口ばっかりの文大統領!「光復節」で対話呼びかけも何も対策出ず!
スポンサーリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

今回は日本による朝鮮半島統治からの解放を記念する「光復節」の韓国政府式典の中で、

文在寅大統領は演説で予想に反して呼びかけを行った。をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

ブログに最適サーバー⇓

スポンサードリンク


意外な呼びかけだが、対応策は無し

誰もが勇ましい反日文を読み上げ、日韓の経済戦争を、南北共同で勝ち抜こうとの

宣言が出されるように思っていたが、実際は日本への対話呼びかけになった。

【ソウル=桜井紀雄】日本による朝鮮半島統治からの解放を記念する「光復節」の韓国政府式典が15日、中部、天安(チョナン)で開かれた。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は演説で、昨年10月のいわゆる徴用工判決以降、関係が悪化した日本に対し「今でも日本が対話と協力の道に出てくれば、快く手を握る。公正に交易し、協力する東アジアをともにつくっていくだろう」と呼び掛けた。

国際分業体系の重要性を指摘し、自国が優位な部門を武器にすれば、平和な自由貿易秩序が壊れるしかなく、「先に成長した国が後から成長する国のはしごを払いのけてはならない」と日本政府による輸出管理の厳格化を批判。「日本の不当な輸出規制に立ち向かい、われわれは責任ある経済強国への道を一歩一歩進む」と主張した。

半面、日本と安全保障・経済協力を続けてきたとし「日本が隣国に不幸を与えた過去を省察する中、東アジアの平和と繁栄をともに導いていくことを望む」と述べた。昨年の韓国・平昌冬季五輪に続き、来年は東京五輪が、2022年には北京冬季五輪が開かれることを挙げて「東アジアが友好と協力の土台を固め、共同繁栄の道に進む絶好の機会だ」とし、「東京五輪で友好と協力の希望を持てるよう願う」と強調した。

日韓関係が悪化の一途をたどり、韓国内で東京五輪のボイコットを求める声も出る中、関係改善を模索するメッセージといえる。ただ、文氏は肝心の徴用工判決について政府として積極的に解決に関与することを拒んでおり、抜本的な関係改善につながる見通しは暗い。

北朝鮮が短距離弾道ミサイルなどの発射を繰り返していることを「憂慮される行動」としつつも「対話の雰囲気が揺るがないことこそ韓国政府が進めてきた朝鮮半島平和プロセスの大きな成果だ」と誇示。任期内に非核化と平和体制を確固たるものにすると誓うとも述べた。

 

 

平和への呼びかけは結構だが、何も現実的な事は言わなかった。

安倍総理がボールは韓国にある!と言っている意味が伝わっていない。

それもそのはずである。韓国は謝ることが最大の屈辱と思っている

人民なのである。だから、相変わらず口だけだろう。

 

現在の文大統領の支持率が低下してきているので、過激な発言を避け

融和政策を掲げたように見せて、責任を日本へ転化したいのが本音だろう。

元徴用工の問題にしても、慰安婦の財団解散にしてもルール違反は韓国にある。

答えを先に出すのは文大統領だろう。

 

でも、これまで通り、なんの答えも出ないまま時が過ぎる

そんな関係が今後の日韓関係だろう。

このまま、両国の交流自体が縮小していけ良と思う。

 

 

スポンサーリンク

日本は韓国の嘘を警戒し、輸出管理の厳格化を

ここまで韓国の貿易管理のずさんな例がかなり多く見られてきている。

日本がレジスト、フッ化ポリイミド、フッ化水素の軍事転用物質の輸出管理を

強化したのに続き、ホワイト国から除外する措置を取った。

これは、日本政府が説明しているように、韓国の取り扱いがあまりにもずさんで

重要品目の行方が分からなくなる例がたくさん出てきたのである。

 

あるものは、金正男氏の暗殺に使われた、VXガスの材料だったり、核兵器を作る

装置であったり、ミサイルの部材だったりで、いづれも北朝鮮と交易のある国や

地域への流出が確認されている。

 

そのことについて韓国はなんの反応を示さないどころかいつものように

悪びれているだけで、解決策がない。

また数日前の北朝鮮のミサイル発射は、アメリカ軍のミサイルが北朝鮮に渡ったとの

疑念すら出てきたのである。

 

文政権は盲目的に北朝鮮と通じており何が起きているか計り知れない。

日本は韓国の嘘に注意して、厳粛な態度で当たらなけてば墓穴を掘ることになるだろう?

資産運用に↓



海外旅行のお金は↓



あなたを元気に⇓


最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事