人口減少への歯止めだった平成の大合併は失敗!各地で限界集落増加!
スポンサーリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

今回は「平成の大合併は失敗だった」との批判が

「日弁連」から出ている事をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

ブログに最適サーバー⇓

スポンサードリンク


平成の大合併は失敗だった!

この批判が出たのは驚くなかれ、日本弁護士連合会である。

なぜ「日弁連」なのか?

人口減対策のための地方行政効率化。そんな名目のもと、政府が1999年から約10年間推し進めた“平成の大合併”により、市町村の数は3232から1727に大激減した。合併を選んだ旧市町村では今、何が起きているのか。

日本弁護士連合会が11月6日に開いたシンポジウムで、合併した旧町村47のうち43が人口減に直面していると明らかにした。

例えば、2005年に長野県長野市に編入された旧大岡村。合併前は人口1389人だったが、15年には30・9%減少して960人にまで落ち込み、高齢化も進んでいるという。また、村役場は長野市大岡支所になり、公務員は12人減っている。

自治体の減少が、過疎化の進む一因となった面が浮び上がる。が、そもそも省庁や民間のシンクタンクでなく、日弁連が検証調査を行ったのはなぜか。

「全国の空家問題がきっかけでした」

こう語るのは、調査を担当した日弁連の小島延夫弁護士だ。

「全国に空家が増加したのは、市町村の合併が関係しているのではないかと考えていました。そこで熊本県立大学の小泉和重教授に協力を仰ぎ、自治体が公にしているデータなどを分析した結果を公表したのです」

政府の地方制度調査会は昨年7月、40年に高齢者人口がピークを迎え、全国自治体の半数が存続困難になる恐れがあると指摘し、むしろさらなる合併を推し進めようとしている。これに小島弁護士は、

「政府の方針には、多くの市町村長が反発しています。国は認めないでしょうが、平成の大合併は失敗だった。検証もせずに再び合併を進めれば、同じことの繰り返しになる恐れがあります」

総務省自治行政局市町村課に聞くと、

「日弁連が開催したシンポジウムの詳細を把握していないので、コメントできません」

合併が進み、故郷は消えて行く。

「週刊新潮」2019年11月21日号 掲載

 

各省庁からのこのような調査報告は今のところ出ていないようである。

あれほど人口減少に歯止めをかけるとの大合唱したのだからその効果を

検証する責任が政府にはあるのではないだろうか?

 

スポンサーリンク

私の住む浜松市も人口減少に拍車

私の住む静岡県の浜松市も平成の大合併に合わせて、

平成17年7月1日、浜松市、浜北市、天竜市、舞阪町、雄踏町、細江町、引佐町、

三ヶ日町、春野町、佐久間町、水窪町及び龍山村の12市町村が合併して、

新しい浜松市が誕生しました。

この時に政令指定都市になりましたが、当初見込んだ隣接する湖西市は参加しませんでした。

この合併時には、浜松市はクラスター型(ブドウの房)の発展を目指すとしていたのですが

残念ながら実際に行われた政策は、郡部の切り捨ての政策のようです。

特に山間部の地区は町村の職員の減少、ライフラインの維持管理をしていた事業者は

撤退や廃業に追い込まれ、地元から町部へ流出が今も止まらないままです。

地元を支えてきた若者を引き留める基盤がなくなったのです。

結果、地域住民の減少が続き、限界集落が加速的に増加しているようです。

浜松市のデータを見ると全体としては人口減少が緩やかのように見えますが

山間部の住民が市の中心部かその周辺に移動しており、山間部の人口は

急激に減少して、限界集落化しているようです。

 

この理由は簡単です。

役所の職員が減少したのは、行政の効率化の元に、町村の役所人員を減少させたところにあります。

また、インフラを担っていた事業者は、市町村からの発注だった仕事が、浜松市の競争入札にさらされ

零細事業体では太刀打ちできず下請け化や、廃業、倒産に追い込まれて消滅した地域が増加したのです。

町村の職員やインフラの会社で働いていた数少ない地域の若者が職を失い、結果として地域から

町部に異動して職を求めました。

そうして地域に残ったのは高齢者が大多数となり限界集落化しています。

これが平成の大合併の地方の実態です。

政府はこの合併で人口減少に歯止めをかけるどころか、推進をしてしまったのです。

当然浜松市もこの方針にのっとって合併しました。

実際は人口流出は止まらず、街の中心の発達だけの政策が押し通されています。

これも効率化の為だと説明をしていますが、人は効率だけで生活はしていないのでは

ないでしょうか?これでは、益々、山間地域の限界集落化は増え続け地域は荒れ果てます。

早く現実に目覚め、早急な対策をすべき時ではないでしょうか?

 

スポーツ観戦は↓



格安スマホは↓


最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

 

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事