韓国の「反日種族主義」とは何か?動き出す言論の自由に支持は集まるか?
スポンサーリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

今回は今韓国で話題になっている「反日種族主義」という本をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

資産運用に↓


スポンサードリンク

 

韓国社会を変えられる?

韓国の中で「親日は悪であり、反日こそが善だ」との意識がほとんどである。

これは、儒教と、李氏朝鮮が続いた500年の間に培われた国民性だと言う。

「韓国の歪曲」を論じるベストセラー研究者が出演
今、韓国内で、韓国人研究者らが書いた「反日種族主義」という本が話題となっている。韓国の中で「親日は悪であり、反日こそが善だ」という意識がはびこっていることを痛烈に批判したこの本は、韓国の書店・ネット通販などの総合ランキング(8月7日~13日)で1位のベストセラーとなった。

その著者の1人である韓国・落星台経済研究所の研究員のイ・ウヨン(李宇衍)氏が来日し、8月16日の「BSフジ プライムニュース」に出演。韓国の一連の行動に強く抗議している自民党の新藤義孝政調会長代理や、日本在住で日本のポップカルチャーにも詳しい韓国人政治学者のクォン・ヨンソク(権容ソク)一橋大学准教授を交え、いわゆる徴用工問題を中心に日韓関係全般について議論を行った。

この中で、韓国で「反日」が広がっている背景と新たに韓国で起きている“革命的”な動き、そして日本が今後の日韓関係をどうすべきかについての、様々な課題が見えてきた。

話題の「反日種族主義」とは何か
まずイ氏に、徴用工問題などを受けて顕著になっているとされる韓国の「反日種族主義」という耳慣れない言葉は何を意味するのか聞くと、次のように答えた。

「事実と異なった主張をする背景というのが反日種族主義。日本を絶対悪と見て、朝鮮を絶対善とする見方によるものなんです」

さらにイ氏は、「反日民族主義」と呼ばずに、あえて「反日種族主義」と呼称する理由をめぐり、韓国社会の現状を次のように痛烈に批判した。

「西洋の民族主義というのは近代的性格を持っています。その中には自由な個人が存在しています。しかし韓国での反日種族主義というのは自由な個人がいません。朝鮮・韓国民族だけがある。つまり観念的で自由な個人が不在であること。そのため反日民族主義を近代的とみることが出来ない。なので民族主義と言わないで前近代的な種族主義ということになった」

これぞ韓国の「反日種族主義」の“病”か 異色研究者らが喝破した“隣国の歪曲”と新たな「革命的動き」

 

この本がベストセラーとなっても、韓国朝鮮人の本当の

意識は変わらないと思うのだが・・・

スポンサーリンク

韓国朝鮮人の根底の意識は変わらない?

韓国人の意識は、常に自分が善でありたいと言うことが占めていると言われる。

だから、何かあると「私はこれだけ不幸なのだ、それでも頑張っている」と

身の不幸を訴え自身の善行を訴える。

その為の動作はおよそ日本人が理解できない程激しい動作になる。

 

よくお葬式などでは、なぜ大衆の面前であれほど泣けるのかわからない時がある。

慰安婦の前での行動も、まったく関係のない人が大声で泣き崩れているところが

テレビで映し出される時がある。

日本人は不思議に思う行動である。

本当に悲しかったら、じっと寂しさを、悲しさを耐え、凛として祈る!これが

日本人の感情だろう。

 

韓国人は全く違うのである。すべて自分が善!他人が悪なのである。

こんな感情を500年も持ち続けた人々に変わる要素が見当たらない。

ましてや、朝鮮人は善で日本人は悪と決めつけているのだから

この民族意識が変われるとは思えない。

 

日本人は韓国人との付き合いには、この事を忘れないようにした方が良い

そして、お付き合いはほどほどで良いと思うのだが・・

そうすればまた騙されて悔しい思いをすることもなくなるだろう!

それよりも、この韓国人の行いを助長する反日日本人の行動を

しっかりと確認しておく方が大事だろう!

慰安婦問題も、元徴用工問題も、靖国参拝問題もすべて

反日日本人からスタートしたのを忘れてはいけない。

ブログに最適サーバー⇓



スポーツ観戦は↓



あなたを元気に⇓


最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事