマホは↓


最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事