リニア工事にごねる川勝知事!国益よりも個人のプライド重視?
スポンサーリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

今回はリニア新幹線の工事が遅れている静岡工区の為

その開業が危ぶまれてきた。これは川勝知事がごねているから?をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

 

ドライブレコーダーはここ↓

スポンサードリンク


予定の開業が危ぶまれている!

静岡工事区は南アルプスの山岳地帯を貫く8・9キロの区間だ。

ここでの工事のめどが全くたっていない。

それは、トンネル工事での水流量に問題があるとのことである。

果たしてそれだけだろうか?

JR東海が令和9(2027)年に東京・品川-名古屋で先行開業、19(2037)年に大阪までの全線開通を目指すリニア中央新幹線。開通によって品川-大阪間が約1時間で行き来できるようになり、大きな経済効果が期待されているが、この工程に黄信号がともっている。静岡県の川勝平太知事が、工事の影響で大井川の水量減少が懸念されると訴え、県内の工区の着工にストップをかけたためだ。いまだに結論は出ない一方、国土交通省は今月、JR東海と県の調整役を担うことを決めたほか、3者による新たな協議の場の設置も検討する構えで、議論の行方が注目される。(江森梓)

「全線開通が将来の日本経済の発展に大きく貢献すると信じている」

10月3日に山梨県の山梨リニア実験センターで行われた、リニア中央新幹線の試乗会。全国から約110人の報道関係者が集まる中、JR東海の武田健太郎広報部長は意気込みを語った。

リニア中央新幹線の全線開業は同社の長年の悲願だ。東海道新幹線の経年劣化への備えや輸送網の多角化などを目指し、国鉄時代の昭和37年に超電導リニアの研究開発を開始。試運転を重ね、平成27年には「最も速い磁気浮上式鉄道」としてギネス記録となる時速603キロを出すことにも成功した。

従来の鉄道は車輪とレールの摩擦を使って走るが、一定の速度を超えると車輪が空回る。このため磁石の力で車体を10センチほど浮かせて走らせることで、車輪が空回りすることを防いで高速運転が可能になり、全線開業すれば、品川-名古屋が40分、大阪には67分で到着できる。

当初全線開業時期を令和27(2045)年としていたが、国から低金利で資金を借りられるようになったため、最大8年の前倒しが可能になった。そう遠くない将来に迫った全線開通は、経済界などを中心に歓迎する向きが強い。

ただこうしたJR東海の展望も、順風満帆なわけではない。

「自然についての懸念があるので十分、慎重にすべきだ」

平成26年3月、JR東海が示したリニア中央新幹線の環境影響評価準備書に対し、川勝知事はこうくぎを刺した。準備書では、「工事完了以降、大井川の流量が毎秒2トン減少する」との試算が記されていた。大井川は県民の6分の1にあたる約60万人が水道用水や工業用水、農業用水で利用するとされており、水量が減った場合の影響は計り知れない。

昨年10月にはJR東海はトンネル内に出る湧水を全て大井川に戻すと提示。しかし、静岡県は「どこの地点にどのように戻すのか、全然詰められていない」としており、議論が収束したわけではない。

リニアが静岡県を通るのは、南アルプスの山岳地帯を貫く8・9キロの区間だ。品川-名古屋間の開通工事において、最大難所の一つとされている。すでに隣接する山梨、長野両県は28年までに着工している。それだけに、JR東海としては一刻も早く着工したいところだが、地元の同意は不可欠だ。

JR東海の担当者は「今後、国を交えて慎重に協議を進め、地元の方にも納得していただけるような形にしていきたい」としている。

一方、国も難航する両者の調整役を買って出た。今月24日には国交省の藤田耕三事務次官が、静岡県庁で川勝知事と会談し、両者の主張を整理するなどの調整を同省が担うと伝えた。3者による新たな協議の場の設置を検討することでも一致。終了後に記者団の取材に応じた国交省の江口秀二技術審議官は「リニアの早期実現と県の思いを両立させるよう議論に加わり、踏み込んで進めていく」と意欲を見せている。

 

このように、川勝知事とJR東海との間では全く話がかみ合っていないのも事実のようである。

でも、大井川の水量は現在でも少ない!

それは、上流部でのダムの作りすぎではないのか?

そんなに水問題を言うならダムの造り過ぎも問題にすべきではないだろうか?

ダムは、もはや治水ではなく洪水をおこすと言われだしている。

流入量不足と洪水と待ったなしの検証が必要であろう?

 

 

スポンサーリンク

大事な技術リニア新幹線

技術立国で生きる道を切り開いてきた日本の革新的技術の実用化を行い

早く国の内外へ情報の発信を行うべきである。

このリニア新幹線の技術はその実証をへて、世界へ羽ばたけるのである。

そしてここから生まれる技術は次の日本の重要な産業の基盤として

活躍するだろう。

また、他国への売り込みも可能となる。

大事な国家の技術資本を、一政治家の思惑でつぶしてはいけないのではないか?

私は、川勝知事はそのことも含めて大きな決断をしてほしいと願っている。

 

 

 

トンネル反対は川勝知事のプライド?

このリニア新幹線の工事の前に川勝知事は盛んに富士山静岡空港の下に静岡空港駅の設置を請願していた。

しかしこの案件は、静岡空港駅をつくっても需要は未知数として、当時のJR東海は、

東京駅-新大阪駅間を結ぶことに傾注していたこともあり、その中間に駅を新設することには消極的だった。

途中駅ができれば、所要時間が長くなる。また、東海道新幹線のダイヤはすでに過密で、

新たな各駅停車の新幹線を設定できる余裕はなかった。それらの事情から、

JR東海は静岡空港駅に難色を示した。

川勝知事の請願は通らなかったのである。

この一件があってから、川勝知事はリニア新幹線の工事を進めることに

反対の意見を多くするようになったように思える。

要は、静岡県に全く利用価値のないリニア新幹線は、むしろ大井川流域の住民の不安を駆り立てる

だけでなんの利益もないとして、トンネル工事にいちゃもんを付けることが多くなったようである。

もう、リニア工事は不必要と思えるほどの強硬な態度が出ており、地域住民を

巻き込んだ反対運動を広げているようである。

もはや、プライドの戦いのようにも見える。

これでは、静岡県のトンネル工事は未来永劫行われないだろう。

国益よりも自分のプライドを優先して反対する川勝知事が知事でいるかぎり

リニア新幹線のトンエル工事は進まないだろう。

進むとしたら、次期の知事選でリニア工事賛成の知事の登場を待つしかないだろう?

又は、路線の変更しかあるまい。そうすれば、それこそリニア新幹線の開業は

夢と消えるかもしれない。まさに、国益を捨てた人々となろう。

 

 

水は低きに流れる

川勝知事が阻もうとしている今回のトンネルにおける水流量問題は本当に解決できないのだろうか?

私は100%戻すことはトンネル工事である以上無駄な議論だと思う。

どんなことをしても必ず水は低い方へ流れるから、が理由である。

トンネルは中央部が最も高くなるので当たり前といいってしまえばそれまでではないのか。

それを踏まえて、今回の工事の出水量はできる限り、大井川へ戻す事しかできないだろう。

学者である川勝知事が理解できないとは思えない。だからこその反対運動なのだろう。

もはや、水の流量問題は解決はしないだろう。

それは技術的な話ではなく、感情論になってしまったからである。

国民の利益よりも、個人のプライドと、一部の住民の利益を優先

させた工事への対応がその結果を生んでしまった。

非常に残念である。

すぐとれる法人ETCカードは↓



あなたを元気に⇓



スポーツ観戦は↓


最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

 

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事