漫画家・黒鉄ヒロシ氏が日韓関係を激白!これが日本人の本音!?
スポンサーリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

漫画家の黒鉄ヒロシ氏が出演した番組で「断韓」のボードを掲げ

説明した時に起きた不思議な光景が流れたようだ。

それでは見ていきましょう。

資産運用に↓

スポンサードリンク


黒鉄ヒロシ氏の日韓関係の思いは

19日のテレビ朝日系「大下容子ワイド!スクランブル」での一幕。対立する日韓関係がテーマで、コメンテーターとして出演した黒鉄氏は、フリップに2度の朝鮮出兵を行った豊臣秀吉のイラストを描き、その横に「断韓」と書いた。

そして「日本人全体が堪忍袋の緒が切れた。だから(韓国とは関係を)1回、切っちゃう」と述べたところ、スタジオから3、4秒間、韓国語のような音声が流れ、司会者が発言した。ネット上では「なぜか黒鉄さんを遮るようにスタジオで韓国語が飛び交っている! なんだこれ!」などと疑問の声が集まった。

スタジオで何があったのか。夕刊フジが黒鉄氏に確認すると「スタジオ内で韓国語は聞こえていなかった。後で説明を受け、音声切り替えのミスだと聞いており、陰謀めいたものなどない。コメントが遮られたという可能性もゼロだ」と完全否定した。

その上で、悪化する一方の日韓関係について改めて尋ねると、「朝鮮の時代からあの国は、ずーっと同じだ」と黒鉄氏。

昨年12月の韓国海軍駆逐艦が海上自衛隊機に火器管制用レーダーを照射した問題では、韓国側はレーダー照射を認めず、海自機の方が威嚇的な低空飛行をしたとして、BGM付きの動画を“証拠”として公開した。黒鉄氏は「否定すると、そのこと自体なかったかのように思い込めるという特徴がある」と痛烈に批判した。

いわゆる元徴用工訴訟での日本企業敗訴の異常な判決が相次いでいることをめぐっては、「(第二次世界大戦中)韓国は併合されていたのであって、日本が植民地化したわけではないため、そもそも徴用工など存在しない」と言い切る。

日本政府が半導体関連素材の対韓輸出管理を強化したことについては、日本経済への打撃を懸念する声もあるが、「経済よりも大事なものがある」と黒鉄氏。

将来的な韓国との付き合い方には「韓国をあやしてあげる時代は終わった。あのような変な国と付き合う時代も終わった」と日韓関係を断つことを提言した。

黒鉄ヒロシ氏が真相激白!! テレ朝情報番組で「断韓」発言直後に韓国語? スタジオで何が…

 

黒鉄ヒロシ氏の意見に私は賛成である。

この際、韓国とは冷静な関係で見直す時期が来たのだろう。

 

スポンサーリンク

嘘も100回言えば本当になる韓国!?

韓国ではウソも100回言えば本当になる!

そう言われており、韓国人は平気でうそをつく。

そして、それを増幅しているのが日本人である。

だからなおさら、日本に対しては平気でうそをつく。

慰安婦問題も元徴用工の問題も同様である。

 

慰安婦は朝日新聞に吉田清治氏の偽記事を載せた時から拡大し、

元徴用工は最初から徴用工でない人が起こした裁判である。

2例とも、日本人の社会主義派の人やメディアが応援して韓国で

広まったのである。

日本人は日本人の手によって日本を貶めている、変わった国のようだ

これも戦後にGHQによって行われた洗脳工作のせいだと思われる。

 

GHQは日本人を使って、戦争は日本が占領政策を行ったと流布し

日本人が悪い!悪いのは日本人だ、謝罪が必要だと徹底的に思い込まされた

その為、アメリカで発見された戦前・戦後のマル秘外交資料で

日本は自衛のための戦争だったとのことがわかっても修正しようとしなかった。

現在でも修正しようとしていない。

そこに韓国は攻め込んできている。

 

朝鮮人の性格は日本人とは真逆で「嘘つきは恥」の文化がないようである

だから、なんでも韓国起源にしてしまう、ウリジナル文化である。

人気の出たものもうすべてが、韓国起源で世界に発信している。

本当に恥のない民族で世界にいい広めていく。

まさしく、嘘も100回言えば本当になる!である。

 

いずれ、化けの皮が剥がれる時が来るのに!

日本人はこのような韓国の嘘は早々に論破して、事実を世界にしっかりと

発信していくことが大事である。

これまでのように、韓国の嘘を世界が気付くまで待っていては

世界世論はウソを信じてしまうのであるから!

これこそ、韓国の狙いであると肝に銘じて!

 

ブログに最適サーバー⇓



スポーツ観戦は↓



あなたを元気に⇓

 

最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事