日韓改善は韓国の現実的な解決策必要!会談は局面打開に至らず!
スポンサーリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

安倍総理は「即位礼正殿の儀」に合わせて来日中の韓国の

李洛淵首相と首相官邸で会談したことをお伝えします。

それでは見ていきましょう。

ホテル選びはここから↓

スポンサードリンク


 

具体的な解決策無し

韓国の李洛淵首相は令和時代の幕開けを祝い、文大統領の親書を安倍首相に渡した。

しかし、日韓関係の改善に対しての具体的な解決策はなかった模様である。

安倍晋三首相は24日午前、「即位礼正殿の儀」に合わせて来日中の韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相と首相官邸で会談した。李氏は文在寅(ムン・ジェイン)大統領の親書を安倍首相に手渡し、いわゆる徴用工問題などで悪化する日韓関係の改善につなげたい考えだが、韓国側が具体的な解決策を示さなければ局面の打開は困難な情勢だ。

韓国政府は安倍首相と文氏の首脳会談を早期に実現させたい意向で、李氏は来月初旬にタイ・バンコクで開かれる東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議に合わせた首脳会談を要請するとみられる。

韓国最高裁が昨年10月、新日鉄住金(現日本製鉄)に対し、元徴用工らへの損害賠償を命じる判決を確定させて以降、日韓首脳会談は行われていない。

日本側は来日した李氏を含め、韓国が徴用工問題の解決につながる前向きな案を提示しない限り、今後も、首脳間の直接対話には応じない構えだ。

 

今回の会談でも徴用工問題などを改善する方法はなかった。

あくまでもボールは韓国にあり解決策の提示はまずは、

韓国が行うべきと考えている。

 

 

スポンサーリンク

具体的進展のない会談は必要ない!

今回の安倍総理との会談で李氏は韓日関係の冷え込みを速やかに解消するため、

外交当局間の対話を含むさまざまな交流の活性化を促した。

また、李氏は「日本がそうであるように、韓国も1965年の韓日基本関係条約と

請求権協定を尊重し順守してきており、今後もそうする。これまでそうしてきたように、

今回も韓日両国が知恵を絞り、難関を乗り越えられると信じる」と述べた。

しかし、1965年の韓日基本関係条約を反故にしたのは韓国であり

それに対する日本が受け入れられる具体的な提案は今のところ

出ていない。文大統領の韓国での支持率の低下がはっきりしており

日本へすり寄ることで改善できるとの希望があるのではないのか?

しかし、韓国では相変わらず反日運動や、不買運動が活発に行われているようである。

自分の政権の都合で、日本をたたいたり、なだめたりする、韓国の文政権は

本当に信用が置けない。

海外旅行のお金は↓



スポーツ観戦は↓


最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事