北朝鮮ミサイル発射で日本が射程に!日本の核開発の議論を急ごう!
スポンサーリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

今回は北朝鮮がミサイルを2発発射した。その射程は日本を簡単に含む距離である。

北朝鮮はすでに核保有国である。日本はこの脅威とどう向き合うか決める時期が来た。

それでは見ていきましょう。

資産運用に↓

スポンサードリンク


 

今回のミサイル発射は日本も射程に

今までも長距離弾道ミサイルの発射はあった。これは、結構迎撃ができるタイプの

ミサイルであった。しかし今回の中距離ミサイルの発射は、日本が射程に入り

迎撃の難しいタイプのミサイルである。

【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮は25日午前5時34分と同57分(日本時間同)に東部、虎島(ホド)半島付近から日本海に向けてミサイル2発を発射した。韓国大統領府は同日、国家安全保障会議(NSC)を開き、「新たな種類の短距離弾道ミサイル」との判断を示した。韓国軍合同参謀本部は、いずれも高度約50キロで、1発目は約430キロ、2発目は約690キロ飛行して日本海に落下したと分析している。

韓国軍関係者も「新たな形態」とみており、北朝鮮が5月に発射した新型の短距離弾道ミサイルと同種か、さらなる改良型の可能性がある。690キロなら発射方向次第で日本の本州や九州の一部にも到達する。

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は6月30日に軍事境界線がある板門店(パンムンジョム)でトランプ米大統領と対面し、非核化協議の再開で合意。だが、トランプ氏が2~3週間以内とした実務協議の開始見通しを過ぎても実施されず、北朝鮮は米韓が8月に予定する合同軍事演習を問題視する姿勢を強めている。新たなミサイル実験による強硬姿勢をあえて示すことで、対米交渉の主導権を握る狙いとみられる。

5月4日と9日に発射したミサイル計3発も今回と同じく高度約45~60キロと弾道ミサイルとしては低高度で、約240~420キロを飛行。「KN23」と呼ばれ、ロシア製の短距離弾道ミサイル「イスカンデル」をモデルにした新型とみられている。イスカンデルは、低空飛行で標的に近づき、再び急上昇するなど複雑な軌道で飛び、迎撃が難しいと指摘されている。

 

もはや核弾頭を積んだミサイルが日本を直撃する時代を迎えた。

この朝鮮半島の軍事力は反日感情の強い民族がもったことになる。

いつ、どんな思いでミサイルを打つのか理解できないままに

日本の上空に飛んできて、核爆弾が破裂することが現実の事と

なったのである。現在の日本はこれを防御する方法を知らない。

 

スポンサーリンク

日本防衛には核開発が必要!

この北朝鮮の挑発はアメリカに向けた事だけではない。

当然日本へも向けられている。長距離ミサイルの発射は即座にアメリカの

反撃にあって北朝鮮を崩壊させられることは理解しているようだ。だから

中距離ミサイルで揺さぶりをかけているのだろう。

 

しかし本筋は、我が国日本を狙っての作戦である可能性が高い。

これは、韓国への「ホワイト国」指定解除と無縁ではないと思われるのだ。

それは、北朝鮮が開発を進めるミサイルや核兵器、化学兵器の肝心の

部品や材料は韓国経由で北朝鮮へ渡っていることが判明してきたからである。

それを阻止すべく、今回の韓国への援護射撃だろう。

 

日本人は平和憲法があるから戦争にならないなどと本気で考えている人が多いようだが

平和ボケも、頭の上で核爆弾が破裂してからでは遅いのである。

広島・長崎の核爆弾とは規模も性能も全く違うのだ。

このままでは日本は地球上から抹殺されかねないのである。

これを打開するには、日本も核兵器を開発して保有する事しか道はない。

相手は、反日の朝鮮民族である。しかも何をするかわからない人たちである。

すべて自分たちが正しいと思う人々である。

 

その人たちの暴走を止めるには、日本も同じ力を持つ必要がある。

日本人はアメリカが核兵器を使って守ってくれると信じているが

そんな事はできない。なぜなら、今回の発射したミサイルはアメリカ軍でも

防げない種類である。

 

仮に、北朝鮮が核ミサイルを日本に発射したとして、反撃は日本が消滅してから

駐日アメリカ軍の敵討ちにアメリカ軍が北朝鮮を攻撃するパターンだけである。

日本人を守るためではない。ここをしっかり自覚する必要がある。

したがって、日本は、自分を守るために、自己防衛に早く議論をしなければならない。

宇宙ロケットを飛ばす技術がある日本は、核兵器の開発が出来れば、対等な関係で

対峙できる。抑止力を早く持つことに尽きる。

 

もうきれいごとは言っている時期ではないのだ。

日本人の平和ボケこそ日本人を窮地に向かわせている事を

この際はっきりと感じることだろう。

海外旅行のお金は↓



ブログに最適サーバー!



海外旅行のお金は↓


最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事