野党の「桜を見る会」批判は的外れ?国防や憲法を議論せよ!
スポンサーリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

野党が国会解散に追い込むと息巻いて「桜を見る会」を追及しているという?

いったいどこが解散のネタになるのかわからない。

それより日本は内外に多くの問題を抱えているそれを議論してもらいたいをお伝えします。

それでは見ていきましょう。

格安スマホは↓

スポンサードリンク


理屈の通らない国会解散の「桜を見る会」批判

野党は、今年4月に安倍総理が主催した「桜を見る会」について、

税金の私物化だと追及する動きを強めている。

しかし、政府は来年の開催をさっさと中止を発表してしまった。

 

そしたら野党は今度、前夜祭の会費が5000円は安すぎると文句を言い始めた。

これが何で国会解散になるのだろうか?もはや野党は国会議員ということを忘れたのだろう。

これが野党の得意な「印象操作」である。

これを増長するのが、朝日新聞や東京新聞またその都あの放送局が拡大して

疑惑を報道して、どこまでも「疑惑あり」を垂れ流す。

いつものパターンである。

 

そしてネットでは、沢尻エリカ容疑者の逮捕に引っ掛けて、政府が問題を起こすと

芸能人が逮捕されるといった話題が盛り上がっている。

本当に平和ボケの国民である。

 

今こんな議論をして時間を浪費している暇はないはずだ。

日本を取り巻く環境は日に日に厳しさを増していると感じないだろうか?

国民の生命と財産を守るはずの国会議員はその為の議論をなぜしないのか?

こんな野党の国会議員は総辞職してほしいものである。

 

スポンサーリンク

いま議論すべきは国防と憲法と皇室存続問題だろう

韓国が日韓GSOMIAの破棄をすることが決定的になってきた。

この事を受けて我が国をどのようにして守るのか、野党の国会議員に聞きたいものである。

何の考えもない国会議員がいたら即座に辞職してほしい!

韓国の文大統領は完全に韓国と北朝鮮の赤化統一にまい進することを表明したことのなる。

その後ろ盾は中国とロシアである。

朝鮮半島は核兵器を持った統一国家が誕生するのである。

 

この脅威に対して日本はどのようにして防衛するのか早急に方針を決めなければならない。

そのことを野党議員は自覚しているのだろうか?

はなはだ疑問である。

「桜を見る会」批判などはどこかの委員会でも作ってやってくれ、

本筋は国防の問題である。

 

それについての憲法問題も早急に行う必要がある。

現憲法では自衛隊は国民を軍事的脅威から守れないのである。

そのことは国会議員なら理解してくれていると思うのだが・・・

この憲法問題を早く議論して、自衛隊が国民を守るための軍事行動を

とれるように改憲をする必要があるのだ。

 

この事はたいていの国民は理解していない。

国民はこれまで、日本の憲法は「平和憲法」で絶対に戦争に巻き込まれないと

ウソの情報を教えられてきた。その為、自衛隊が国民を守ることなど必要ない

とさえ思っている人が多い。

 

しかし現実は厳しいのだ!

北朝鮮はすでに核兵器の開発を終わり、実戦配備もすんでいる。

本当に日本へむけて打ち込むことができるのだ!

日本の平和憲法などなんの役に立たないのである。

ではどうするのか!早く防衛体制を作るしかないのである。

だから早く憲法改正が必要なのは当たり前のことである。

 

私はそれ以上に、日本の核兵器保持の議論もすべきと考えている。

そこまでして、ようやく抑止力になりうるかもしれない。

それでも、なりうる程度だが?

国会議員の皆さん、平和ボケから早く目覚めて

国民の生命と財産を守るための議論をしてください!

スポーツ観戦は↓



格安スマホは↓



ドライブレコーダーはここ↓


最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

 

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事