河村市長ガンバレ!芸術は誹謗中傷含まず表現の自由をまちがうな!
スポンサーリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

今回は愛知県の表現の不自由展の再開催に反対する河村名古屋市長をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

ホテル選びはここから↓

スポンサードリンク


河村市長ガンバレ!

河村名古屋市長は表現の不自由展の再開催に反対して

座り込みを行った。

国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」が8日に再開されたことを受け、名古屋市の河村たかし市長は同日午後、同展の会場がある愛知芸術文化センター前の広場で抗議の座り込みを行った。河村氏は芸術祭の実行委員会の会長代行だが、再開についての協議はなかったといい、「(再開決定は)無効だ」と批判している。

河村氏はこの日、約30人の支持者らと抗議活動を実施。座り込みで約10分間、「県は公金の不正使用を認めるな」「知事は名古屋市民の声を聞け」などとシュプレヒコールを上げた。

マイクを握った河村氏は、とくに昭和天皇の肖像を燃やすような動画について問題視し、「愛知県や名古屋市が(事実上)主催しているところで展示すれば、(その内容を)県や市が認めたことになる」と指摘。「表現の自由の名を借り、世論をハイジャックする暴力だ」などと再開に強く抗議した。

会場前の広場には、同展に反対するプラカードを掲げた人たちの姿も見られた。名古屋市の無職男性(82)は「天皇を公然と侮辱するようなものを芸術と呼べるのか。不自由展ではなく不愉快展。市民として黙っていられない」と憤る。

一方、広場周辺では抗議活動などに批判的な声も聞かれた。岐阜市から訪れた会社員男性(44)は「トリエンナーレには何回か来ているが、こうした問題で混乱するのは残念。アートが置いてけぼりになっているような気がする」と話していた。

 

 

芸術と称すればなんでも公開して良いのか?

そんな疑問を持たせる展示を再開させた愛知県の大村知事

いったい何を考えているのかわからない。

県民の大切な税金を使って、左翼の宣伝や、韓国の宣伝の展示を

再開催した。この人も反日日本人のようである。

かわいそうな愛知県民である。収めた税金がこんなところで

使われるのが本位なのだろうか?

 

 

スポンサーリンク

表現の自由は無制限で個人の誹謗中傷は許されるのか?

この国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」は

開催直後に市民からの反対や、脅すような電話やメールで中止に追いやられた。

しかしその展示物は、韓国の慰安婦像や、昭和天皇陛下を侮辱するものが

主たる展示物だった。

芸術とは何を表現してもよいのだろうか?

それが個人の誹謗中傷や、外国の主張を増長させる政治的目的の物でも

芸術のうちに入るのか?

愛知県や名古屋市の開催する展覧会で展示しするものに展示して良いものか?

ついつい考えてします。

 

個人の展覧会で展示するものは、ある程度の個人の芸術性や表現の自由は許されるだろうが

明かな個人の誹謗中傷は芸術とは呼べないと思う。

なんでも表現の自由で片付けることこそ危険なことだろう。

日本は世界でも慣れに見る自由な社会である。その為にいろいろな思想や宗教

主義主張が入り乱れて収拾のつかない国家になってしまった。

それこそが、GHQのねらいであったがまさにそのような国家になってしまった。

ここから、芸術や報道・教育も含めた立て直しが必要に思える。

ブログに最適サーバー⇓



資産運用に↓



海外旅行のお金は↓


最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

関連ブログ:日々だより

関連ブログ:日々ぽかぽか通信

関連ブログ:健美食と共に

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事