このままでいい日韓関係!事業魅力減少で日本企業や資本が撤退!
スポンサーリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

日韓関係が最悪の状態ですね。でも日本人は少しも慌てていないようです!

なぜなら、このままで良い!むしろ交流は何になってもよい?をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

 

ブログに最適サーバー⇓

スポンサードリンク


低次元の韓国の対応に嫌気の日本人

元徴用工の韓国の最高裁判決から発端した今回の日韓の対立ですが、

日本はこのタイミングで元徴用工問題とはまったく関係ない貿易の

「ホワイト国」除外を発表した。

しかし韓国政府の反応は全くの低レベルの対策でなんの解決にもならない

快投すら出ない状況となっている。

 

【暴走する韓国】

日本政府による輸出管理厳格化で、韓国中がヒステリー状態に陥っている。日の丸を踏みつけるなど醜い低次元の抗議は相変わらずだが、文在寅(ムン・ジェイン)大統領も「韓国経済に被害を与えるなら真っ向から対応する方法がある。日本も大被害を甘受せねばならない」と感情むき出しである。

しかし、韓国は逆立ちしても日本には勝てないのだ。以下、その理由を述べる。

まず、韓国の主張は独善的であり世界の共感を得られない。世界貿易機関(WTO)に提訴しても、日本が「輸出自体を制限したものではない」「管理強化は安全保障上必要」と正論を主張すれば、韓国に勝ち目はない。

国際会議で「韓国を『ホワイト国(グループAに改称)』から外すのはケシカラン」と、中国や東南アジア各国に同調を求めているが、これらの国は元々、「ホワイト国」ではなく、韓国が外されたことを陰で喜んでいるはずだ。最初から韓国を除外しているEU(欧州連合)には何も言えない。

頼みの米国も、韓国の「従北」政策に不満と危惧を抱いており、今回の処置は裏で日米が共謀しているという説すらある。まさに四面楚歌(そか)だ。

日本製品不買運動や、現地日本企業への税務調査厳格化といった嫌がらせは、日本企業の「韓国離れ」をもたらすだけだろう。日本人ビジネスマンの80%は「ビジネスで韓国は必要ない」と回答している(『週刊ダイヤモンド』2015年10月31日号)

韓国は逆に、日本を「ホワイト国」から除外したが、日本は台湾から買えばいい。韓国の製品が日本に売れなくなるだけだ。

韓国政府は、毎年1兆ウォン(約920億円)を投資して半導体素材や部品、設備を国産化すると発表した。しかし、素材の開発に日本は100年以上かけており、金だけかけてできるものではない。さらに、フッ化水素など3品目の対韓輸出額は今年1月から5月で1億4000万ドル(約150億円)であり、膨大な資金を投入して開発しても、この程度の需要では全く採算があわない。他の部品や設備も同様である。品質の高いものを安価で供給できるのは、今後とも日本しかない。

韓国は最後の手段として、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の延長拒否をチラつかせている。だが、それをやれば自殺行為だ。日米韓の連携で保持されている極東安保体制の崩壊につながり、米国は韓国に愛想を尽かして朝鮮半島から手を引くだろう。

ただし、GSOMIAで日本の情報が北朝鮮にダダ漏れとなる恐れもあり、継続すべきか否かはむしろ日本の課題である。

以上の通り、韓国が日本に勝てる手段は全くない。日本政府は韓国人の覚醒を促すために自信を持って毅然(きぜん)たる処置を続けるべきであろう。

韓国のヒステリックな“低次元”抗議は相変わらずも…韓国が逆立ちしても日本に勝てない理由

もうどうしようもない韓国の対応である。

もう日本人はいい加減飽きてきた。

 

起業家や投資家はこの韓国の対応はその魅力は全くそがれているだろう!

韓国からの資本の撤退や、事業の撤退は時間と共に増加するだろう!

魅力ある韓国が色あせた韓国になったのだ!

 

 

スポンサーリンク

もはや相手にしないほうがいい韓国

日本が行った韓国の「ホワイト国」除外は純粋に安全保障上の措置である。

韓国の貿易管理がずさんで、いくら日本が催促しても返答どころか協議にすら

出て来ない状況が続いてきたので日本も対応をしただけの事である。

これは、韓国が貿易上のルールを守らす、兵器製造が可能な材料の管理が

出来ていないとの判断である。

核兵器や化学兵器の製造に転嫁できる部品や装置の行き先がはっきりしない

事がわかっての対応を日本は行ったのだ。

しかしここまで文政権は、報復措置だと事を荒立て、国民を反日感情にあおり

必要以上に日韓の対立をきわだたせようとしている。

もううんざりである。

 

文政権は国内の経済問題の失敗や政治的野望を日本のせいにして反日感情で

ごまかそうとしているのである。むしろ確信犯であろう!

日本政府はさすがにあきれてきたに違いない。

我々日本人も、もうこれまで何度もおなじょような事を経験してきた。

先の朴政権時は、恨みは1000年経っても残ると言っていた。

そんな国とまともに付き合う必要がないことをようやく気付いたのである。

 

地政学上の重要な事は誰しもわかっている、しかし、だからと言って

友好を無理して続けることはないことに日本人も気づいたのである。

これからの韓国との付き合いは、丁寧な「無視」が一番であろう!

とにかく直接相手にしないことである。確かに重要な稼がせてくれる

国ではあるが、そのくらいはどこの国でも取引はできる。

むしろ、いつも問題を抱えさせられる。

それなら、相手にしないほうがいい国なのである。

海外旅行のお金は↓



ドメイン取るなら↓



格安スマホは↓


最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事