反日の韓国への処方箋はあるのか?日本人に覚悟を求める状況に!
スポンサーリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

最悪の日韓関係に今後の予測と日本人への方針を示す武藤元駐韓大使をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

格安スマホは↓

スポンサードリンク


日本も「目覚める」必要性!

この訳の分からない韓国文政権への対処法はあるのか?

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が法相に指名したチョ国(チョ・グク)前大統領府民情首席秘書官の適任性を判断する韓国国会の聴聞会が、6日開かれることが急きょ決まった。娘の大学不正入学や、息子の兵役逃れ、家族ぐるみの不透明なファンド運営など複数の疑惑が直撃しているが、文氏は、チョ氏を強行任命する構えだ。チョ氏は「反日・離米派」「南北統一派」の中心人物とされ、日韓・米韓関係の改善は絶望的といえる。こうしたなか、文政権の本性を知る、武藤正敏元駐韓大使の新著『文在寅という災厄』(悟空出版)が注目されている。東アジア情勢が激変するなか、日本はどうすべきかを聞いた。

聴聞会は当初、2~3日に予定されていたが、チョ氏の家族を証人として呼ぶかどうかで、与野党が激しく対立していた。チョ氏は2~3日に約11時間におよぶ記者会見を行い、疑惑を否定。今回、野党側が妥協して、家族を呼ばないことで決着した。

ただ、韓国検察はすでにチョ氏周辺への捜査に着手している。「私は人に忠誠をささげない」と公言する尹錫悦(ユン・ソクヨル)検事総長が指揮を執り、チョ氏の娘が通った名門大などへの強制捜査を実行した。

文氏としては、疑惑を正面突破するように、政治的同志であるチョ氏を法相に任命する見通しで、9日の任命が有力視されている。

文政権の暴走が注目されるなか、夕刊フジは武藤氏にインタビューした。

武藤氏は「文政権は、自分たちに都合良く歴史を書き換えようと、フレームワークをつくり、その中にいろんな歴史的事象を取り込み、自らを正当化した。そして、日韓関係を完全に崩した」と切り出した。

1948年、東京都生まれ。72年、外務省に入省した。アジア局北東アジア課長や、在ホノルル総領事、在クウェート特命全権大使などを歴任。2010年、在韓国特命全権大使に就任し、12年に退官した。

朝鮮半島通の外交官として知られ、アジアの平和と安定を願ってきた。それだけに、「完全かつ最終的に解決」した1965年の日韓請求権・経済協力協定を無視する、いわゆる「元徴用工」をめぐる隣国の異常判決を問題視する。

さらに、文大統領は8月15日、日本の朝鮮半島統治からの解放記念日「光復節」の演説で、「一度、合意したからと言って、全てが終わりではない」とまで言い放った。

武藤氏は「文氏はいくら日本が謝罪しても受け入れない。合意を反故(ほご)にし、逆にケンカを売ってくる。あきれ果てる」と語った。

著書でも、文政権の対日政策を、《空洞で泥縄式。やっつけ仕事だ。そのうえ批判を受ければ逆ギレする。手に負えない》と指弾する。

文氏は一昨年5月の大統領就任以来、ことさら「反日」を煽り、日本国民を敵に回しながら、言葉だけ「日韓両国の未来志向」を口にしてきた。

武藤氏は同著で、文氏を《いかに罪深く無責任なことか》といい、《日韓関係がよくなることを願って外交官生活を送ってきた私が、文在寅氏を許せない所以(ゆえん)である》と憤慨している。

確かに、文政権下では、徴用工判決だけでなく、韓国国会議長による「天皇陛下(現上皇さま)への謝罪要求」や、韓国海軍駆逐艦によるレーダー照射事件、GSOMIA破棄など、信じがたい暴挙が続出している。

武藤氏は新著で、文政権が北朝鮮との統一を信奉する《素人政治》しかできず、経済も外交も失敗し、タイトル通り、国内外にどれほど多くの《災厄》をもたらしてきたのか検証している。

その特徴について、「現実無視」「二枚舌」「無謬性と言い訳」「国益無視」「無為無策」という、極めて辛辣(しんらつ)なキーワードでまとめ、《民主主義の仮面をかぶった独裁者》《(司法、行政、メディアを支配下に置いた)恐るべき革命政権》などと喝破した。

そのうえで、日韓関係の改善について、《日本は、自由と繁栄の重要性を一般の韓国国民と共有し、彼ら自身に革命政権の愚かさ、末恐ろしさに気付いてもらうのが肝要だ》と提案している。

文政権は、GSOMIA破棄を決定しただけでなく、在韓米軍基地の早期返還を要求するなど、「米韓同盟の空洞化」に盲進している。朝鮮半島全体が中国の影響下に置かれ、「赤化統一」される懸念が強まっている。

武藤氏は「核兵器を持った統一国家が出現したら、日本も『目覚める』しかない。当然、憲法も改正すべきだ。文政権には、国際社会に向けて『国際間の約束を守らない』『北朝鮮のリスクを低く見過ぎている』と訴えるのが効果的だ。やがて、韓国人が『自国の孤立』を客観視できるだろう。日本人以上に、韓国人こそが文政権に怒るべきだ」と語っている。

 

 

もはや嫌韓等との言葉では済まない状況に突き進む様態になってきた。

韓国は自爆国家になろうとしているのか?

とばっちりを最小限にするための日本人の「覚悟」が問われる。

 

 

スポンサーリンク

韓国との決別を!

どんなことを言っても現在の文大統領には届かない!

それは、赤化韓国を目指し、北朝鮮との統一を目指しているからである。

自由主義陣営にいたはずの韓国が、文大統領によって北朝鮮との統一を

あからさまに目指すようになってきた。

しかも、盲目的にである。

国民の疲弊などお構いなしで、対外戦略は全く要を得ない状態になってきた。

日本としては、こんな韓国とはさっさと見切りをつけて覚悟決める時が

来ている時だろう。

 

朝鮮半島に統一した核兵器を持った朝鮮人国家が誕生することを

受け入れる時が来たのである。

事実を受け止める時が来たのである。

日本は日本人はこの事実を受け止め、あらたな国防計画を作って

邁進する時が来たのである。

当然、憲法改正は当たり前で、核兵器の議論もする必要があろう。

平和、平和を唱えていれば平和になる夢は終わりを告げる時が

きたのである。

 

日本を日本人を貶めて、外国に日本を売った朝日や毎日などのメディア、

また朝鮮とのかかわりを伏せて、日本を貶めた政治家は早めに切り捨てる

覚悟も日本人に要求される。

本当の意味の国家への思い、家族への思いが試される。

本当に日本人は日本と言う国をどう思っているか

本当に試される時が来る!

資産運用に↓



スポーツ観戦は↓



あなたを元気に⇓


最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

 

 

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事